私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.11.24.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 『りんごドーナッツ』と『アーモンドクリームのりんごオーブン焼き』のレシピ

りんごのおはなし

 りんごは、アジア西部からヨーロッパ南部が原産といわれ、歴史ある古い果物です。アダムとイブがりんごを食べた話、ウィリアムテルの物語、ニュートンによる引力の法則など多くの伝説や民話があります。原産地からインドに渡り中国を経て日本へやってきました。明治初期にアメリカから西洋りんごが導入され、本格的な栽培が始まりました。現在では、青森県、長野県、岩手県を主産地に栽培されています。『CA貯蔵法』(りんごの呼吸を抑制し鮮度を保つ貯蔵法)で1年中店頭でみかけるりんご。出盛りの秋~冬にかけて、特においしく店頭でもさまざなな品種を楽しむことができます。

『1日に1個のりんごは医者を遠ざける』

 イギリスでは『1日に1個のりんごは医者を遠ざける』ということわざがあります。これはりんごの高い栄養価について表現した言葉です。りんごには、カリウム、カルシウム、鉄、水溶性食物繊維のペクチン、ビタミンが含まれています。
りんごの糖分や有機酸は疲労回復に良いといわれ、皮には多くのポリフェノールが含まれています。これらの栄養成分により、便秘改善、美肌効果、高血圧予防、生活習慣予防に良いといわれています。

『べたべたの正体』

『つがる』や『ジョナゴールド』などの品種にみられるワックスのようなベタベタなりんごの表皮。これは、りんご自体が鮮度を保持するため、りんご自身が作りだす果粉です。ワックス処理されたものではなく、よく熟した食べ頃のサインです。

『りんごとエチレンガス』

りんごから発生されるエチレンガスを利用しましょう。未熟なキウイフルーツや西洋なしをりんごと一緒にビニール袋に入れて保存すると熟成がはやまります。ジャガイモとりんごを一緒に入れるとジャガイモの発芽を抑制することができます。これを知っておくと少し便利です。

『りんごの選び方と保存方法』

りんごは以下のポイントで選びましょう。
☆りんごの色が全体に回っているもの。
☆りんごにツヤとはりがあり、軸が太くしっかりと立っているもの。
☆おしりのくぼみが深く、持った時ずしりと重みがあるもの。

保存方法ですが、りんごはビニール袋に入れて冷暗所で、長く保存する場合はラップに包んで、冷蔵庫で保存しましょう。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930