私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
じゃがいものローズマリー風味
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
09.06.08.更新
フランスの定番野菜 ジャガイモの料理です。
お肉やソーセージの付け合せに出てくる場合が多いですが、ジャガイモだけでも美味しく頂けます。
その場合、じゃがいもは大きめにきるとボリュームと食感が楽しめます。

テフロン加工のフライパンを使用すると、焦げすぎたりする心配がありません。

ローズマリーとにんにくの香りをお楽しみ下さい。
材料(4人分)
作り方

じゃがいも             800g (6個程度)
にんにく              2かけ(芯をとって二つ切る)
ローズマリー       少々
オリーブオイル  大さじ3


胡椒

1、じゃがいもの皮をむいて、大き目のサイコロ状に切る。
2、切ったジャガイモは水にさらす。
3、鍋(できればテフロン加工のものがよい)にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で香りを出す。
4、水気を切ったジャガイモを3の鍋にいれ、弱火~中火で中までしっかりと火を通す。
5、ローズマリーの葉の部分をぱらぱらと加え、ジャガイモに軽く焦げ目がつくまで炒める。
6、塩、胡椒で味を調える。塩は結構しっかり味付けのほうが美味しいです。
ポイント
ローズマリーは、フレッシュなものがなければドライハーブのものでも代用可能です。



フレッシュなローズマリーが手に入った場合

オリーブオイル+にんにくを刻んだもの+ローズマリーの葉を1つの瓶に入れてハーブオイルとして保存。
チキンを焼くときや、トマトソースを作るときに使うと風味がでて美味しくできます。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
11.30.
チャヨテのダイエットメニュー
メキシコの女子がダイエット中に走る低カロリーベジタブル食
10.26.
マスタード・ガーリック ビネグレッテ
市販のドレッシングだと、ちょっと味がきつい、油っぽい。そんな方は、手作りしてみてはいかがですか?
10.19.
シュリンプ・スキャンピ
ハワイではエビといったらコレです!
10.12.
メヌード 牛の胃袋スープ
二日酔いに最適のあっさりモツスープ
10.05.
簡単鮮やかブラック・アイ・ピー・サラダ
見た目が鮮やかでカラフルなサラダです。パーティーにぴったり。
WRITERS NOTE
【NAME】エヴルー由布子
フランスは美味しい!美しい!しかし!住んでみると「なんでフランス人ってこうなの~?」とため息もたまにちらほら。フランス移住3年目にしてようやく「住めば都」になってきた私が、フランスの魅力を紹介します。フランスの素敵な物たち、美味しい食べ物、お勧めの旅のスポット等の情報を発信。これを読めば、あなたの生活がさらに、心豊かにそしてハッピーになりますよ!
<< 2018年10月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031