私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.03.04.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ ポルカのコンプレックス

ポルカよポルカ、あなたの悩みはな~に?

  ポルカ(ポーランド女性)に美人が多いというのは、割と世界的に言われています。ポーランドに来る日本人も「はじめは皆美男美女に見える」とか、もっとすごい人になると「町中がブラピとジュリア・ロバーツ」(そりゃぁ、ないでしょう)というから、やっぱり美人の絶対数は多いのでしょう。
 
  けれども、皆がみんな、自分のルックスに自信があるかといえば、そうでもない。そこで、いったい彼女達が自分たちのルックスの何に文句があるのか、ちょっぴりお話しちゃいましょう。

これがポルカのコンプレックス!

日焼けサロンは、こちらのように美容院などとくっついていることが多々あります。よく見るのは、ビルの一角に入っている店舗ですが、こちらは珍しく「戸建て」の日焼けサロン。
日焼けサロンは、こちらのように美容院などとくっついていることが多々あります。よく見るのは、ビルの一角に入っている店舗ですが、こちらは珍しく「戸建て」の日焼けサロン。
こちら、中の様子。
美容院の奥に日焼け用の台があります。
こちら、中の様子。
美容院の奥に日焼け用の台があります。

色は壁色 真っ白け
 
 これでもか、と美白に時間と金を費やしている日本人には贅沢な悩みなんですけどね、彼女達の悩みはなかなか日焼けが簡単に出来ないこと。日焼けサロンにー生懸命通ったり、ニンジンジュースを一生懸命飲んだり(長期間飲むと、彼女達も白くなくなるけど、日焼けというよりはニンジン色)するけど、その効果と言ったら・・・。夏の午後に1時間散歩すれば真っ黒になる私などには時間と金の無駄という気もするのですが・・・。


実は整形手術もしてしまいます
  
 日本人女性の整形手術で一番多いのはまぶたの二重手術だそうですが、ポーランド人女性の中には鼻を直す人がちらほらいます。どう直すかといえば、大きい鼻を小さくする。大きいといっても横広がりというわけではありません。高すぎるのを削って低くするというなんとも、贅沢?な悩み。会社の同僚にもいました。数日間休みをとって、さっさと手術をして戻ってきました。確かに、顔のイメージが柔らかくなるけど・・・贅沢な悩みだ。


カラスの足跡・・・それはつまり皺


 ポーランドではカラスは足跡を残しません。それは鶏の足でございます。やはり、日本人に比べて比較的早い段階で目の周りに皴があらわれるポーランド人。目の周りの化粧品はそれはそれは豊富にでまわっています。化粧品もさることながら、定期的にスパのようなところへ出かけてパックをしてもらうポーランド人女性、働いている女性には結構います。


そして、切実なのは・・・痩せたい 
 
 食べ物の変化でしょうか。昔は本当に10代後半、20代のポーランド人女性のスタイルというのはため息が出るほどよかったのですが、最近は本当に豊満・・と言ったら聞こえがいいのですがお腹の出ている女性が急増。お腹が出ているのは本人達も分かっているそうです。じゃぁ、なんでそんなぴちぴちの服を着ているのかと疑問に思う日本人が結構いるそうですが、どうも、自分の自信がある部分を見せるのをよし、としている節があるみたいです。つまり、体が豊満だと、必然的にバストも豊満なわけで、そのバストの大きさを強調するためにぴちぴちのシャツなどを着ているというわけ。ここで、体の線を強調しない服を選びがちな日本人とはちょいとちがう。

あなたのコンプレックスは?

コンプレックスは「太りすぎ」と異口同音に答えてくれたティーンエイジャーの皆さん。
コンプレックスは「太りすぎ」と異口同音に答えてくれたティーンエイジャーの皆さん。
 
 やっぱり、どこの国の人も多かれ少なかれ自分の容姿にコンプレックスを抱くものなのですね。何気に親近感が沸いてきてしまいます。

 さて、今回紹介したポーランド女性のコンプレックスに全て該当した方、いらっしゃるでしょうか? いるとしたら、きっとあなたはヤポンカ(日本人女性)じゃなくてポルカに違いない!
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031