私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.04.27.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 『甘夏のジンジャー砂糖漬け』と『甘夏フレンチトースト』のレシピ

甘夏のおはなし

桜の季節が終わりをつげる頃、牡丹の花がとても綺麗だったりこの時期は、良い季節ですね。先日、代々木公園で行われた"earth day"に行きましたが、公園の緑の眩しさにびっくりしました。お天気も良く、春というより初夏の訪れですね。今回は、そんな爽やかな季節にぴったりな『甘夏』をご紹介したいと思います。

 甘夏は昭和初期に大分県津久見氏の川野豊氏の園で発見されました。夏みかんの枝変わりといわれています。昭和25年に『川野夏橙々(カワノナツダイダイ)』と正式に登録されました。『甘夏』と一般的に呼ばれているのは、この『川野夏橙々(カワノナツダイダイ)』になります。その後、大分県、熊本県、愛媛県などで本格的に栽培がスタート。夏みかんより酸味が少ないので食べやすく、全国的に広まりました。しかしながら、現在では生産量は減少傾向にあります。輸入の柑橘類の果物のグレープフルーツやオレンジが売り場で定番になったことや、食生活の変化に伴う味覚の変化など、いくつかの理由が考えられています。

 個人的なお話ですが、私はとっても甘夏が大好きです。あのフレッシュ感あふれる甘酸っぱさに果肉の水々しさは、純日本の果物として素晴らしいと思います。太陽のように丸くずっしりとしたオレンジ色の甘夏を見るたびに幸せな気持ちになります。しかし、売り場では生産量が減少とのこともあり、甘夏の陳列を見るたびに切ない気持ちになります。というわけで、純日本の果物甘夏の応援の気持ちもこめて今回はご紹介させていただきます。生食であまりお召し上がりにならない方もいらっしゃるかもしれません。。。今回は、甘夏を使用したレシピもご紹介しますので、どうぞ最後までおつきあいください。

甘夏の種類とおいしい時期。

青果売り場で見かける甘夏にも種類があります。夏みかんから枝変わりをした『川野夏橙々』が登場し、その後『新甘夏(サンフルーツ)』『紅甘夏』など枝変わりが発見されました。

川野夏橙々
冒頭でもお話しましたが、昭和初期に大分県津久見氏の川野豊氏の園で発見されました。夏みかんの枝変わりの品種です。昭和25年に川野夏橙々(カワノナツダイダイ)として正式登録された甘夏の代表品種。これぞ!甘夏という甘酸っぱさがお口に広がります。甘夏の正式名称は、この川野夏橙々(カワノナツダイダイ)になり、甘夏柑とも呼ばれています。

新甘夏(サンフルーツ)
甘夏の枝代わりの品種です。川野夏橙々よりも酸味が少なく、みかんのような甘さを感じる食べやすい品種です。果皮がすべすべ滑らかなのも特徴です。

紅甘夏
昭和40年代に甘夏の枝変わりとして発見されました。はっきりと鮮やかな紅色大玉。果肉もたっぷり水々しく食べごたえがあります。

甘夏は、熊本、愛媛、鹿児島、和歌山などで作られています。2月~6月頃に店頭でみかける果物です。12~2月の収穫後、貯蔵し熟成させます。甘みが増し酸がぬけた頃に出荷され、春から初夏にかけておいしい季節の果物です。
上:川野夏橙々(熊本) 向かって左:紅甘夏(鹿児島)
向かって右:新甘夏(サンフルーツ)(和歌山)
上:川野夏橙々(熊本) 向かって左:紅甘夏(鹿児島)
向かって右:新甘夏(サンフルーツ)(和歌山)
半分にカットしました。種類によってこんなに果肉も違うのですよ。お味ももちろん違います。
半分にカットしました。種類によってこんなに果肉も違うのですよ。お味ももちろん違います。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031