私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.01.07.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ カナダ在住日本人の救世主、中国系食料品店

アジア食材専門の大型スーパーがオープン!

中国語が読めないにも関わらず、ワクワク感はじゅうぶん伝わってくるから不思議。よく見ると、「Holiday Celebration - Shop Fun, Win Big」の文字が。
中国語が読めないにも関わらず、ワクワク感はじゅうぶん伝わってくるから不思議。よく見ると、「Holiday Celebration - Shop Fun, Win Big」の文字が。
忙しかったクリスマスが無事に終わって、私たち夫婦もほっと一息。でも、その余韻にひたってまったりムードの夫を尻目に、年末年始になるとなぜかソワソワしてしまう日本人妻の私。今年もやはり、少しはお正月らしい料理を揃えたいと、オープンしたばかりのアジア系大型スーパーマーケットへ家族で行ってきました。
このT&T Supermarketは、カナダでもっとも大きいアジア系スーパーマーケットチェーンで、中国語では「大統華超級市場」と書きます。移民の国カナダのいいところは、いろいろな国の食材が比較的手に入りやすい点。特に中国系の人たちは、異国の地でもたくましくコミュニティーを広げ、中華街を形成したり、大型スーパーマーケットを経営したりしているので、カナダに住む日本人は大きな恩恵を受けています。T&Tは、普通のスーパーでは買えない魚介類、ごぼうやれんこんなど野菜類はもちろん、大きな容器に入ったしょう油やみりん、料理酒なども扱っていて、カナダに暮らす日本人主婦にはたまらない品ぞろえ。一歩店内に入れば、そこは魅惑のアジア食材の世界なのです。買い物へ行くと、私は毎回、理性を保つのが大変です。
 
お寿司はカナダでも人気。でも、こんな大きなコーナーを設けるなんて、さすがアジア系スーパーです。
お寿司はカナダでも人気。でも、こんな大きなコーナーを設けるなんて、さすがアジア系スーパーです。
英語と中国語の併用。ここは本当にカナダなのでしょうか?
英語と中国語の併用。ここは本当にカナダなのでしょうか?

中国系食料品店で見えた「日本」の位置

一般に、中国系の食料品店で扱っている商品は、チャイニーズが8割、ジャパニーズ1割、ほかのアジア食材1割といった感じでしょうか。日本から直輸入された商品は、ほかのものに比べると値段が高くなっています。おもしろいのは、中国の商品に日本語の印刷をつけて、いかにも日本から来たように見せかけたもの。こうすると高値で売ることができるのでしょうか。それとも、単純に売れ行きがいいのかもしれません(カナダでは、日本製品は信頼がありますが、中国製品になるとやや品質が劣ると考えられるのが一般的です)。でも、その印刷された日本語が間違えていたり、下手な字だったりするのです。つい笑いながらも、商魂たくましい中国人に感心させられます。
「Weekly Special」よりも「本週特価」のほうが、私の脳にはダイレクトに伝わりました。
「Weekly Special」よりも「本週特価」のほうが、私の脳にはダイレクトに伝わりました。
なるほど、中国語で「片」は「チップス」の意味なんですね。日本のおせんべいは「日式米果」となっています。
なるほど、中国語で「片」は「チップス」の意味なんですね。日本のおせんべいは「日式米果」となっています。


旅行でカナダに滞在するだけなら気にならない食事も、住むとなったら話は別。どんなにおいしい異国料理を食べても、やはり最後はしょう油とわさび、味噌に戻っていく自分に、我ながら「日本人」を感じます。
こ、これは、どう見てもヤクルト!? 商品名は「ワハハ」です。どうでしょう、日本語っぽいですか?
こ、これは、どう見てもヤクルト!? 商品名は「ワハハ」です。どうでしょう、日本語っぽいですか?
「ありがとうごぢいます」が可愛くて爆笑しました。もう少しだったのに、惜しい!
「ありがとうごぢいます」が可愛くて爆笑しました。もう少しだったのに、惜しい!
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031