私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.10.22.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メキシコ人が楽しそうな理由

笑顔で生きる!

見よ!この輝く笑顔!
見よ!この輝く笑顔!
 みなさんがお持ちの「メキシコ人」のイメージって、ほがらかで楽しそうで、っていうのがあると思うんですよね。
 それ、大正解。
 老いも若きもみんな、表情豊かで笑顔が素敵なんですよ。
 笑わない人に会った事がない。
 もちろん、愚痴を言ったり怒ったり喧嘩したりもあるけれど、大抵みんな、けらけらと楽しそうに笑ってる。
 東京の地下鉄、ストレスに満ちた人々のむっつり無表情とは正反対。

 まあ、ラテン気質が笑顔にさせてる、っていうのも大きいですが、何よりも「すこしでも人生を楽しくする術を知っている」とでもいうんでしょうかね、まあ、そういう事が大好きなんですよ。

毎日、鍛えてます

右端の青年がこのチステの作者
右端の青年がこのチステの作者
 ご当地名物のサンドイッチ屋さんでアルバイトの高校生。
 バイトから帰って来た途端に「今日ね、バイト中に考えたチステがあるんだ!」と、家族に得意気にご披露。
 チステ、とは、メキシコ人が大好きな「小咄」のこと。

 『冷蔵庫の中にトマトが2つあったんだ。
  その1つが言ったのね。
 「う~~~、寒っっ!」
  そしたら、もう1つのトマトが驚いてね
 「げ!トマトが喋った!!」って。』
  (一同、爆)
 
 これは、可愛らしい例。ほのぼのでしょ。
 こんなジョークをバイト中に考えて、家族にウケる!と思ってわくわくして帰宅するその姿を想像するだけで微笑ましくなっちゃいます。

どっきりチステも

 子供向けの「チステ集」的小さな本の一ページ。
 ちょっとぎょっとするチステを発見しました。

 『「ママ、おばあちゃんって、車の整備士だったっけ?
 「違うわよ。どうして?」
 「じゃあなんで、バスの下に居るの?」』

 これ、子供向けってことでいいんですよね?と改めて本の表紙を確認しちゃいました。

 超現実的なチステを披露してくれた中学生。
 その日、実際に学校で起こった事だそうです。
『「学校の先生の一人が、辞めさせられちゃったんだ。」
 「何したの?」
 「偽名使って、偽造パスポートと偽造履歴書作って、不法滞在して学校で教えてたんだ」
 「何を教えてたの?」
 「聖書」』

 超シニカル!!

 嘘や偽り、犯罪はいけない、と説いている「聖書」を教える先生が!で、しかもチステじゃなくて本当にあったことだというから、まったく‥

 話題として3分かかったこの事実を、たった30秒のチステにまとめてしまう少年も相当スマートです。

みんなで笑うことが幸せの基本

商品デモ中でも、商品をつかってチステを考えて、大笑いしてました。
商品デモ中でも、商品をつかってチステを考えて、大笑いしてました。
 オトナも子供も、なんでもかんでもチステにしてしまう。
 特に中高生は歩くチステ辞典のよう。
 学校でみんながそうやって自慢のチステを持って来て、競い合っているかの様です。
 そして、家にそれらを持ち帰って家族を笑わせて。

 おじいちゃんなんて、何十年も使い古した「お得意技」を家族の集いで話すもんだから、ノートにでも書き留めて「今日はこのチステ」って決めているんじゃないか、と思うくらい。

 そりゃあ、毎日の生活の中で楽しいことを探すし、そうすることによってもっともっと楽しくなるはずだわ。
 つぎにみんなに会う時に私も何かチステを紹介したい、と考えてます。ふふふふ
 
 <来週は、「恋愛の秋♡ メキシコの恋人達」をご紹介します!>

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2020年2月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829