私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.07.01.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 冬支度を始めたポーランド

冬の準備って・・・


 まだ7月だというのに、なにを間違えて、このタイトルなんだと思われた皆様、いえいえ、私はいたって正気です。いつポーランドが南半球に移ったんだ?と思われた皆様(いないか、そんな人・・・)、ポーランドはいまだ北半球にございます。

 季節上、只今夏を迎えているポーランド、小学校の夏休みも突入してすでに1週間以上経過しておりますので気分は夏・夏・常夏とまではいかなくてもやれ、プールだ、海だ!の季節なのですが、ポーランドの主婦の台所はすでに冬の準備に入っております。
子供たちが庭で摘んだスグリの実。
子供たちが庭で摘んだスグリの実。
冬の準備は子供たちも手伝います。
冬の準備は子供たちも手伝います。

果物たちの行方

以前、 「フルーツライフの季節到来」で触れましたように、只今ポーランド、続々と果物の旬を迎えています。我が家でも旬を迎えたスグリの実。酸味が強くてそのままでは、ほんとおつまみ程度に庭でプチプチとちぎって食べる程度なので、計算すると(?)だめにする量のほうがはるかに多いのです。これだけビタミンたっぷりの果物をそのまま腐らすわけにはいかない。ということで、我が家ではスグリの実は9割がた、ジャムに変身します。

この時期、ポーランドのスーパーマーケットではあちらこちらで、大小様々な空の瓶が売られています。もちろん、瓶の横には蓋も一緒に販売。もっと倹約家の主婦はいちいち瓶を買いません。昨年使用した瓶に加え、冬の間に使用した瓶詰めのマヨネーズや食べ物の空き瓶を再利用。

これらは、主婦の冬支度グッズと私は勝手に呼んでおりますが、この時期ポーランド人主婦ははっきりいって、忙しい。庭に果物の木がある家は、子供を総動員して収穫作業に入ります。
自分の庭がないひとは、市場で少し痛んで(どっちにしても、潰してジャムにするんだから不細工でもよろしいってワケ)値段の下がった果物を購入して、ジャム作りにいそしみます。
そのほかにも、近くも森で自然の果物を摘むのもよく見かけられます。
家族総出で森の中で探しているものは・・・
家族総出で森の中で探しているものは・・・
野生のブルーベリー。1kg、採って帰りました。
野生のブルーベリー。1kg、採って帰りました。

自家製ジャム

 自家製ジャム、果物と砂糖100%だけでも作れるのですが(正真正銘の無添加ジャムですわ)、これ、結構時間がかかります。
 果物そのものにペクチンとよばれる、どろどろになる成分が多く含まれている場合はまだいいのですが、このペクチンの含有量が少ないと、台所で延々と木のスプーンをかき混ぜる自分の気分はシンデレラ。
 違いといったら舞踏会にも行かなきゃ、王子様にも会えないってことぐらいですかね。

 そんな主婦の味方がこちらの魔法の粉。これを混ぜると10分以内にジャム作りがすべて完了という魅惑の粉。
 只今ポーランドの台所はジャムの匂いであふれています。
 フルーツまみれの季節は今しばらく続きます。

これが魔法の粉。主婦の労働時間を大幅に削減してくれます。
これが魔法の粉。主婦の労働時間を大幅に削減してくれます。
入れたばかりのジャムは、こうやって逆さまにしておくと密封常態となります。
入れたばかりのジャムは、こうやって逆さまにしておくと密封常態となります。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2020年9月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930