私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2008.10.06.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ いちじくのババロア

 野菜果物には旬があります。
特に果物は、1年を通して考えると短い旬のものもあり、今年を逃すと、また来年のお楽しみになってしまうものも多いです。
今回は、秋にお楽しみいただける『いちじく』のお話をしたいと思います。

 いちじくは漢字で書くと「無花果」と書きますが、実の中で白い花が咲き、外からは花がみえないことから名づけられました。
食べた時につぶつぶ、ぷちぷちした食感のものが、いちじくの花なんです。
日本には江戸時代に中国から運ばれ、主に薬用として栽培されていましたが、今では、愛知、和歌山、福岡などで栽培され、秋に楽しめる果物のひとつとなりました。

さて、いちじくの栄養と効能ですが、女性には嬉しい果物なんですよ。
【いちじくの栄養と効能】
カリウム☆むくみ解消や血圧を下げる働きがあり、
     高血圧や動脈硬化予防によいといわれています。
食物繊維☆整腸作用や便秘改善、腸の病気を改善するのに
     良いといわれています。
フィシン☆たんぱく質分解酵素で、消化促進作用があるといわれ
     食後に食べるのがおすすめです。    

女性の方は、むくみや便秘などに悩まされている方も多いのではないでしょうか?特に長時間のデスクワークや立ち仕事は、足がぱんぱんにむくみますよね?私もよく経験します。リフレッシュのマッサージなどとあわせて、内側からもむくみ解消と便秘改善に『いちじく』をお召し上がりくださいね。

今回の野菜ソムリエ志麻のレシピは『いちじくのババロア』です。いちじくの素材そのままの味とぷちぷちした食感を大切にしましたヘルシーなデザートです。
お砂糖や卵や乳製品を使用していないので、アレルギーが気になる方もお召しあがりいただけるかと思います。
ぜひ、お楽しみくださいね。


(4人分)
いちじく4個(うち1個はソース分)
寒天パウダー:4g
水:250cc
豆乳:200cc
豆腐:カップ1/2
檸檬汁:大さじ1
メープルシロップ:大さじ2
①いちじくは水洗いし、皮をむきます。

②よく水をきった豆腐、いちじく3個、檸檬汁、豆乳を
 ジューサーでいっきにかけます。

③水のはいった鍋に寒天パウダーをいれて、
 よくときながら火にかけて沸騰したら火をとめてから、
 ②をまぜあわせます。粗熱が冷めたら型に流して冷蔵庫で冷やします。

④①のいちじく1個をザクきりにして、メープルシロップと一緒に
 滑らかになるまで煮詰めます。

⑤冷えた③に④のソースをかけてできあがりです。
◎いちじくの皮は、お鍋の沸騰したお湯に、さっと湯通しすることで
 皮も剥きやすくなります。

いちじく

いちじくは、歴史の中でも古い果物です。

古代エジプトの壁画や旧約聖書などにも登場しています。

そんな『いちじく』が、日本にやってきたのは江戸時代です。

現在は、愛知県、和歌山で栽培されています。

 

店頭でみかけるのは、8月から10月くらいです。

9月半ばをすぎると、お手頃な価格になってきます。

店頭でよくみかける品種は、『桝井ドーフィン』という品種。

関西以南で栽培される『蓬莱柿』は、日持ちの都合でなかなか

関東でみることのできない品種です。


いちじくの選び方ですが、日持ちが持たないので、果皮に傷があるものお尻の部分が 割れているものはさけましょう。おおぶりでふっくらとして、しわしわしていないものを選びましょう。へたに白い液がでていると避けたくなりますが,新鮮な証拠です。

全体が赤くそまり、お尻の部分が割れたころ食べ頃です。



保存方法ですが、乾燥に弱いのでビニール袋に入れて野菜室で保存。
日持ちしない果物ないので、購入時に熟しているものは食べ切りましょう。

食べきれない際は、コンポートやジャムにして保存。

忙しい朝の朝食に、パンに塗ったり、ヨーグルトやコンフレークにまぜるだけでも、簡単に栄養価がアップするので、お試しくださいね。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031