私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.01.21.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ カナダでは、ホットケーキは立派な朝食

ホットケーキを作るには、ホットケーキミックスが必須?

移民の国カナダでは、朝食は、出身地域の違いによって各家庭ごとにさまざま。でも、レストランやホテルなどの朝食メニューを見ると、トーストやベーグル、オートミール、ワッフル、卵料理、ベーコン、ハッシュドポテト、フルーツ、シリアルにミルクをかけたもの、マフィン、パンケーキ(ホットケーキ)などが一般的です。


カナダでは、シリアルの種類がとても豊富!
カナダでは、シリアルの種類がとても豊富!
寒い朝は、あつあつのオートミールにメープルシロップを落として食べると、体がジーンと温まってきます。
寒い朝は、あつあつのオートミールにメープルシロップを落として食べると、体がジーンと温まってきます。
日本でホットケーキといえば、おやつでしょうか? ホットケーキミックスを使って作る方も多いと思います。私が子どものころ、母がホットケーキを作るときには必ずこれ。だから、カナダ人の夫と一緒になったころ、夫が小麦粉などを合わせてホットケーキを作ってくれたときには、内心、ホットケーキミックスなしでも作れるのかと驚きました(笑)。夫の使う材料は卵や牛乳、グラニュー糖など、どこのキッチンにもあるようなものばかり。先日は、リンゴとシナモンを入れたタイプを作ってくれました。ほんのり甘く、シナモンの香りがしておいしかったので、ここにレシピをご紹介します(※ 計量器は北米サイズです)。

全粒粉を使った、カナダ版ホットケーキミックス。素朴な味が美味しかったです。
全粒粉を使った、カナダ版ホットケーキミックス。素朴な味が美味しかったです。
市販のホットケーキミックスだと、栄養価をチェックできるのが便利。
市販のホットケーキミックスだと、栄養価をチェックできるのが便利。
ケベック州で採れた、シンプルな缶入りメープルシロップ。コクがあって美味しい。
ケベック州で採れた、シンプルな缶入りメープルシロップ。コクがあって美味しい。


【レシピ】
中力粉 3カップ
ベーキングパウダー 大さじ1
シナモンパウダー 小さじ1
塩 小さじ1/2
卵 3個
牛乳 2と1/2カップ
バター(溶かしたもの) 1/4カップ
メープルシロップ 大さじ2
細かく刻んだリンゴ 1と1/2カップ

まず、粉類を混ぜ合わせておきます。そして別のボウルに、卵、牛乳、バター、メープルシロップを合わせます。これとリンゴを粉類の入ったボウルに加えてかき混ぜれば、もう準備のできあがり。あとはじっくり焼いてください。フライパンを使う方は、鋳鉄製のものだと熱が均等に加わって、きれいなホットケーキができますよ。食べるときには、もちろんたっぷりのメープルシロップをかけてどうぞ!



一手間かけて、豊かな時間

平日はトーストやベーグルで済ますことの多い我が家の朝食ですが、週末など時間が取れるときには、マフィンやホットケーキを作ります。朝からキッチンに焼きたての香りが広がって、それだけで豊かな気持ちになれるから不思議。そうそう、マフィンもホットケーキも個別にラップに包んで冷凍保存ができるので、多めに作っておくと忙しい朝も楽しめますよ。


できたてのほかほかホットケーキ。
できたてのほかほかホットケーキ。
クランベリーマフィンを作ってみました。
クランベリーマフィンを作ってみました。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2020年8月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031