私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.04.07.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ ホースセラピー?初めての乗馬☆カウガールに憧れて

アニマルセラピー

アニマルセラピーという言葉を聞いたことがありますか。
イルカを思い浮かべる方が多いと思います。
自閉症の子供達へのイルカセラピーは有名ですね。
実はイルカ以外に馬も使われます。
アニマルセラピーは英語でAnimal Assisted Therapyと言われています。
馬を使ったセラピー療法はHippotherapy( ヒポセラピー)と呼ばれていて
足を失った軍人達のリハビリとして使われることもあります。
筋肉や神経が鍛えられるそうです。

さて、ここはテキサス。イルカがいるわけありません。
でも牛や馬がたくさんいます!
この馬達に乗ります。
この馬達に乗ります。
 我が家から歩いてすぐのところに馬が放牧されているので散歩がてらよく馬を見に行きます。人になれた馬達でして、持っている鍵をチャリンチャリンと鳴らすと遠くから走って寄ってきます。鉄条網からグィーっと顔を出して「何か頂戴」とねだります。

馬というのは本当に不思議な動物だと思います。
あの優美な曲線を持つ筋肉。威厳というものを感じさせる佇まい。
見ていて全く飽きることがありません。



イルカの目もそうですが、馬の目というのは何もかも理解しているかのように見えます。
何もかも見透かされた気がするんですから、不思議です。

犬も猫もイルカも、そして馬も傍にいるだけで人間の気持ちを柔らかくしてくれるような気になります。

これもアニマルセラピーの一つかな?

Trail Ridesのベーシックコースに挑戦!

晴れた日曜日にhorse rideに行ってきました。
馬に乗るのは初めてです。テキサスといったら、カウボーイですね。私が行ったhorse park はカウボーイならぬ、若いカウガールだらけでした。今まで、カウボーイハットにカウボーイブーツなんて格好悪い・・と思っていたんですが・・・撤回します。とっても格好いい!

帽子を片手で押さえて、颯爽と馬に乗り走る姿がまるで映画のワンシーンのようで見とれてしまいました。私達の希望は、1時間のビギナーレッスンをした後に1時間のTrail RidesのBasicコースです。

ビギナーレッスンは13歳以上の大人で一人$50。Trail Ridesは牧場内を歩くコース。 こちらは$35 から$55。3コースあります。
Basic: 歩くのみ $35
Intermediate : 歩き & 駆け足 $45
Advanced : 歩き & 駆け足 & ジャンプ $55

Trail Ridesのベーシックコースに挑戦!

出発です。
出発です。
馬の上から撮影。池が見えます。
馬の上から撮影。池が見えます。
 日曜日の当日に電話をしてみたのですが、すでに、ビギナーレッスンの予約は一杯だそうで、Trail RidesのBasicコースのみ受けることにしました。空いている時間が夕方18時からのコースのみということで予約した後、サイトから書類をプリントアウトして持参。これは万が一、落馬して怪我をしても責任は取れないという文で納得したら署名します。

 いよいよ初めての乗馬。
馬を目の前にしてみると思ったより大きいことに今さらながら気づきます。
馬の蹄を見て「あれで蹴られたらお終いだな・・」と嫌な想像が浮かんできます。

 この日18時コースに参加したのは全員で7人。
その中には10才くらいのインド人の男の子も参加していました。
初めてとは思えない綱裁きを見せていて驚くとともに、この子には負けられないと変な競争心を抱いた私でした。

 私にあてがわれた馬はジャスパー君。推定年齢8歳の雄馬。
「できれば雌馬にして欲しい・・」という言葉をグッと飲み込みました。
雄馬って荒々しいというイメージがありませんか。

 恐る恐るあぶみ(stirrup)と言われる足を載せるところに左足をかけえいやっと乗ります。
鞍に乗ると、結構高い位置なので少々恐怖感が湧いてきます。普段の目の高さとは倍くらい高い位置からの眺め。

落馬して骨折したらどうしよう。

 暴走したらどうしようと不安で心臓バクバク。生き物に自分を委ねるという行為が自分を不安にさせるんですね。車でもない自転車でもない馬という生き物に乗って移動する。コントロールできないんじゃないかという心配。そんな心配をよそに淡々と慣れたように簡単なレクチャーをしてくれるカウガールのお姉さん。

――右に行きたい時は、リードと呼ばれる手綱を右に引く。
――左に行きたい時は、左に引く。
――止まりたい時は、手綱を引き「ウォウ!」と言う。

踵をぐっと下げておかないと、どんどん進んでしまうなどなど。

そんな簡単な教え方でいいのかと疑心暗鬼になります。
この時点で運動不足の為か、足がつりそうになりました。

 7人全員が馬に乗るまでその場で待機。しかし、ジャスパー君落着きがありません。
鼻を鳴らして首を上下に動かします。リードを嫌がっているようです。そして少し後退しはじめたり、ぐるっとまわったりしはじめます。

どの馬もきちんと静止しているのに!私が初心者なのをわかっているのでしょう。

「私は初心者なんだけど、この馬は大丈夫か?」と聞くと

「その子はじっと同じところにいるのが嫌いなの。イライラしているのよ」とたいしたことじゃないわという感じのお姉さん。

「えー、イライラしている馬に乗るのは怖いよー」と不安MAXの中Trail Ridesコースは始まりました。

サンセットを見ながら馬に揺られて・・

 さて、カウガールのお姉さんを先頭に一列になって歩き始めます。

 テキサスにはたくさんの牧場がありますが、その敷地が広大です。敷地内には池があったり川があったりするところも少なくないのです。最初は景色をみる余裕などありません。
私の馬、ジャスパーはとにかく機嫌が悪いようで、やる気もないようで最後尾からどんどん遅れていく始末。時々、嫌々というように首を振ったり上下に動かしたり。

 「疲れちゃったの?もう少し我慢して」とジャスパーに話しかけてみるも・・

彼の機嫌はなおりません。

先を行く皆が時々足を止めて、私とジャスパーを待っていてくれること数回。カウガールのお姉さんが横についてくれて手綱の持ち方を教えてくれました。どれくらいの長さで手綱を持っていいのかよくわからなかったので助かりました。

どうやら私の手綱裁きがジャスパーは気に入らないよう。

「彼の思う通りにさせないこと。コントロールしているのはあなたってことをわからせないと。
でもしょっちゅう手綱をグイッと引いちゃダメよ。ジャスパーが混乱しちゃうから」

とお姉さん。だけど、相変わらずジャスパーは列から少し離れて遅いペース。これが彼の個性なのかも。

 しかし馬達は慣れたもので、ちゃんと一列になってテクテクと歩いていく。
とくに手綱でコントーロールすることも必要なく、先頭の馬にちゃんとついていくのです。自分はただ馬にのせられていくだけ。しばらくすると景色を見る余裕がでてきます。
広大な敷地はどこまで続いているんだろうと思うくらいです。フェンスなど見えません。

「ジャスパーが機嫌悪いのは、今日一日子供達の相手で疲れちゃったのね。休んでないから」

と言われ、今度予約する時は早い時間に予約して疲れてない馬達に乗りたいと一瞬思いましたが、サンセットの中を歩く初体験ができた18時コースでからで良かったと思い直しました。

夕陽のなかで馬にのって歩くのは、本当に素晴らしい経験でした。

馬の上で揺られながらサンセットを眺める。

 そこにはゆったりとした時間が流れます。池のまわりをぐるっと歩き、林道の小道を歩いていてなんだかフランスのボルドーの田舎を思い出しました。

どこの国も田舎の風景は少し似通うところがありますね。

時々、坂道になると馬達が駆け足になります。
最初はびっくりしますが、しだいに上下に跳ねる感覚が愉快になります。改めて大河ドラマなどで馬に乗って演技をする役者さん達ってすごいなと思ったり。もし家族や友人がテキサスに訪れたら必ずhorse parkに連れてこようと決めました。


テキサスにお越しの際は、ぜひカウボーイ、カウガール気分を味わってみてください。
ストレスなんてどこかに消えてしまいますよ!

サンセットの中、池のまわりを歩きます。癒される時間。
サンセットの中、池のまわりを歩きます。癒される時間。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
04.20.
人にも環境にも優しいエコ商品
アメリカのエコ系、オーガニック系商品で有名な「seventh GENERATION」のエコオムツ!?
04.06.
アメリカ☆小児科医の決め方
アメリカでは出産前に小児科医を決めておくのが普通です。自宅から遠くないことが大切ですが、医者との相性が一番です。
03.23.
アメリカ☆授乳事情
母乳育児推進中、アメリカの授乳事情をご紹介
03.09.
アメリカで出産☆病院食ってどんなの?
まるでレストランのような演出も!アメリカの病院食をご紹介
02.23.
アメリカで出産☆びっくり医療費!
アメリカの医療費の高さは、わかってはいても驚く!高額な出産費用
WRITERS NOTE
【NAME】ケイ ブラウン
海外の暮らし、日常生活、学校生活、料理、ワイン、海外芸能ゴシップ、エンターテイメント情報、英語の勉強、美容など海外生活ならではの情報をとりあげていきたいと思っています。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031