私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.10.08.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆小旅行 森林編

メキシコへのステレオタイプを壊してみせましょう

一年中、クリスマス飾り売ってます
一年中、クリスマス飾り売ってます
 メキシコ=乾いて砂漠でサボテンで、っていうのが多くの方のイメージ。
 ええ、そういう場所もありますよ、北部の砂漠地帯とか(まだ行ったことないけど)。
 もしくは、真っ白な砂浜にエメラルドブルーの海が広がるカリブ海とか(これは確かに美しい!)。
 でも、中部高原地帯には「こ、これがメキシコなの?」と驚くような、深い緑とファンタジックな湖沼地帯が広がっているのです。

一年中クリスマス用品、の村だったり

静かな湖の朝‥リラックスの極み
静かな湖の朝‥リラックスの極み
 グアダラハラのあるハリスコ州のお隣は、現大統領の出身地でもあるミチョアカン州。歴史も古い首都モレリアは16世紀スペインの香り漂うバロック様式の教会があり、石畳を靴を鳴らして歩けば「ここはどこ、今はいつ?わたしは誰?」の映画の世界。

 その近くには、パツクアロ湖もあり、自然と歴史が楽しめます。

 そこから少し南に下りたツィンツンツァン村は、ワラ細工が盛んで、器用に細かく編み込んだワラのクリスマス飾りが一年中売られています。

 おいしい淡水魚料理で有名なこの湖の周りには、小さな村々が点在し、銅細工で有名だったり、ミニチュア陶器で有名だったりと、その村独自の民芸品・工芸品で観光客の目を楽しませ、お財布を泣かせています。

ただ、ただ、静かになれる場所
ただ、ただ、静かになれる場所
 湖を囲む山々をくねくねと走っていると、その緑の鮮やかさ、優しさに疲れ目も解消してしまうほど。
 運転が好きな人にはたまらない場所です(酔いやすい方は要注意)。

 私が一番好きな場所が、サモラという中規模都市とその近くの湖沼地帯。

 川が分離し、地下水が湧き出る大きな池と交わるこの辺りは「嘆きの樹」と呼ばれる大きな木が水中から生え、静かに流れる水とその葉が相まって、なんだか涙が出てしまうような風景が広がります。
 また、この街にはプラサの教会の他に、つい昨年、20年近くかかった補修工事を終えた大きな教会があり、その中に入ると、まるで宇宙空間に放り出されたような青さと静寂さに包まれます。

 敬虔なカソリック信者の多いこの地域では、毎日、いつでも、静かに祈りを捧げる人々がこの教会を訪れます。

 クリスチャンでなくても、この神秘的で包容力のある空間で、しずかに黙考する大切さを感じる事が出来るはずです。
 

柔らかくて美味しい豚さん。。。
柔らかくて美味しい豚さん。。。
 さて。お昼の問題。

 この辺りはほんと、危険地帯!
 
 なんといっても豚を丸ごと一頭トロトロに煮込んだカルニータが名物なだけあって、パツクアロ湖近郊のキロガという街では競って、このカルニータを売り出しています。
 露店の前を通ると、差し出される「味見!」を断りきれずに、目的のレストランに付く前にお腹が一杯になってしまいます(レストランに行かずにすむ?)

 目の保養、舌の保養、美味しい空気も吸えるこの高原地帯で、メキシコに対する既成概念をぶちこわしちゃいましょう!


<来週は、旅行ばかりもしてられない!お仕事お仕事!オフィス用の物件探しについて!>

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031