私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.03.03.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 第12回 この道は、いつか来た道…? ☆方向オンチの心理学 後編☆

 道を間違うことなんて日常茶飯事。さっき通ってきたはずの道なのに、同じ道を帰ろうとすると知らない場所に出る。
そんな大の方向オンチというライター自身がお送りする、「方向オンチの心理学」後編です。

 前編では、道に迷いやすい人は、迷わないためのコツをつかめていないことや、頭の中での「認知地図」づくりが苦手なことなどを紹介しました。
今回は、地図を見るとき進行方向に合わせて回転してしまうという行動についてや、方向オンチの男女差、さらに方向オンチは克服できるかに迫っていきたいと思います。

 では、私と同じく、全国ウン万人の方向オンチのみなさま!迷わずついてきてくださいね~。

クルクルしても、いいですか?

 角を曲がるたびに、手に持った地図をクルクル…。

 この進行方向に合わせて地図を回転させるという行動、方向オンチのひとつの証のように見なされることも多いようです。
 さて、ちょっとここで、アナタを含めアナタの身の回りの人で地図を回転させる人がいないか、思い出してみてください。ご家族とドライブに行くとき。お友達と旅行に行ったとき。その人はどうしていましたか?

 さぁ、こうやって周りを見渡してみると、地図を回転させるのは女性が多い気がしませんか?
ベストセラー本『話が聞けない男、地図が読めない女』(主婦の友社)にも、地図を回して夫に叱られる妻の話が出てきます。

 では、なぜ、女性の中には地図を回転しないと混乱してしまう人が多いのでしょうか。

それは、ある能力において男性と女性のあいだに差があるから、だと言われています。
その能力とは…まず、この図を見てください。

 下の4つの図のうち、向きを変えると上の図と同じ方向になるのはどれでしょう?パッとわかりますか?
 これは「心的回転課題」と呼ばれるものです。心の中で図のイメージを回転させてターゲットと照らし合わせる、まさに名前の通りですね。この心的回転能力が、女性は男性に比べて明らかに低いことがこれまでの研究で明らかになっているんです。

 では、心的回転能力が低いとどんなことがおこるのかというと。

 まず、反対側から見た景色をイメージできないので、行った道を逆からたどることが難しくなる。ホテルやデパートのトイレに行って、戻るとき、逆方向に曲がってしまう女性、いませんか?はい、私もです。心的回転能力が低いと、こういう判断が苦手になるといわれています。
そして、地図を見ているときには、頭の中でそれを回転させることが難しいものだから、地図そのもののほうを回転!

 そうすることで、苦手な心的回転という面倒な作業をはぶいているのです。

つまり、心的回転が苦手な方向オンチさんたちにとって、地図を進行方向にあわせて回転させるのは間違いを未然に防ぐための防衛策。
「クルクルするのってなんか恥ずかしい…」と思っている方もいるかもしれませんが、これをするのは方向オンチさんたちだけじゃないんですよ。

 たとえば、地図を読んで目的地をすばやく回ることを競うオリエンテーリングという競技では、競技者は「整置(または整列)」といって必ず周囲の方向にあわせて地図を回転させるそう。
これは道の間違いを防いだり、時間の短縮のために、欠かせない行為だそうです。

そんなわけで、これからは地図を見ていて混乱しそうになったら、堂々と地図をまわしましょう!そして、心的回転能力の高い男性陣も、ぜひ優しいまなざしで女性たちのその行動を見守ってくださいね。
あ、もちろん女性の中にも心的回転能力の高い方はいらっしゃいます。うらやましい限りです。

女性=方向オンチは、ホント?

 地図を読むことに関する男女の違いは、心的回転能力以外にもあります。
たとえば、空間認知の研究者ロートンは、目的地に到達するためにどんな情報を使うか、その方略に注目。男性と女性では、おもに用いる方略に差があることを発見しました。

 具体的にいうと、女性は、ルート上にある目印を覚えてそれを頼りに目的地に向かうという「ルート方略」をよく使う傾向があります。
一方男性は、「スタートはこっちのほうでゴールはこっちのほうだから」というように全体的な位置関係を把握して目的地を目指す、「方位方略」を多く用いるようです。


 「方位方略」は「ルート方略」にくらべて、細かい道筋を忘れても推論を働かせて目的地にむかえるという臨機応変さがあると言われています。そのため、「方位方略」を使う男性は、「ルート方略」を使う女性よりも、はじめて行く場所を歩くことにあまり不安を感じずにすむとか。


 さてさて、ここまでの流れからすると、「なんだ、結局は女性が方向オンチってのはホントなんだ」と思いますよね。でもそれってホントにホント、つまり女性は生まれつき方向オンチ、なんでしょうか?

 その問題に対するヒントが、ブロスナンという心理学者が行った研究にあります。

ブロスナンは、2つのグループに対して空間能力を試すテストを実施しました。
ただ、その際に1つのグループでは「空間能力を試すテストです」と本当のことを言い、もう1つのグループでは「共感性を試すテストです」とウソを言ったのです。
すると、「空間能力」と言ったグループでは男女差がハッキリとあらわれたのに、「共感性」と言ったグループでは男女差はそれほど生じなかったという結果に!


 この研究からわかるのは、たしかにここまでにご紹介したように男性と女性の間には心的回転能力や方略の取り方に差があるけれど、そのカゲにあるのは、女性自身のココロの中にある「女性だから空間能力が低くても当たり前、別にいいもん」という気持ちかもしれないってこと。

 個人個人の、そして社会全体のそういう思い込みが、実際に女性の空間能力を低くしてる可能性があるかもしれないんです。
逆にいえば、今後女性が社会の中で活躍するにつれて「女性も方向感覚があって当たり前よね」という認識が広がって、その結果、方向感覚にすぐれた女性が増えていく、という流れがうまれてくるかもしれませんよ!?

なおる?なおせる?方向オンチ。

 ここまでじっくりと「方向オンチ」を分析してきましたが、
その締めくくりとして、方向オンチって克服できるのかどうかについてのお話を。

 前編で「認知地図」についてご紹介しましたが、この認知地図、私たちの頭の中では
記憶を司る「海馬」あたりに保存されているようだと考えられています。
複雑な地図を頭に入れしょっちゅうそれを検索している、ロンドンのタクシーの運転手さんは、
海馬が一般の人よりも発達しているそうです。しかも経験を積めば積むほど海馬は大きくなるとか。

つまり、空間能力は鍛えることで高くなっていく可能性を秘めているんです!

 方向感覚の研究に詳しい村越真氏によると、「日常の環境の中での注意の向け方や情報の使い方」を意識するだけでも、ある程度方向オンチが克服できるとか。
具体的には、「常に出発地や目的地の方向を意識すること」「どこからでも見えるランドマークがある場合、それとの位置関係を意識して歩くこと」
「道を歩くときは曲がり角にあるものに注意を向けること」「曲がったあとには振り返って、反対側からの見え方を確認すること」などが有効だそう。
さらに空間認知研究者の加藤義信氏によると、方向感覚のよい人と一緒に歩くという経験をすることは、自然にそのやり方を学ぶことができるて効果的とのこと。
方向オンチに悩む方は、ぜひ試してみてくださいね。私も早速実践中です。


 

 2回にわたりお送りしてきました「方向オンチの心理学」、いかがでしたでしょうか。
方向オンチの方々に、ちょっとでも共感していただける部分があれば、とても嬉しいです。
最後に、前述の村越真氏の著書の中で、なるほど~と思える文章をみつけたので、要約。


 「方向音痴の人は、それをアイデンティティーのひとつにしている。
だから、方向音痴をなおす手術のようなものを受けたとしても、そこに寂しさを感じ、再び方向音痴であることを選ぶかもしれない」


 間違ったり、ウロウロしたり、ヘンなところに出ちゃったりするのも、時には楽しいです、よね?
それでは、今回の「ココロ☆ラボ」はこのへんで。次回も道に迷うことなく、当研究所におこしくださいね!

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
05.25.
第76回 遠恋は実りにくい!?☆ボッサードの法則&単純接触の原理☆
だから、遠距離恋愛ってムズカシイ。でもそのココロを探ると、遠恋を乗り越えるためのヒントも見えてくる!
05.18.
第75回 子の性格は、親が作る!?☆養育態度による性格形成☆
アナタのその性格、いろんな意味で“親譲り”だって知ってました?親の育て方による子どもの性格への影響、わかりやすく説明してます!
05.11.
第74回 信じていいの、この占い。☆バーナム効果☆
占い好きの人も、そうじゃない人も!アナタの性格をズバリ当てちゃう不思議に迫ります!
05.04.
第73回 それはきっと、妄想の愛。☆ストーカーの心理☆
どんな人がストーカーになりやすい?どんな心理でその行為をはたらくの?実は他人事じゃ、ないんです。
04.27.
第72回 上司と部下のエレジー。☆職場でのストレス☆
職場にいる限り避けられない、上司と部下の複雑な上下関係。ぶっちゃけ、苦労が多いのは上司と部下、どっち!?
WRITERS NOTE
【NAME】後藤 未紀
ちょっと知りたい、相手の気持ち・自分の感情。日常のラブやライフに潜むいろいろな「ココロ」を分析します。当研究所に、ようこそ!
<< 2020年10月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031