私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.05.05.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 第21回 セカセカ?テクテク?☆「歩く速さ」についてのお話☆


風薫る5月。旅行やお出かけに、気持ちのいい季節です!
天気のいい日なんかは、ちょっと遠出したくなったりして・・・。え?単なる逃避願望?(笑)

さてさて、そんなふうにちょっと遠出をして、普段の生活圏以外の駅に降り立ったとき。
行き交う人を見て、「周りの人、歩くの、速っ!」なんて思った経験、ありません?
もしくは逆に、「あれ?なんか私って早足?」って思った経験とか。

今回のココロ☆ラボは、そんな「人の歩く速さ」についてのお話。
なにかと忙しくて早足になりがちなアナタに送る豆知識です!

一緒に歩けば、故郷がわかる!?

さっそくですが、問題です!
日本全国の中で、もっとも歩くのが速いのは、どこの都道府県の人でしょうか?

この問題、「大阪人」って答える人が圧倒的に多い!
なんか、『大阪人は“いらち(関西弁で“せっかち”なコト)”な性格で、歩くスピードも日本一!』
っていうのが、ひとつの定説になっているようで。

でも、根拠がないと定説とは呼べない!
ってことで、調べました。なにか、根拠になるようなデータはないかと。
すると、国際交通安全学会が1979年に行った調査結果を発見!
各都道府県で30~50代の人を対象に、10mを何秒で歩くかを測定、
それを秒速に直してまとめたという、非常にわかりやすいもの。

その結果によると、日本で一番歩くスピードが速かったのは、
やはり大阪!秒速1.60m、つまり時速5.76km。
東京は僅差の2位。秒速1.56m(時速5.62km)だそう。

逆に、一番ゆっくりだったのは鹿児島。
秒速1.33mだから、時速だと4.79km。
つまり、大阪人の彼氏と鹿児島人の彼女が並んで一緒に歩き出したとすると、
1分後には16.2m、1時間後には972mも離れてしまうってコト!
こうしてみると、けっこうな差じゃないですか!?

ただ、この調査が実施されてから、はや30年。
その後の都道府県ごとの歩く速度を調べた調査などは見つからず…。
人口や生活スタイルなど、都道府県ごとに変わった部分もたくさんあるので、
現在も「大阪人=歩くスピード日本一!」なのかは、実はちょっと謎、なのです。

日本人は、せっかち?

では、さらに思い切って、視点をグローバルに。
日本人の歩くスピードは、世界的にみればどうなの?速い?遅い?
・・・知ってどうなるものでもないけど、ちょっと知りたくなりません?

これも、ちゃんと調査してくれているところがありました。
ハートフォードシャー大学(イギリス)の心理学研究チーム&英国文化院が、
成人男女35人が平地で18mの距離を歩く速度を測定してまわったそう。
しかも、調査地点は、ロンドンやパリ、台北や東京など世界32都市!

では、調査された32都市中、歩くスピードが速かったベスト3は!
1位はシンガポール。秒速1.71m(時速6.16km)。
2位はデンマークのコペンハーゲン。秒速1.66m(時速5.98km)。
3位はスペインのマドリッド。秒速1.65m(時速5.94km)。
(秒速はデータから算出。小数点第3位以下四捨五入)

さてさて、注目の東京はというと。
秒速1.40m(時速5.04km)で、32都市中19位!
日本人はセカセカしてるっていうイメージがあるけど、案外そうでもないんですね~。
ただ、どうしても体型的な問題で、歩幅が狭く歩数が多くなりがちなため、
セカセカ早足に見えるってことらしい。
それって、要するに足の長さってことですよね…うーん、そればっかりは…。

ちなみに、32都市中一番ゆっくりだったのは、マラウイのブランタイア。
秒速0.57m(時速2.05km)で、他の都市に比べて圧倒的にゆっくり。
つまり、シンガポール人の彼氏とブランタイア人の彼女が並んで一緒に歩き出したとすると(またこの例…)、
1分後には68.4m、1時間後には4kmほども離れてしまう!

ただ一口に「歩く」っていっても、トコロ変わればこんなにペースが違う。
今度、行ったことのない国や都市に行くときは、ぜひちょっと意識してみてください。
「歩く」ことからも、ちょっとしたカルチャーショックをうけることができるかも!?


こんなふうに、カラダに染み付いたスピードって、人によってけっこう違う。
普段それに気付かないで、誰かと歩くときも自分の気持ちいい速さでスタスタ…
なんてこと、ない?

たまには、ちょっと歩をゆるめて、お互いのスピードがくいちがっていないか、
自分のスピードばっかりを優先してないか、確認してみるって意外に重要なことかも。

きっと、歩く速度に限らず、ね。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
05.25.
第76回 遠恋は実りにくい!?☆ボッサードの法則&単純接触の原理☆
だから、遠距離恋愛ってムズカシイ。でもそのココロを探ると、遠恋を乗り越えるためのヒントも見えてくる!
05.18.
第75回 子の性格は、親が作る!?☆養育態度による性格形成☆
アナタのその性格、いろんな意味で“親譲り”だって知ってました?親の育て方による子どもの性格への影響、わかりやすく説明してます!
05.11.
第74回 信じていいの、この占い。☆バーナム効果☆
占い好きの人も、そうじゃない人も!アナタの性格をズバリ当てちゃう不思議に迫ります!
05.04.
第73回 それはきっと、妄想の愛。☆ストーカーの心理☆
どんな人がストーカーになりやすい?どんな心理でその行為をはたらくの?実は他人事じゃ、ないんです。
04.27.
第72回 上司と部下のエレジー。☆職場でのストレス☆
職場にいる限り避けられない、上司と部下の複雑な上下関係。ぶっちゃけ、苦労が多いのは上司と部下、どっち!?
WRITERS NOTE
【NAME】後藤 未紀
ちょっと知りたい、相手の気持ち・自分の感情。日常のラブやライフに潜むいろいろな「ココロ」を分析します。当研究所に、ようこそ!
<< 2020年11月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930