私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.08.27.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆新学年スタート!

8月24日からが新学年

 メキシコの教育制度は8月24日からが新学年。ここからクリスマス前まで一気に休み無く授業が行われます。
 よって、8月に入った頃から、大型ショッピングセンターや各地のスーパーマーケットの衣料品コーナーや文具コーナーでは「新学期スタートセール」と大きな幟とともに大々的にセールを行っています。
 科目別用ノートも3冊で20ペソだとか、鉛筆やペン、色鉛筆などもセットにしてバンバン売っています。子供ならずとも、大人の映画やアメコミファンなどにはうれしい「キャラクターもの」ノートや文具も充実しているので見ていても楽しいです。

キャラクターのシールもいっぱい付いているノート
キャラクターのシールもいっぱい付いているノート
これが欲しいんです。。。たっぷり3分、考えてました。
これが欲しいんです。。。たっぷり3分、考えてました。

かわいい制服

チェックもかわいいスカートはもちろんサイズも豊富で、なにより激安
チェックもかわいいスカートはもちろんサイズも豊富で、なにより激安
白いスカートは月曜日の「国旗集会」用
白いスカートは月曜日の「国旗集会」用
 各校の制服は、日本と同じように学校ごとに色やスタイルが少しずつ違っていて、街で誰がどの学校か一目でわかるようになっているようです。
 結構可愛いな、と思うのが女子の制服。
 昨今(というか、私の時代以降)、日本も女子の制服が可愛く、デザイナーズブランドのものや機能的且つおしゃれなものなど多いですよね。こちらも、女子のスカートはこまかいプリーツの膝丈だったり、イギリス風の細かいチェックのボックススカートや巻きスカートだったり。
 トップスも、白いオーバーシャツや袖口にラインの入った着心地良さそうなポロシャツなどいろいろ。朝晩と昼の温度差がかなりあることから、セーターやベストも年中着ています。
 一年を通して基本、温暖で快適な気候のため、特に夏服・冬服の区別はありません。上から被ったり羽織るもので調整しています。

 面白いのが「月曜日」。
 愛国心たっぷりなメキシコ人は毎週月曜日、全国の各種学校は一斉に「愛国集会」のようなものを行います。月曜日の朝8時から、各クラスごとに列を作り、学級委員(もしくは成績優秀な生徒)が国旗を持ち、行進し、国歌を歌います。この儀式のため、月曜日は全校生徒の服装は真っ白になります。ズボンやスカートもこの日だけは白い物を身につけ、赤・白・緑の国旗に敬意を払います。

軽いおしゃれは身だしなみの一部

キメキメヘアでシブい表情ですが、小学2年生です。
キメキメヘアでシブい表情ですが、小学2年生です。
 中高生、おませな子だと小学校高学年から、女子は化粧っ気が出てきますよね。
 こちらも同じ。日本では未だに全面的に(おそらく)禁止になっているアクセサリー類(ピアス、ネックレスなど)はこちらでは特になにもとがめられません。むしろ、女の子は1歳くらいから耳にピアス穴を開け、小さいピアスを付け、男女ともお守り代わりの金のネックレスやロザリオ(十字架付きのネックレス)を身につける習慣があるので、「着けていて当然」なのです。
 女子の軽いメイクも何も問題ないようです。ビジュアル系やパンク系のド派手なものは注意を受けるそうですが、アイメイク、色付きリップなどはむしろ自然に受け入れられている様です。

 男子は、小学生でも髪型ばっちりキメキメで外出します。
 透明ジェルで髪型を整えるのがこちらの男性のおしゃれでもあるので、小さい頃からお父さんやお兄ちゃん、親戚の男性達をみならって、ジェルを付ける姿はなんとも微笑ましい感じ。りっぱな「ラテン男子」のできあがり、ってところですね。

 香水もみな大好き。これも、こちらでは身だしなみの一種なので、学校に着けて行ってもなにも問題はないようです。
 そうやってみると、たかが服装、制服、校則といえど、日本とかなり違うことが面白いですね。

サイズ、色、柄、縦横型など、いろいろ
サイズ、色、柄、縦横型など、いろいろ
 さて、気になるお弁当の中身。
 実際、クラスは朝から午後2時前までで、その後は家に帰って家族でご飯(こちらはお昼ご飯が一日のメイン)なので、お弁当は必要ありません。

 ただ、なにせ育ち盛りの子供ですからお腹が空く訳で、クラスの合間に食べる軽食を、お母さん達は子供に持たせます。
 便利な保温・保冷のできる専用バッグに、小さなサンドイッチ、子供用に小分けになったヨーグルト、フルーツ、シリアルバー、ハムをくるっと巻いたハムロールやソーセージ、お米と牛乳を甘く炊いたデザートなど、栄養も腹持ちもいいものを持たせます。
 コーラ大好きメキシコ人ですが、学校にはコーラなどの清涼飲料水は持って行きません(校則で全国的に禁止になっているようです。)お水やハマイカ水(甘く冷やしたハイビスカスのお茶)などを持って行きます。これで、午後までお腹を持たせる、と。
 おやつや間食なんて(基本)もってのほか、の日本とかなり違うところです。

 
<来週は、メ的週末の楽しみ方!土日はのんびり、何するの?>
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2021年3月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031