私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.11.04.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ ヨーグルト万歳!

ヨーグルト万歳

スーパーのヨーグルト、白チーズコーナー。黄色いチーズやバター、牛乳は別のコーナーにまわされています。
スーパーのヨーグルト、白チーズコーナー。黄色いチーズやバター、牛乳は別のコーナーにまわされています。


日本の食生活はポーランド生活者にとって、品数といい味のバリエーションの豊富さといい涙が出るほど羨ましいものですが、ポーランドのほうがおいしいかも・・・と
思うものも数点あります。そのひとつが乳製品。

その数たるや、すさまじいものがあります。まずプレーンヨーグルト。その種類だけでも約10種類。日本のように砂糖を別パックに付けて売っておりません。プレーンなんだから、砂糖なしで食べろ、ってことでしょうか。そして、10種類もあって何が違うかといいますと、味もさることながら硬さもメーカーのよってだいぶ違ってきます。ナイフで切っても形が崩れないものから、ナイフがヨーグルトカップに沈んでいくような硬さのものまでいろいろ。固めのものはサラダに、柔らかめのほうは料理で生クリームの代用とされることが多いそうです。
左はケフィル。右はプレーンヨーグルト。プレーンヨーグルト、日本のように四角張った容器はこちらでは見かけません。
左はケフィル。右はプレーンヨーグルト。プレーンヨーグルト、日本のように四角張った容器はこちらでは見かけません。
売り場面積から考えるに、こちらが売れ筋ナンバーワンのヨーグルト。
売り場面積から考えるに、こちらが売れ筋ナンバーワンのヨーグルト。
右のはビスケット味のヨーグルト。
右のはビスケット味のヨーグルト。
 
フルーツヨーグルト、これが大多数を占めます。世界で有名なダノンなどもがんばっておりますが、売り場面積から判断するにポーランドで売れ筋のヨーグルトはZOTTという会社の「ヨゴベラ」のようです。こちらフルーツの種類も豊富。マンゴー、いちご、プルーン、パイナップル、ブルーベリー、桃、バナナ、葡萄、りんご等等、これで文句は言わせないといわんばかりのこの味の選択幅。さらには、コーンフレークとドッキングされているものもあるので、朝食代わりにもなります。
 そういえば、私がお勤めしていた会社の会計さんは、毎朝ヨーグルトを食べながら計算していましたっけ。

マシランカと異色のヨーグルト


 マシランカは日本ではあまりお目にかからない飲み物。日本語訳では「バターミルク」だそうですが、このネーミングですとすごくこってりまったり風味を想像してしまいます。が、実物はクリームからバターをとりのぞいた残り汁なので、飲んだら実にあっさり系。そのうえ、フルーツ味付けされているものはヨーグルトより軽めでぐいぐいといけてしまいます。

 こちら、私が15年も前にはじめてポーランドに来たときに食べて衝撃を受けた(?)異色のヨーグルト。これが食べたくて再びポーランドの地を踏んだといっても過言では・・ちょっと、過言でしたが、それくらいおいしかった一品。ポーランド語のネーミングは「セレック・ホモゲニゾバーニ」というので、厳密にはチーズ分類されるのですが食べ方はヨーグルトと一緒。何が違うかといえばカロリーでしょうか。こちらのほうが少し高め。
 でもその味は、濃厚かつなめらか。多種多様な味のあるヨーグルトに比べて、なぜか味がバニラ、イチゴ、桃、さくらんぼの数種類程度しかお目にかからない代物。それでも、食べ飽きることのないこちらのセレック。

ポーランドに来たら見逃せない一品です。
こちらがマシランカ。一見ヨーグルトっぽく見えますが、喉ごしは更にライト級。
こちらがマシランカ。一見ヨーグルトっぽく見えますが、喉ごしは更にライト級。
(私の中では)幻の味。このもっちり感がたまりません。
(私の中では)幻の味。このもっちり感がたまりません。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2020年7月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031