私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
ミモザ風たまご
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
09.05.18.更新
フランスに来たばかりの頃、カトリーヌさん宅で出てきた前菜です。
ミモザ風たまごです。

これからの季節にちょっと洒落た前菜としていかがでしょうか?
盛り付けは、自分の好きなようにやってみて下さい。

冷えた白ワインと一緒にどうぞ!
材料(4人分)
作り方
たまご  4個
マヨネーズ小さじ3
コーン缶 小さじ3
塩、こしょう 少々

トマト2個
ホワイトアスパラガス(今回は瓶詰めを使用)1瓶
パセリ少々

①ゆで卵をつくる。きれいに殻がむけるように熱湯から出したあとは、すぐに冷水につける。
②殻を丁寧に向き、ゆで卵を縦半分にきる。
③黄身の部分だけスプーンで取り出し、別の容器に移す。
④黄身、マヨネーズ、コーン、刻んだパセリを混ぜる。塩、こしょうで味を調える。
⑤白身のくぼんだところに④を少し、はみ出るくらいの量をスプーンでつめる。
⑥トマトを6等分して、たまごのミモザ風、アスパラガスを飾り付けする。

ポイント
フランスには、このたまごサンドは存在しないのです。
面白いですね。
私は、グラハムパンを少しトーストしたものを4つに切り、カナッペの様にして前菜に出したらフランス人に好評でした。

盛り付けも、パセリを上に飾ってもよいし、オリーブをのせてもおしゃれです。
皆さん、それぞれの個性をだして楽しんでみて下さい。

フランス人は、料理も楽しみますがおしゃべり!をもっと楽しみます。
これなら、冷めたりする心配もありません。

たまごの殻が、きれいにむけるようにゆでたあとすぐ冷水につけてください。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
11.30.
チャヨテのダイエットメニュー
メキシコの女子がダイエット中に走る低カロリーベジタブル食
10.26.
マスタード・ガーリック ビネグレッテ
市販のドレッシングだと、ちょっと味がきつい、油っぽい。そんな方は、手作りしてみてはいかがですか?
10.19.
シュリンプ・スキャンピ
ハワイではエビといったらコレです!
10.12.
メヌード 牛の胃袋スープ
二日酔いに最適のあっさりモツスープ
10.05.
簡単鮮やかブラック・アイ・ピー・サラダ
見た目が鮮やかでカラフルなサラダです。パーティーにぴったり。
WRITERS NOTE
【NAME】エヴルー由布子
フランスは美味しい!美しい!しかし!住んでみると「なんでフランス人ってこうなの~?」とため息もたまにちらほら。フランス移住3年目にしてようやく「住めば都」になってきた私が、フランスの魅力を紹介します。フランスの素敵な物たち、美味しい食べ物、お勧めの旅のスポット等の情報を発信。これを読めば、あなたの生活がさらに、心豊かにそしてハッピーになりますよ!
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031