私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.01.22.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メキシコで新生活スタート! 2 <ライフライン編>

生活を始めるのに必要なものって‥

 上の写真は先週お伝えした「町中を馬に乗ったカウボーイが‥」の様子。ちょうどタイミングよく通ってくれたので遅ればせながらご紹介。まだ10代の青年達ですね。近所の牧場からお散歩に来ているみたいです。

 
 さて、2008年11月中旬。
 テクノロジーの(おそらく)最先端のトウキョウからやって来た私にとってのライフラインとは、「ガス、水道、電気、電話、インターネット」。

 ガスは、全国的にプロパンガス。1本重さにして20数キロのプロパンは、2人家族で普通に使って2ヶ月は持つ。1本が320ペソ(=約2200円。) 中身が無くなったら、ガス会社に電話をすれば2~30分で配達してくれる。もしくは、1日に2回以上ガス会社がプロパンを何本も積んだトラックで家々を回ってくれるので、その時に呼び止める。「ちょいとお兄さん、一本くださいな」的に。すると、ガタイのいいあんちゃんがプロパンのタンクをパティオに設置していってくれる。この街では2つのガス会社が巡回販売をしていて、それぞれ違うタイプのガスを供給している。

水道、電気とも、登録と支払いは超簡単♪

電力会社の入り口に設置されているATM型の料金支払機。バーコードを読み取ってお金を入れるだけ。かんた~ん♪
電力会社の入り口に設置されているATM型の料金支払機。バーコードを読み取ってお金を入れるだけ。かんた~ん♪
お気に入り(?)のイケメンは今日はお休み。だけどみんな、さわやかな笑顔でうれしくなります!
お気に入り(?)のイケメンは今日はお休み。だけどみんな、さわやかな笑顔でうれしくなります!
 水道は、上下水道の使用料金が毎月、請求されることになっている。
 メーターチェック後に請求書がへろっと郵便受けに入っているので、それを持って街にある水道局のカウンターでお支払い。面白いのは、一年分の水道料金を前払いしておく事が出来る、という点。これは便利。で、支払済金額から毎回の料金が引かれ、「今回は○○ペソ分の利用、支払済分から差し引いて、残額は○○ペソ」と、明確に書かれている。

 電気も同様に、請求書がへろっと届く。
 電気は隔月請求。そんなに高くない。
 約2ヶ月、昼間もコンピューター使っていたし冷蔵庫は半壊状態で電気ばかり食って冷えなかったのに、日本円にして1000円。ほんと?後から「すいません、間違ってました」とか言わないでね。

 水道、電気ともに、登録時は単に、それぞれの会社に電話をして、住所と名前、使用開始日を告げるのみ。

 水道代、ガス代は、他の物価に比べて割高に感じられるそうで、無駄な出費を防ぎたい私としてはこまめに節水、節ガス?を心がけている。お財布に優しい生活は地球にも優しい、ということで。
 
 ただし、水道(蛇口から出るお水)は飲用に処理されてはいないので、料理に使う時には必ず沸騰させなければならない。
 Sex and the City
の映画版で、メキシカンリゾート滞在中のシャーロットがシャワーのお水を数滴飲んでしまってお腹を壊す、という描写があったが、あれは誇張。だけど水道水をそのままコップで飲むことは病院送りになりたくなければやってはいけません。

 なので飲用、または生野菜を最後にすすぐ時、美味しくお米を炊きたい時、リッチな気分の時(?)などには、ガスと同じように町中、住宅地問わず人の居る所を回ってくる「お水屋さん」の精製水を使う。この街にも数社が営業をしていて、大体20L入りのガラフォン1本が20ペソ。
 マッチョに日焼けした(そしてなぜかイケメンが多い?)お兄さん達が、20L=20kgのボトルをひょいっと肩に担いで玄関先(希望すれば家の中まで)まで届けてくれます。

繋がらない‥繋がらない‥

 しかし、「通信網」がけっこう手こずった。
 まず電話会社が、希望した日もその翌日も翌々日も、開設にやってこない。連絡をすると、なぜか、住所を間違えていた、とのこと。ん~~~、もう!!
 翌日、早速電話の開設におっちゃんがやって来て、屋上からラインを引き、ものの30分で開通。
 その後、電話会社のオフィスに出向き、電話回線を使ったインターネット開設を申し込むも「この地区ではまだできない」と敢えなく断念、ケーブルTV会社に望みを託す。
 まずは電話が来たので良しとしよう。けど、基本料金や国際電話料金が高い!もう電話、使わない!ネットで済ませよう!

 そして、一番必要としているインターネット。
 結局、ケーブルテレビを引いて、それと抱き合わせでネット回線を開く事に。
 この時、家中(割と広いので)どこでも使えるようにと「無線LAN」を希望したのだが、専用モデムの生産が追いつかないとかで未だそれはwaiting list扱い、ちょっと不便ではあるが一応ネット環境は整った。けれど、ネット環境(+ケーブルテレビ)が開設されるまで、申し込みをしてから2週間もかかった!この間、街に5件あるインターネットカフェへ三日と明けずに出向き、日本語の打てないマシンにてチマチマ、すっかりネットカフェのお姉ちゃんとも顔なじみになってしまった。

 何事も日本のように電話一本、ネットでの申し込みなどですすっと事が運ばないのがメキシコ。それでも、この小さな街でインターネットができるなんて数年前まで考えられなかった、と先人は言う。
 Viva Mexico, Viva Internet!


<次週はちょっと難しく、経済格差の実情について!>
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2018年5月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031