私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.01.13.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 鎖を断ち切れ

ポーランドの犬たち

 ポーランドは、国別登録犬数の多さで世界10位以内に入るというデータが最近発表されました。それを裏付けるかのごとく、ポーランドに一歩足を踏み入れたら犬だらけ・・というのは語弊がありますが、犬を連れて散歩している人はありとあらゆる場所に見られます。

 町に住んでいる犬たちの多くは、日本の犬ほどお洒落(?)じゃありませんが、こぎれいな格好をしております。飼い主の意識もなかなか高く、雨の日も風の日も散歩に出かけております。

残念ながらそれと対照的なのが田舎の犬。

鎖につなぎっぱなし

キャンペーンのトレードマーク。
キャンペーンのトレードマーク。

 ポーランドの農村部では、犬が家の中に入ることはまず、ありえません。多くの犬たちは1年中、庭の一角で人間の残飯をあてがわれています。自由に歩き回れて、残飯をもらえる犬は幸せな犬。日中は鎖につながれ、夜は鎖から外されるのですが、自分で食べ物を探しに出かけなければならない犬もいます。
 しかし、一番問題とされているのは、24時間、鎖につながれている犬が多いこと。農村部では短い鎖に何年も繋がれっぱなしの犬たちが多くいます。そして運動不足から歩けなくなる犬たちも少なくありません。しかし、このような地域では、歩けなくなった病気の犬を獣医に見せる人も少ないのが現状です。
犬を長時間、繋いでおくのは非人道的だと動物保護団体、そして一般人も声を高め、ここ数年ポーランドで毎年『鎖を断ち切れ!』というキャンペーンが繰り広げられています。
キャンペーン参加中の女の子。ショッピングセンターで自分の犬と一緒に。
キャンペーン参加中の女の子。ショッピングセンターで自分の犬と一緒に。
鎖につながれた犬たちの写真があちらこちらに貼られています。
鎖につながれた犬たちの写真があちらこちらに貼られています。
道行く人の、キャンペーンに対して賛同をしめした手形。よくよく見ると、犬の足型も・・・。
道行く人の、キャンペーンに対して賛同をしめした手形。よくよく見ると、犬の足型も・・・。

目に見える鎖 見えない鎖

今回ポーランド南部の都市カトビツェでキャンペーンの行われた巨大ショッピングモール
今回ポーランド南部の都市カトビツェでキャンペーンの行われた巨大ショッピングモール
鎖につながれた人のまわりには人垣が・・・。
鎖につながれた人のまわりには人垣が・・・。
 このキャンペーンは、人間が犬小屋に鎖で繋がれ、犬の気持ちを疑似体験するというもの。
ポーランド全土でほぼ同日一斉に町の中心部、繁華街、ショッピングセンターに犬小屋が設置され、参加者は自分の首に巻きつけた鎖を犬小屋に繋ぎます。相当なインパクトがありますので、たいていの人は立ち止まります。
 ここ数年ワルシャワでは俳優、女優などの有名人から政治家まで参加しているのでメディアにも大々的に取り上げられ、年々その反響は広がっています。犬を長時間鎖に繋ぐことを法的に禁止することを求めた署名運動も後押しし、国も法整備に動き始めました。

 キャンペーンだけで終わらすのではなく、教育の面でも動きが出てきています。田舎で育つ子供たちは、鎖でつながれた犬を見て育つので、その光景を当たり前として受け取り、自分もまた犬の一生を鎖につなぐという悪習慣を絶つことができないということで、このキャンペーンを授業でも、取り上げる学校が毎年増えています。学校の授業用にと、犬と人間をテーマにした資料もインターネット上で無料配布されます。各家庭で親の世代ができないことを、子供の世代で可能にしようと社会全体が緩やかながら動いています。
 
 今、目の前にある鎖とともに、目に見えない悪習慣の鎖も断ち切るために。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2021年2月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28