私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2008.08.29.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ おいしい幸せをお取り寄せ! 北の大地の絶品グルメ

おうちで旅気分 ご当地グルメお取り寄せ

社会人になると、なかなかカレンダー通りにお休みを取れなくなりますよね。最近では、9月に入ってから夏休みを取る人も増えています。

今年は、原油高によるガソリンや燃油サーチャージ高騰の影響で、国外はもちろん、国内の旅行者まで減っているのだとか。「夏休みは、おうちでのんびり過ごそう」という人も多いのではないでしょうか。

そんな時こそ活用したいのが「お取り寄せグルメ」です。一大ブームを巻き起こしているお取り寄せは、ひと昔前だったら旅先でしか食べられないようなご当地グルメを、自宅にいながら堪能できることが魅力。

思わず笑みがこぼれるようなおいしいものを、恋人と2人でひっそり楽しむのもよし、家族や友達とわいわい楽しむのもよし。お取り寄せを持ち寄って、ホームパーティーを開くのもいいですね。「お取り寄せグルメ」はちょっぴり贅沢で、特別な気分を味わわせてくれます。

今回は、北海道に住んでいたことがある、おいしいもの大好き! なライター藤平が自信を持ってオススメする、北海道グルメのお取り寄せを紹介します。

産地直送の絶品海鮮に舌鼓

幻のぶどうえび:250g(5尾)10,200円 ※価格は常に変動しています
幻のぶどうえび:250g(5尾)10,200円 ※価格は常に変動しています
ときしらず〈一尾丸ごと〉凍結:生1尾(活〆)4.0kg 29,500円
ときしらず〈一尾丸ごと〉凍結:生1尾(活〆)4.0kg 29,500円
北海道のご当地グルメといえば、まず海産物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

海鮮のお取り寄せができるオンラインショップはたくさんありますが、その中でも新鮮さとおいしさで群を抜いているのが知床三佐ヱ門本舗です。

知床三佐ヱ門本舗は、世界自然遺産の知床など、世界でも有数の自然に囲まれた羅臼町に位置しています。国後島と知床半島が天然の防波堤を形作っている海に面した羅臼町は、「魚の城下町」とも呼ばれているんですよ。

同店は海産物の通信販売専門店としての歴史があり、その品質は高い評価を得ています。数々の受賞歴やメディア紹介歴からも、人気のほどが伺えます。

どの海鮮もとても美味ですが、中でもイチオシなのは「幻のぶどうえび」。

ぶどうえびとは、名前の通り、葡萄のような深いむらさき色をしたエビです。1日に数kg程度の水揚げしかなく、いつ禁漁になってもおかしくないほどの希少品であることから、「幻」の名が冠せられるようになったのだとか。

その味はというと、まさに至福の味! たっぷりとした大きな身はよくしまっていて、ぷりぷりとした歯ごたえがたまりません。とろりと甘く、北海の旨味が凝縮されたような濃厚な味わいで、プチプチの食感の大粒卵も、キャビアもかくやというおいしさ。他では味わえない逸品です。

また、ぶどうえびと一緒にお取り寄せしたいのが、鮭の中でも美味と名高い「トキシラズ鮭」です。

トキシラズは、秋に獲れるものと同じ「シロザケ」という種類の鮭。なぜこのトキシラズが珍重されるのかと言うと、産卵期ではないため全身に脂がのっていて、柔らかい身に旨味がぎゅっと詰まっているからなのです。

知床三佐ヱ門本舗のトキシラズは、羅臼町の目の前の海で獲れる「前浜産」限定。新鮮なまま瞬間凍結をしているので、お刺身でも食べられます(塩をしていないものに限ります)。

実りの秋は、いつにもまして和食がおいしい季節でもあります。産地直送の海鮮をお取り寄せして、極上のおいしさに舌鼓を打ってみてはいかがですか?


次のページでは、和情緒をしっとり楽しむ日本酒と、とろける甘さが幸せ気分を誘う絶品スイーツを紹介します!

シレトコサンザエモンホンポ  知床三佐ヱ門本舗
http://www.siretoko.com/index.html
粕漬、たらこ、幻の鮭とも言われる「ケイジ」、生うに等を産地直送販売している、知床半島の海産物専門店。オンラインショッピングの他、FAX、電話での注文も可能。

   TEL0120-4015-99  srtk@siretoko.com
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
08.15.
夏色雑貨を秋色に染めるコーディネート術
ガラスの器、カゴ、すだれ……夏の定番アイテムを秋らしく使いこなすには、どうしたらいい? 人気雑貨ショップbana bana下北沢店に、お金をかけすぎない賢いコーディネート術を伺いました。
WRITERS NOTE
【NAME】藤平 暁子
ライフもワークもしっかりこなすのが私流。「ライフ」と「ビューティ」のカテゴリーで、暮らしに役立つクッキングレシピなどをご紹介します。
<< 2019年10月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031