私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.09.09.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ ポーランドの台所、ちょっと拝見

ところ変われば品変わる


よそ様宅のインテリア。素敵なものは、見てるだけでも幸せな気分になります。が、幸せ気分だけですまない、『一体これはなんなんだ?!』と頭を悩ませてくれるのは、居間でも玄関でもない、台所。
ここは、文化の違いをぷんぷん感じます。
ということで、今回はポーランドの台所で見た、おどろいた台所用品ご紹介。

初めてポーランド人の家へ行ったとき、何が驚いたってまな板の小ささ。ところ変われば品変わるとはいうけど、こんなに小さくてどうするんだ?! この人たち料理しないのか!?と思った私。日本で私が使っていたまな板の3分の1ぐらいしかありません。
どうするのかといえば、こちら、ダイニング・テーブル、もしくは台所の台の上で肉を広げて味付けをしたりしています。包丁を使うときはまな板の上のようですが、それ以外ならテーブルの上でやったほうが広くて使い勝手がいいと。確かにそういう風に割り切れば、まな板も小さめで結構ですが・・・。
『お隣のばんごはん』も気になりますが、台所もなかなか気になるスポット・・・。
『お隣のばんごはん』も気になりますが、台所もなかなか気になるスポット・・・。
文庫と比べてみると、これだけのちがい。イカなんてさばけません。(ま、ポーランド人でさばく人もそうそういないでしょうが・・)
文庫と比べてみると、これだけのちがい。イカなんてさばけません。(ま、ポーランド人でさばく人もそうそういないでしょうが・・)

工事現場から何か持ってきました?


さて、最近ではあまり見られなくなったそうですが、まだ、10年ぐらい前のポーランドだったらかなり所有率の高かったこちらの器具。

まるで大工道具のようにも見えますが、こちら「ひき肉ひき機」です。もちろんポーランドのお肉屋さんでひき肉は買えますが、その肉の中身が気になる(豚の耳がはいってるじゃないか、別の肉がはいているじゃないかという心配と疑惑、ですね)人が多く、肉の塊を買って帰って自宅でひいていたひとが多かったのです。

ということで、一家に一台必要不可欠だったこちらの品。現在では、肉屋さんで、肉の塊を買うとその場でひいてくれるところも増えてきているので、あまり必要ではなくなってきました。

我家でも、今じゃ本当に飾り物となっております。
こうやって、テーブルに固定します。そして、上から肉を入れて・・・
こうやって、テーブルに固定します。そして、上から肉を入れて・・・
こちらの穴から挽かれた肉が出てくる仕組み。結構重労働です。
こちらの穴から挽かれた肉が出てくる仕組み。結構重労働です。

あらまぁ、こんなものまで

このような、お皿にお花が一杯咲いてしまっているのから、真っ白無地のまでいろいろあります。
このような、お皿にお花が一杯咲いてしまっているのから、真っ白無地のまでいろいろあります。
3段重ねの鍋。正直洗うのが大変。
3段重ねの鍋。正直洗うのが大変。
パーティー料理の一品で、割と出てくるゆで卵。ゆで卵を半分に切り、その上に燻製サーモンをのってたり、マヨネーズとパセリを散らしたりすれば見栄えがいいのでレギュラー並みの一品ですが、このときに活躍するのが卵専用の皿。お皿に程よいくぼみがついてるので、運ぶときでも卵が雪崩のように崩れていくことはありません。




こちら右の写真は、年配の方の台所によく見られる一品。何の実験道具だろう、と私も考えたものです。こちら、なんと、ジュース製造機(!)。

いったい、誰がそんなものを欲しがるんだ?と思われる方もいると思いますが、現在のポーランド年配の方は物不足のポーランドを生き抜いてきた人たち。店に行っても買えないなら作りましょう、という発想の持ち主の方たちです。もちろん、こういう作業は手間も時間もかかるので、今では本当に趣味で作る人以外は、めったにお世話にならない台所用品。私はといいますと、もの珍しさで思わず手を出してしまいましたが、ここ2,3年、ジュースは作っておりません。買っております・・・・。

まだまだある、不思議な器具はまたの機会に!
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930