私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.08.13.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆会話術

ほっぺにチュッ、が挨拶

 メキシコ人の挨拶は大抵、片頬へのキス(Besitos)から始まります。どもっ、ちはっ、という感じで、女性同士、男性同士(は親戚なら)でもやります。そこまで親密な人でなくても、久しぶり(1週間空いたら久しぶり)だったらbesitos。
 そういう習慣のない日本人の私も、最初の頃はちょっとドギマギしてましたが、今ではなんともありません。これがこちらでの挨拶。
 もちろん、したくない相手にはしなくていいのです。(その具合を、わずかコンマ1秒程度で読み取るメキシコ人ってとても繊細だと思いませんか?)

あっちでぺちゃくちゃ、こっちでぺちゃくちゃ

支払いを待つ列でも、当然おしゃべりが始まります
支払いを待つ列でも、当然おしゃべりが始まります
朝から晩まで、おしゃべりに興じる人々で埋まる街の中心、プラサ
朝から晩まで、おしゃべりに興じる人々で埋まる街の中心、プラサ
いつもおしゃべりでいろいろな料理法を教えてくれるお肉屋のおかみさん。
いつもおしゃべりでいろいろな料理法を教えてくれるお肉屋のおかみさん。
 そして、車で通りかかっただけだろうと買い物途中だろうとなんだろうと、会話が始まります。
 通りがかりで「ども~」とだけ挨拶して立ち去るのも可、なんですが、時々は立ち止まってあれやこれやおしゃべりしないとむしろ「私の事嫌いなの?(冗談めいて)」と言われたりします。

 いえいえ、急いでいるんですよ、という日本的言い訳はここではまず通用しないでしょう。なので、メキシコ人を始め、ラテン系の人と待ち合わせて、相手が遅れてくるのも無理はないな、と。
 だって、家を出て目的地に着くまでにだれか知り合いを見かけるでしょう?そうするとそこで軽く1分、なにかニュースがあって会話が乗って来ると5分、10分は当たり前。それが何度か繰り返される訳で。

 先日も、お買い物に出るのに歩いていたら、近所の職人のおじさんに呼び止められて、ついでにアレコレ聞きたい事もあったのでおしゃべりしてたら、20分も経過してました。そういう、リアルなコミュニケーションたっぷりな国。

 お買い物に出ても、東京だったら、家を出てからスーパーで買い物して帰宅するまで、一言も喋らないことだってあるのに、そんなことこちらではあり得ません。

 信号待ちや歩いていて、だれかに道を尋ねられる(外国人の私がたずねられる)、顔なじみの店を通りかかって挨拶+おしゃべり、八百屋さんでトマトを選んでいる時に隣のおばさんに話しかけられ(あっちの店は高かったわよ、とか)、肉屋のおばちゃんとはあれこれ5分以上も立ち話。チーズ売り場のお姉さんともアレコレ。

 みんな、興味があるのです。どこから来たの?何をしているの?家族は?日本ではこれはどうやって食べるの?などなど。質問攻め。最近では外国人という枠なしの「普通の世間話」も投げられるようになりました。この地域に一人だけ住んでいる(らしい)アジア人の私だからか?いえいえ、そうでなくても現地人でもおしゃべり。

 そこで気づくのは、街行く人達の会話。何を喋っているの?と、耳をそばだててみると、7割近くはなにかしら食べ物の話し。あそこのアレはどうだった、とかコレはこっちの店のほうが美味い、だとか。料理方法や値段も含め、食関連の話題がとても多い。さすが、食べる事大好きなお国柄。
 あとは親戚家族の話し。誰かの家族、の話題はメキシコではとてもポピュラーなネタ。なにしろ家族中心の社会ですので。

メキシコの食卓はやかましい?

 大きなテーブルを囲んでみんなでする食事は、どこでもにぎやかになりますが、メキシコは特にそれがにぎやか。
 1つの話題でみんなが盛り上がるのも当然ですが、テーブルのそこここで会話のキャッチボールが盛んに行われ、クロスし、複数の会話が同時進行。
 その間、みんな「しゃべる、飲む、食べる」を休みなく行うので、口は大忙し。テーブルから食べ物がなくなったとしても、まだまだ喋り続けます。パーティの時はもう大変。すぐ横にいる人との会話も聞き取れないほど、みんな喋りまくります。

簡単な毎日のランチだって、食べながら喋るので時間がかかるのです。
簡単な毎日のランチだって、食べながら喋るので時間がかかるのです。
パーティで顔見知りが集まったら、さあ大変!おしゃべりが止まりません。
パーティで顔見知りが集まったら、さあ大変!おしゃべりが止まりません。
勤務中のポリス達も、寄り集まって昼ご飯の話しをしてました(確認済み)
勤務中のポリス達も、寄り集まって昼ご飯の話しをしてました(確認済み)
 そんなメキシコでも、タブーとされているのが「友人、兄弟の恋人を目の前でバカにする」こと。
 もちろん、長い付き合い、腹割った付き合いでお互いに冗談とわかるならまだいいのですが、これがきっかけで大変な事件になることもしばしば。
 メキシコ人は家族、友人をとても大切にする傍ら「裏切ったら大変だぞ」と両極端な部分もあるので、シニカルなジョークとかも時と場合によっては、一瞬にして場の空気を凍り付かせることもあるそうです。ま、いずれにしても「悪いことは言わない方が良い」というのは世界共通なようで。

<来週は、悪魔払いの危険なお祭り?サンティアゴの祭り突撃レポート!>

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2021年3月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031