私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.07.17.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 独立記念日はビーチで花火見物

最大のお楽しみは打ち上げ花火

 アメリカ人にとって大切な祝日のひとつ、独立記念日。1776年に独立宣言が出されたアメリカにとっては重要な日であり、アメリカでは各地で盛大にお祝いの行事が行われます。ハワイでは、オアフ島のアラモアナ・ビーチパークで打ち上げられる花火が、毎年最大のイベント。家族や友人で集まって、バーベキューやポットラック(持ち寄りパーティー)を楽しみながら、打ち上げ花火を鑑賞するのが一般的な独立記念日の過ごし方です。

花火がよく見えるベストスポットは?

ワイキキビーチのハレコアホテル前は、バーベキューの人気スポット。花火見物にも絶好のロケーション。
ワイキキビーチのハレコアホテル前は、バーベキューの人気スポット。花火見物にも絶好のロケーション。
ビーチそばの駐車場で、花火を楽しむ人たち。どちらかといえば爆竹ですが…。
ビーチそばの駐車場で、花火を楽しむ人たち。どちらかといえば爆竹ですが…。

 花火がきれいに見えるベストスポットは、何といってもビーチ。アラモアナ・ビーチやワイキキ・ビーチには、昼間からたくさんの人が場所取りをし、ビーチパーティーをして花火が上がる夜を待ちます。

 また、アラモアナ・ショッピング・センターの駐車場も花火が真正面に見られるいいスポット。この日は駐車場が花火観賞のために開放され、多くの人がシートなどを敷いてここから花火を眺めます。

 ゆったりと花火が見られるホテルの海側の部屋や、レストランの海側の席を予約する人も。ホノルルでは大きな打ち上げ花火が上がるのは、独立記念日と大みそかだけなので、きれいな花火を見るためにここぞとばかりに奮発する人も少なくありません。

 年に2回だけと言えば、一般の人が花火を楽しめるのも独立記念日と大みそかだけ。日本では夏に家庭でも楽しむような花火をすることは、ハワイでは普段は禁止されているので、この日ばかりはとあちこちで花火をしている姿を見かけます。花火と言っても爆竹に近いようなものが多く、音と煙がすごいだけ、というものが多いのですが。

 

アメリカらしい花火を堪能!

 ありがたいことに、私は毎年アラモアナ・ビーチ隣のアラワイ・ハーバーに停泊しているボートにご招待いただいて、そこから花火を鑑賞しています。今年も大きく美しい花火を見ることができました。星条旗カラーの花火やスマイルマークのものなど、いかにもアメリカらしい花火もあり、またあちこちでアップテンポなミュージックが流れていたり、歓声が上がったりして、独立記念日の花火観賞はなんともにぎやかなのが魅力です。

サンセットが近付くと、花火が上がるのももうすぐ。ワクワクしてきます。
サンセットが近付くと、花火が上がるのももうすぐ。ワクワクしてきます。
しっとりと、ではなく、にぎやかに花火見物を楽しむのがハワイ流!
しっとりと、ではなく、にぎやかに花火見物を楽しむのがハワイ流!
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.02.
オアフ島ノースショアへ
ツーリストにも人気のエリア、ノースショアの魅力
06.18.
不滅の人気 パンケーキ
行列ができる人気店「エッグスンシングス」へ行ってきました
06.04.
ロコの朝ごはん
早起きロコたちはこんな朝ごはんを食べています
05.21.
電車開通はハワイの悲願
電車のない島ハワイで、長く続く開通論争
05.07.
在住中国人の台所、チャイナタウン
中国人のパワーが感じられるハワイのチャイナタウン
WRITERS NOTE
【NAME】阿部希美
ハワイ在住10年目。情報誌の編集部に勤務した後、フリーのライター&翻訳者として活動中。在住者の目から見た、ハワイの新鮮な横顔をお届けしたいと思います。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031