私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2008.09.12.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 美ジョガーを目指せ!

キーワードは「無理をしないこと」

秋の風が気持ちいい! 走っていると、いつもとは少し違う景色が見られます
秋の風が気持ちいい! 走っていると、いつもとは少し違う景色が見られます
磨美さん「準備運動と同じで、走る時も無理はしないように。初心者は、早歩きと同じくらいの速さでじゅうぶんです。始めのうちは、走っていて疲れたらウォーキングに戻して、また走ってという繰り返しがオススメ」

この日は暑くも寒くもない曇り空で、戸外の風も心地よく、何だか気持ちよくなってきました。先ほどの「歩いてもOK」という一言のおかげで、気負うことなく、走ることができます。

ちなみに、走る時は、次の3つに注意することが大切なのだそうです。

1)視線と姿勢はまっすぐに。肩の力を抜いて、軽く腕を振る
2)脚は体重を乗せるように、自然に降ろす
3)おなかで上半身を支え、おしりで脚を降り出す

脚に力を入れすぎると、結果的に脚が太くなってしまうため、注意が必要。おしりをあげるように心がけ、脚は自然に降ろしましょう。また、つらくなってきた時も、腕を振ることで、体が前に進むのだとか。二の腕のシェイプアップにも効果がありそうですね!

最初の頃は、週にどれくらいのペースで練習した方がいいの? という質問に、磨美さんは「決めすぎると、実行できなかった時に自分を責めちゃいますよね。つらいと続けられないでしょう? できる時に、できるペースで、できる距離を走ればいいんじゃないかな」と答えてくれました。

ランニングにおいては、何事においても「無理せず、マイペースで」ということが大切なようです。

走った後の「お楽しみ」が続けるコツに

走り終えた後はいきなり止まらず、少し歩いたり、ストレッチをするなどクールダウンをしましょう
走り終えた後はいきなり止まらず、少し歩いたり、ストレッチをするなどクールダウンをしましょう
おしゃべりしながらのランニング(時々ウォーキング)は楽しくて、あっという間に公園のジョギングコースを2周していました。

無理をしなかったので、ぜいぜいと苦しくはならず、いい汗をかいたなという程度です。体を動かすのって、気持ちいいですね! これまで「運動」というだけで毛嫌いしていましたが、30歳を目前にして開眼できそうです。

うーん、これなら続けられそう! 仲間を作ることも、ランを続けるためには、かなり有効なようです。

磨美さん「ランニングブームで、あちこちにランニング・チームができているから、そこに入るのもいいかも知れません」

ランニングの世界は意外と狭く、あちこちのレースやランニング・セミナーに参加するうちに「あそこでも会いましたよね」と友達ができることも、よくあるのだとか。磨美さん自身、ランを始めてから、ラン友達がたくさん増えたそうです。

もう1つ、ランを続けるコツは? と聞くと、「走った後のお楽しみが大切! 走った後は、ゆったりお風呂に入って、おいしいものを食べる。がんばった自分に、ご褒美をあげましょう(笑)」とのこと。

私たちも、近くのスーパー銭湯で汗を流してから、おいしいごはんを食べに行きました。適度に体を動かした後のごはんが、いつも以上においしかったことは、言うまでもありません。

地方のマラソン大会では、エイド・ステーションやラン後にふるまわれる食事が楽しみの1つなのだとか
地方のマラソン大会では、エイド・ステーションやラン後にふるまわれる食事が楽しみの1つなのだとか
ところで、ランを続けていて、よかったなと思うことは何?

磨美さん「さっき話したように、友達が増えたことと、ごはんがおいしくなったこと。それからもちろん、体がシェイプアップされて、体力がついたこと! 体を動かすことでストレスも解消できるし、新陳代謝がよくなるから、肌もきれいになります」

なるほど、いいこと尽くめですね! 私も健康美を目指したいです。

日本各地のマラソン大会に出場している磨美さんは
「地方のマラソン大会は、名産品のくだものが並ぶエイド・ステーションがあったり、ラン後に手作りの食事が振る舞われたりと、楽しい ことがいっぱい。地方の人たちの温かい人柄に触れるとほっとするし、旅行気分も味わえます。ビギナー歓迎のマラソン大会もたくさん開催されていますか ら、思いきって出場してみるのも、モチベーションを続かせる早道かも知れません」と話してくれました。

最後に、大人になってから始めるランは「体育の授業と違って、人との競争ではありません。走っている人はみんな、一緒に苦しい思いをしている仲間。もちろん、苦しいだけじゃなくて、楽しいこともいっぱいですよ」(磨美さん)とのこと。次回は「一緒に皇居ランにチャレンジしよう!」と約束を交わして、磨美さんと別れました。


これまでレポートしてきたように、運動神経と体力に自信のない私でも、想像以上に「初めてのラン」を楽しむことができました。いつかは、かわいいウェアを買いたい! マラソン大会に出てみたい! と思うと、続けることもできそうです。

ランに興味がありながら、今まで走り始めることができなかったあなたも、勇気を出して始めてみませんか? 高く青い空と、澄んだ空気が心地よい秋は、新しい何かを始めるのにうってつけの季節です。一緒に「美ジョガー」を目指しましょう!

【後日談】
8月末に、多摩川にほど近い場所に引越したライター藤平。「続けることが大切」と、取材の翌日に早速、河川敷へ出かけました。多摩川にはランニングやウォーキングをしている人がたくさん! 一人で走るのは恥ずかしいと思っていましたが、ランナー・ウォーカー人口は想像以上に多いようです。秋の夕暮れは景色も美しく、初日と同じように楽しんで走ることができました。これからも、無理をしない程度にランを続けていきます!

お茶の時間  
http://blog.livedoor.jp/dorara0822/
鈴木麿美さんのランニングブログ「お茶の時間」。夫婦で参加するマラソン大会のレポートが充実しているほか、ランニング・セミナーやランウェア、ランナーの体を作る食事についての話題もあります。

    
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.19.
これが今話題の『大人の塗り絵』シリーズ!
塗り絵といっても、あなどってはいけません。子供の塗り絵と違って、『大人の塗り絵』はかなりハイレベル。立派なアート作品です。
09.08.
着物初心者がチャレンジ!初めての「着付け教室」レポート
いつかやってみたいと思っていて、ずっと先延ばしになっているもの。誰にでも、ひとつはあるのではないでしょうか。私の場合は「着物の着付けを習うこと」です。
09.04.
秋の夜長は「癒し」を与えてくれるキュートなペットと一緒に
Bonita読者の中でも大半を占めるのが、「アパートやマンションでの一人暮らし」をしている方なのではないでしょうか?一人暮らしって、自由気ままに暮らせて快適ではありますが
09.02.
キュートで個性豊かなシマリスたちが歌って踊る!『アルビン/歌うシマリス3兄弟』
元気いっぱいのシマリスくんたちが、所狭しとスクリーン上を暴れまわる!その姿は、まるで手のかかる人間の子どもたちのよう……!?ぜひファミリーで観ていただきたい全米大ヒット映画を、詳しくご紹介します!
08.28.
土日+1日で楽しめる!?韓国旅行体験記
やっと取れたお休みは、安近短の韓国へ!センスの良い洋服や激安のサンダル、ちょっぴり冒険したいアクセ、キュートなコスメなど女性が大好きなものばかりが揃う夢の街に、独身彼氏ナシ女子が行ってきました!
WRITERS NOTE
【NAME】藤平 暁子
ライフもワークもしっかりこなすのが私流。「ライフ」と「ビューティ」のカテゴリーで、暮らしに役立つクッキングレシピなどをご紹介します。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930