私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.07.06.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 『モロッコインゲンのくるみ和え』と『さやいんげんとレンズ豆の煮込み』のレシピ

さやいんげんのおはなし

 じりじりと暑い夏の太陽を感じるようになりましたね。室内の冷房と外気の暑さの温度差に体調を気をつけたい季節です。この時期疲れやすいのでないかと思います。野菜果物のパワーで、のりきりましょう。今回は、『さやいんげん』をご紹介いたします。

 さやいんげんはマメ科インゲン属の若い莢を利用する野菜でメキシコ南部、中央アメリカが原産地です。日本へは、江戸時代に隠元禅師が中国からもたらし、名前の由来にもなっています。(隠元禅師が伝えたのはフジマメという説もあります。)もともと豆を取るために栽培していましたが、今のように若いいんげんを莢ごと食べる『さやいんげん』が導入されたのは明治時代になります。

店頭でよくみかける『さやいんげん』

さやいんげんは、つるあり、つるなしの種類があり、莢の形は丸莢、平莢に分けられます。つるありの代表品種は、丸莢のドジョウインゲン。つるなし丸莢で細長いサーベルインゲン。広い幅が特徴的なつるあり平莢のモロッコインゲンなどがあります。最近は、すじなし(ストリングレス)が主流 で、すじをとる手間が省けるようになりました。

サーベルインゲン

甘みがあり柔らかい。
1980年頃に登場したすらりと細長い品種。

モロッコインゲン

サーベルインゲンと同時期に登場した品種。大型で平たく幅広いのが特徴。良質のたんぱく質とビタミン・ミネラルが含まれています。

さやいんげんのおいしい季節

さやいんげんは、1年に3回収穫できることから三度豆という名前もあります。
主に福島県、千葉県、鹿児島県、北海道、茨城県、沖縄県で生産されています。周年を通して出回るさやいんげんですが、最もおいしい季節は6~9月にかけてです。北海道、福島県、茨城県のものが夏に出回ります。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2020年2月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829