私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.01.19.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 英国のアフタヌーン・ティーを楽しむ

アフタヌーン・ティーの歴史

夏はガーデンでアフタヌーン・ティーを楽しめる
夏はガーデンでアフタヌーン・ティーを楽しめる

優雅なアフタヌーン・ティーのひとときを楽しむのが、古き良き英国のたしなみ。紅茶のお供に3段重ねのトレイにのって出されるサンドウィッチ、スコーンやケーキなどの軽食は、日本でもホテルなどでお馴染みの光景になっています。

元をたどればこのアフタヌーン・ティーの習慣は、単なる食事を目的としているものではなく、古くは上流階級の女性たちによる社交の場として行われていたものだったそうです。その歴史は意外と浅く、19世紀半ば頃に英国名門貴族のベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアによって広められたと言われています。

小腹が空いたらクリーム・ティーを

夕食前に3段トレイのアフタヌーン・ティーはちょっと重い…という方には、もちろんアフタヌーン・ティーを簡略化した「クリーム・ティー」という習慣もあります。こちらは、基本的に紅茶とスコーンの軽めのセットになっていて、スコーンにのせるクロテッド・クリームと苺ジャムが添えられます。

小腹が空いたらいざクリーム・ティー!! と行きたいところですが、英国情緒を味わえる場所でいただくのもアフタヌーン・ティーやクリーム・ティーを楽しむ大事な要素ではないでしょうか。都会の喧騒から離れ、こぢんまりとして可愛らしいたたずまいのコテージ・ホテルで、のんびりと過ごすクリーム・ティーの時間は本当に癒されるものです。

ゆっくりとした時間を楽しむ

オックスフォードの美しいコテージ・ホテルでアフタヌーン・ティー
オックスフォードの美しいコテージ・ホテルでアフタヌーン・ティー
スローライフを満喫することにかけては、右に出る者はいない(?)というイギリス人。オックスフォードにある美しいコテージ・ホテル“オールド・パーソネイジ”では、夏はガーデンのテーブルで日光を浴びながら、冬はエレガントに装飾された室内の暖炉の火にあたりながら、友人たちや同僚との会話をゆっくりと楽しむ彼らの姿が見られます。

オックスフォードの美しい街並みの中にあるこの小さな隠れ家は、私たちにとっておきの時間を提供してくれます。季節を感じることさえ忘れがちな日常生活に、ほんのひとときでも豊かな空間を与えてくれるアフタヌーン・ティーは、スコーンや紅茶以上のものを体験することができるような気がします。
Old Parsonage Hotel  オールド・パーソネイジ・ホテル
www.oldparsonage-hotel.co.uk
RESTAURANT & BARにてアフターヌーン・ティーを楽しむことができます。
【住所】1-3 Banbury Rd, Oxford, OX2 6NN, United Kingdom   TEL01865 292305  restaurant@oldparsonage-hotel.co.uk
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.17.
ロンドンを席巻する草間弥生アート!
ルイ・ヴィトンとのコラボで突如ロンドンに出現した草間ワールド!
09.02.
優雅で贅沢なロンドンを満喫!
5つ星ホテルでアフタヌーンティーをしよう!
08.20.
サマーホリデイでイギリスからヴェネチアへ
イギリスの人気観光地の一つヴェネチアを訪れました
08.06.
快進撃の五輪日本代表サッカー突撃レポート!
五輪に湧く英国でサッカー日本代表を応援してきました!
07.23.
ロンドン・オリンピックの聖火がやってきた!
わが街オックスフォードに聖火リレーがたってきました。
WRITERS NOTE
【NAME】山中彰子
イギリスのユニークなライフスタイル、ショッピングやグルメ情報など最新トレンドをレポートします
<< 2019年8月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031