私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
WRITERS NOTE
【NAME】佐々木仁孝

■ 人生に影響を与えた本 
灰谷健次郎「太陽の子」、ベルナールヴェルベール「タナトノート」、ブライアン・L・ワイス「未来世療法」

■ 好きな映画 
「フラガール」、「パッチギ」、「ジョゼと虎と魚たち」、「活きる」、「至福のとき」、「白バラの祈り」、「蝶の舌」

■ 休日の過ごし方 
カフェで小説を書く。やんばるへドライブ。単館映画を観る。

■ お気に入りのスポット 
残波岬の灯台、夜のテーマパーク(沖縄県読谷村)。人間といえども自然の一部に過ぎない、と感じる瞬間が好きです。

■ 自己PR 
東京生まれ、東京育ち。早稲田大学在学中に短編小説で入選。在学中より青年紙記者、タウン誌副編集長を経験。08年おきなわ文学賞沖縄県文化振興会理事長賞を受賞。

03年に沖縄に渡り、1年間の野宿生活を経験。テーマパークの企画コンサルタントを経て琉球ガラス工房に営業、広報として就職。沖縄在住歴5年。

ストレスフルな時代だからこそ、ゆるく生きる術を身につけたいものです。しかし、「正しく」ゆるゆるを実践しなければ大怪我をしてしまいます。沖縄を舞台にそんな情報をお伝えできればと思っています。

02.23.
筑紫哲也さんの「お別れ会」が開催される
沖縄各地で花が咲き香る2月24日、「沖縄の恩人」とも評される筑紫哲也さんのお別れ会が那覇市民会館で開催される。
02.16.
沖縄の声を代表する「おきなわ文学賞」
過日第4回おきなわ文学賞の授賞式が開かれた。沖縄ならでは、のテーマ、着眼点などがそこから窺い知ることができる。
02.09.
Cocco~「ちむぐるさー」の心を体現するシンガーソングライター
現在公開中のドキュメンタリー映画「大丈夫であるように――Cocco 終わらない旅」が話題になっている。Coccoを通して沖縄の女性のうちに脈打つ精神性について考察してみました。
02.02.
島の家族が教えてくれた、新しい家族のあり方
苦しいときに助けてくれた水納島の「家族」。ひふみ工房の立ち上げと家族の再生--ガラス工芸作家・森田ひふみさん
01.26.
野人になったIT社員の話 その5(シリーズ最終号)
シリーズ最終号|ひょんなことから生まれたニラカナちゃんは人気商品になった。ニラカナちゃんの正体は何なのか? シリーズ最終号で明かされる秘密とは!?
01.19.
野人になったIT社員の話 その4
シリーズ4回|海風を吹き上げる冬のガラス工房は寒さを極めた。そこに身を潜めながら「生きる意味」を模索しつづける筆者。そんな筆者にオジィは「ニライカナイ」の話をする。・・・・・・待望のシリーズ第4弾!
01.12.
野人になったIT社員の話 その3
シリーズ3回|「雲隠れすればあなたの病気は治ります」--医師にそういわれて沖縄に長期滞在を決めるが、「沖縄の壁」にぶちあたる。元IT社員の沖縄生活はどうなっていくのか? 波乱のシリーズ第3弾!
01.05.
野人になったIT社員の話 その2
シリーズ2回|沖縄のホスピタリティ
12.29.
野人になったIT社員の話 その1
筆者自身の沖縄生活
12.22.
「構想は3年、オープンまでは3ヶ月」--単身沖縄に渡った元広告代理店勤務女性の「勢い」。
第3回|オープンして1年も満たぬうち沖縄県内外のマスコミが絶賛するパンケーキハウス「ヤッケブース」店主・藤本アキさん
<< 2017年8月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031