私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.12.03.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆晩秋

 日本はもう紅葉は終わった頃でしょうか。
 ここメキシコ中部高原地帯のグアダラハラは紅葉まっさかり。とはいえ、日本のように「錦色」とはなりませんが、それでも夏の間緑の濃かった葉は黄金色になり、舞い降りる落ち葉が郷愁を誘います。
 しかし!日中の最高気温27度前後、照りつける太陽パワーは衰える事なく、朝晩の冷気で冷えきった体を「解凍」してくれます。

冬の訪れ

落ち葉も舞い降りて、少しセンチメンタルに?
落ち葉も舞い降りて、少しセンチメンタルに?
 コオロギの声も小さくなり、日暮れの時間も6時半になり、とっぷり夜の帳が下りるころには風が冷たく感じるようになります。
 こうなるともう、夜のお供は体を温めてくれるテキーラ。
 ビールの消費はここにきてぐっと減り、テキーラやワインなどが売れて来るんだとか(くれぐれも煽って飲むテキーラなどと考えないように)。
 それもそのはず、晩秋の今、最低気温は7度程度になり、タイル貼りの床は冷え冷えするので、芯から温まれるテキーラなどがいいのです。

 それまで、週末の夕方などには家々の庭先で行われていた食事会、飲み会も、寒くなってくるので屋内に撤退。少しは静かになると同時に、ちょっと淋しくもあります(と言っても、雪に囲まれるわけではないのですが)。
 ここ、グアダラハラでは雪は降りません。最後に降ったのは20数年前。20代後半の友人はほとんど覚えていませんし、存在として雪を知りません。なのでちょっとお金の出来た人などはアメリカ中西部やカナダのスキー場に「雪と遊びに行く」わけです。

 逆に、避寒地として、カナダやアメリカからリタイア組がグアダラハラ近郊に沢山滞在しに来ます。
 ここから車で小一時間のところにあるメキシコ最大の湖チャパラ湖周辺には、彼らの「冬用コロニー」が出来上がっており、町中の看板などは英語とスペイン語の二カ国語で表記されているのも面白いところ。

クリスマス飾りが付けられ始めた街の中心
クリスマス飾りが付けられ始めた街の中心
もみの木を飾れるお宅はちょっとリッチ☆
もみの木を飾れるお宅はちょっとリッチ☆
 さて。
 11月2日の死者の日(11月12日の「死者の日」にリンクをお願いします)も終わると、みなさん気合い入れてクリスマスの用意に取りかかります。日本から来た私にしてみると、最低気温7度、最高気温27度のここでは「クリスマス?」と、実感も感慨も薄いのですが‥

 街の飾り付けも、オレンジ×黒×紫の「死者の日カラー」から、緑と赤のクリスマスカラーへと代わり、これでもか!とまたまた盛大に行います。

 オフィス近くの公園が、「もみの木売り場」になっていたのでちょっと覗いてみました。
 北部の農場?で育てられたもみの木を、S= 180cm, M=210cm, L=250cm前後とサイズ分けして売っています。お値段は400 ペソ(3000円弱)~900ペソ(6500円)前後。さすがに買いに来る人達は「それなりに」お金を持っているようなみなさん。だって生のもみの木ですよ?一度限りなわけなので、ここにそれだけお金をかけられる人はやはり限定されている様です。

 もともと、もみの木に飾り付けをして、というのはカソリック的ではないので、メキシコではマイナーなクリスマスの光景。
 
 では、カソリックばりばり、超メキシコ的なクリスマスってどうなのよ?ということで、それはもう少し時期が近づいてからお知らせしますね。

欧風なのはメキシコではめずらしい
欧風なのはメキシコではめずらしい
写真にご注目。
クリスマスのもみの木売り場、とはいえ、写っているお客さんたちの格好は「夏」でしょう?
おほほ、これがメキシコです。

<来週は、パンも大好き!メキシコのパンについて>
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2020年7月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031