私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.06.17.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 「恋の味」できれいになろう!

チョコレートが大好きなポーランド人

 こちらポーランド、チョコレートには結構うるさいです。老若男女、もろ手を挙げて「チョコレート、大好き!」というお国柄ですので、一口でチョコレートと言ってもそのバリエーションの豊富さに舌を巻いてしまいます。

 ちょっとお呼ばれしたとき、子供へのプレゼントとして、もしくはおもてなしをするときにポーランドではチョコレートが喜ばれます。よって、お店のチョコレートコーナーも充実。お土産になりやすいように、大き目のパックにきれいに詰められているものも多数あります。これ、実にコストパフォーマンスがいいお土産で、よく利用されています。

 ポーランド人の話によれば、昔のチョコレートは、はずれなく、どれもこれもいい味をしていたそうですが、最近はある程度の値段のものを買わないとチョコレートの味がしないとか。そりゃそうだ。そのようなチョコレートは、原材料の欄のトップに「砂糖」がきてますから。本来ならカカオやカカオパウダーが書かれていなければ、おかしいですもんね。
有名メーカーの板チョコ。
有名メーカーの板チョコ。
量売りのチョコレート。その種類の多さにチョコレートに対する執念を感じるのは私だけ?
量売りのチョコレート。その種類の多さにチョコレートに対する執念を感じるのは私だけ?

ポーランドの有名なチョコレート ヴァヴェウ

(ヴァヴェウのHPより)
1920年代の製造風景。
(ヴァヴェウのHPより)
1920年代の製造風景。

ポーランドの有名どころのチョコレートにヴァヴェウというメーカーがあります。
このお菓子とチョコレートの老舗、ヴァヴェウの基礎は19世紀ののお菓子屋さんまでさかのぼることができます。その後、二つの大戦をくぐり抜け、ほかのライバル会社を吸収合併しながら現在のポーランド代表の有名なチョコレート会社となりました。
今年の学生のお気に入り製菓会社ランキングでも堂々1位に輝いたというから、名前と歴史にあぐらをかいている老舗じゃなくて、今でも味でちゃんと勝負しているこちらの会社。

恋の味 幸せの味

シナモン入りのチョコレートとビターチョコレート。カップは手のひらで包めそうなミニサイズ。
シナモン入りのチョコレートとビターチョコレート。カップは手のひらで包めそうなミニサイズ。
このヴァヴェウの直営店が近くにできたので、ちょっと立ち寄ってみることに。
ドアを入ると、そこは昔よき時代のヨーロッパのお菓子屋さんを髣髴させるような落ち着いたカウンター。そして濃厚なチョコレートの香りがたちこめ鼻腔をくすぐります。ポーランド国内に数点あるこの直営店では、チョコレートを飲むことができます。

 この香りに誘われて、こちらでチョコレートを飲むことに。シナモン入りのチョコレートとビターチョコレートを注文してみました。小さいカップで出されたチョコレート。一口、口にすると濃厚なカカオの味が舌の上のみならず、体中に広がるのがわかります。

 すでに科学的にもチョコレートにはその香り自体に「幸せ気分」になれるドーパミンが分泌され、カカオそのものに精神を落ち着ける物質と、ドキドキと感じるカフェインが含まれているのは皆様ご存知のこと。そして、その働きは、恋をしているような「幸せ気分」になるというのに、ダイエットだの、にきびができるからなどと、チョコレートを敬遠してる女性、少なくないのでは?

 時にはこの「恋の味」「幸せの味」を頑張っている自分にご褒美しましょう。「幸せ気分」というのは、どんな化粧品よりも私たちをきれいに見せてくれるはずですから。

ヴァヴェウの店の中。こちらで好きなチョコレートを好きな量で買うことが可能。
ヴァヴェウの店の中。こちらで好きなチョコレートを好きな量で買うことが可能。
店の外。
店の外。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031