私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2009.01.22.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 教えます! ちょっと変わったカナダの旅行スポット

ここへ行けば、カナダの食べ物事情は一目瞭然

ひろーい店内で、くだものや野菜がバラ売りされています。
ひろーい店内で、くだものや野菜がバラ売りされています。
海外旅行にでかけたら、どんなことをしますか? やはり、観光ガイドに掲載されているような、有名スポット巡りでしょうか? 日本からはるばる飛行機に乗って行くのですから、その土地でしか見ることのできない美しい建物や、雄大な自然などを楽しみたいのは当然ですね。その後は、現地の料理を食べて、お土産ショッピング。これに移動時間を加えると、きっと旅行スケジュールは、いっぱいになってしまうことでしょう。このような旅行は、あなたを心身ともにじゅうぶんリフレッシュさせてくれると思います。でも、もしあなたが、それだけじゃ物足りない、もっと現地の人たちの日常生活を垣間見る旅がしたいと思っているのなら、おすすめの場所があります。それは、スーパーマーケットです。
 
 

何もかもがビッグサイズ!

私がカナダに来たばかりのころは、スーパーに行くたびに驚きの連続でした。なんといっても、最初に目を引くのは、何もかもビッグサイズだということ! 店、駐車場、商品、ショッピングカート、そして買い物客と、すべてが日本のものにくらべると大きいのです。カナダでは、多くの人が週末にまとめてスーパーへ買出しに行くので、店内には、山のように商品を積んだショッピングカートを押して歩く人の姿がたくさん。そのショッピングカートは、それぞれ2段になっていて、例えば2歳児なら、6人くらい乗れそうなほど大きいのです。これに満載の食料ですから、どれくらいの量か、想像できますか?
 

日本でお馴染みのものが、こんな風に売っています

子どもに人気のバービー。そのケーキは、デザインも色使いもこんなに大胆!
子どもに人気のバービー。そのケーキは、デザインも色使いもこんなに大胆!
カナダでは、基本的にくだものや野菜はバラ売りです。買い物客は、欲しいものを好きな量だけ取って、店内備え付けのビニール袋へ入れ、レジへ持って行きます。だから、一人暮らしでも、大家族でも、必要な量だけ買うことができて便利。これなら、梱包にかかる費用と資源が節約でき、消費者の懐にはもちろん、環境にもやさしいですね。それから、ベーカリーコーナーに並ぶケーキは、これでもかというほどカラフルです。青や黄色、ピンクのクリームを見ると、とても体には入れたくないと思いますが、カナダの子どもたちには人気。色がきれいで甘ければ、子どもたちは大喜びです(3歳の娘も今、私の隣でバービーケーキの画像を見て、「ケーキ!」と興奮中です)。
 
冷凍ピザの種類が、こんなに豊富です。
冷凍ピザの種類が、こんなに豊富です。
冷凍食品売り場では、枕と見間違いそうなほど大きな袋に入った、ファミリーパックのフライドポテトや、何十種類ものピザが売っている一方で、コロッケや揚げ物などのように、お弁当のおかずになりそうなものは一切ありません。カナダには、日本のように手間をかけたお弁当文化はないので、必要ないのです。こういうところも、カナダの人々の食生活を表しているような気がします。
 
地元スーパーなら、メープルシロップも安い?
地元スーパーなら、メープルシロップも安い?
旅行のお土産をスーパーマーケットで揃えてしまうのも、1つのアイデアです。カナダ土産の定番、メープルシロップは、観光客相手の土産物店で買うよりも、おそらく価格が抑え目だと思います。そのほかにも、親しい人へのお土産なら、堅苦しく考えず、現地で日常的に食べられているお菓子を買っていくのも喜んでもらえるのではないでしょうか。パッケージのデザインや味について、後でいろいろと感想を聞くのも楽しそうですね。
 
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930