私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.02.11.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ ポーランド DE スパ体験

SPAへいざ出陣

SPAでの待合室。当日はすいていて、他の客とも特に顔を合わせることもなく、マイ SPA状態でした。


 先日、初めてポーランドのスパ体験をしてきました。行ってきた場所はこちら、ポーランドとチェコの国境沿いにある街 ZIELENIEC 。スキーリゾートのホテルSZAROTKAの一角、VItal & SPA 。
 
 原稿を書くため、と旦那を説き伏せて、家族をスキーに追いやった後、1人でなんと3コース堪能してまいりました。

SPAでの待合室。当日はすいていて、他の客とも特に顔を合わせることもなく、マイ SPA状態でした。

『海草は食べたことしか ありません』

私を担当してくれたエステシャンの皆さん。左の方ら、全身マッサージ、顔のピーリング、全身ピーリング。
私を担当してくれたエステシャンの皆さん。左の方ら、全身マッサージ、顔のピーリング、全身ピーリング。
 こちらで、全身コースを頼みますと、更衣室に案内されます。ここで、ふかふかのガウンに使い捨てのスリッパとTバックに着替えます。(この下着が嫌で旦那はスパ体験をあきらめました。もったいない!)そして、1回目にお願いしたのは、海草の全身ピーリング。

全身に海草のエキスというのでしょうか、それらしきものが塗りたくられます。海草とはいえども、なにげにプチプチ感がありました。そして、それを塗ってこすって、塗ってこすって。癒しのBGMもかすかに流れておりまして、そのうえ鼻腔をくすぐるいい匂い。
完全に至福のひと時でございます。
 
 エステシャンのおねえさんが、海草のすばらしさをとくとくと説いてくれるのですが、私が
『海草を体に塗ったのは初めてです。だいたい、私これ食べたことしかないので。』という一言で一瞬の沈黙。
 ポーランド人、海草を食べるという発想の無い人たちです。たいていの人は『うっ・・』と、つまりますが、さすがはプロ。すぐに
 『そうですね。これだけ美容にいいんですから、体の中から取り入れても効果があるでしょうね』と話をつづけます。
 海草パックを暫く体につけたままタオルをまかれ、ツタンカーメンのような状態で横になること10分ぐらいでしょうか。
 その後部屋についているシャワーを浴び海草エキスをおとし、再び台の上へ。この時点で肌が本当につるんつるん。耳にたこが出来るほど聞いていた『ゆで卵のうす側がはがれた状態』ってこれか、と実感。その後さらにオイルを体に塗りこまれ、意識が遠のいたところで突如頭の上から「ありがとうございました」。  ああ、終わりなのか。残念。

こねて、こねて、こねくり返されて

10部屋ぐらいあった、個室のうちの1つ。
10部屋ぐらいあった、個室のうちの1つ。
 
 数時間後、再びこちらでお世話になったのは全身マッサージ。日本にいる時からあんまや整体マッサージなどに興味があったのに利用する機会に恵まれませんでした。ものはついで、とこちらで一番オーソドックスなアロママッサージをお願いしました。実を言いますと、それほど期待はしていませんでした。が、見事に裏切られました。すごい!こちらのおねえさんのハンドパワー。

 今回も全身なので先ほどのガウンに着替えまして台に横になると、また癒しのBGMと香草の匂いが。そして、足の先からマッサージをするのですが、結構な指圧力。初めからそれだけとばしたら後半のマッサージが心配だと余計なことを考えていましたが、私の心配をよそにこちらのおねえさん、疲れ知らず。どうも血管に沿ってマッサージをしていたようなのですが、背中の辺りに来たときから私の意識はありませんので、なんともコメントのしようが無いのですが、こちらはお勧め。

 ここ最近、体に疲れがたまっていて、全体的に調子がよろしくなかったのでしたが(年のせいか?)体の邪気が出て行ったかのごとく、爽快感だけが残ります。

体の皮を剥いたら、顔もいっしょに・・・

担当エステシャンの方にとってもらった写真。『なんだったら、ビデオでもまわしてあげたのに』というお言葉を頂きました。
担当エステシャンの方にとってもらった写真。『なんだったら、ビデオでもまわしてあげたのに』というお言葉を頂きました。

 翌日、試したのは顔のピーリング。実は私、アレルギーもちの敏感肌。顔のピーリングは最後まで悩んだのですが、やるとなったらとことんやろうと、挑戦してきました。こちらは上半身だけ、服を脱いで備え付けのバスタオルを体に巻きつけます。
 
 まず、たっぷりと、滴るくらいのピーリング液を含んだ(と思われる)コットンで2度ほど、顔全体をふき取ります。この時にすこし、ピリピリ感がありますが、痛みはありません。その後、目の周りに筆らしきもので美容液をたっぷりとぬります。そして緑色のコラーゲン配合の液で顔にぴったりと張られたパックのうえに塗り壁のごとくにぬりこまれます。そして待つこと15分くらいでしょうか。パックをはがしたあと、マッサージとさらに何かのエキスをぬります。首筋の辺りもたっぷりとマッサージしてもらえます。

 こちらのコース、肌がプルプルになると同時に、美白効果もあります。よって、このコースの前に確認されるのですが『多少、色が落ちますけどけっこうですね?』
 ええ、もちろん。なにを聞いてくれるんですか、、と思ったけど、たしかに、ポーランドではわざわざ日焼けサロンに通う人が多いから、それでこのピーリングをしちゃうと意味がないのね。そこで、このような確認を取っているようです。


 どのコースも、終わるとサロンでお茶が用意されています。


 よく、白人用のピーリングはアジア人には刺激が強すぎるからやめたほうがいい、という話も聞きますが、今回体当たりというか、行き当たりばったりのSPA体験で、『サロンの質を選べば大丈夫』ということを実証いたしました。

 お値段の方ですが、円高の今(2009年2月月頭現在)今回ご紹介したどのコースでも日本円で7000円を越しません。
 ポーランドにこられた折には、スパ体験もどうぞ!

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930