私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2012.09.04.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』

プルーン

原産地:コーカサス地方
主産地:長野県
おいしい時期:7月下旬~9月

 紀元前にはヨーロッパ地方で栽培されていたといわれる西洋すもものプルーン。日本では明治時代に食べられるまで育てるのが難しくあまり栽培されませんでした。近年、技術の発達や品種改良により生食のプルーンが7月の終わりから出荷され9月まで旬の季節の果物として楽しむことができます。ドライフルーツやジャムなどで見かけるプルーンですが、全国一の生産量を誇る長野県では、早生品種「アーリーリバー」・「オバール」・「トレジティ」、中生品種「シュガー」「ロードサージェン」・「パープルアイ」、晩生品種の「スタンレイ」・「サンブルーン」・「ベイレイ」・「プレジデント」と様々な品種が店頭に並んでいます。中でも「シュガー」・「サンプルーン」・「スタンレイ」が代表品種で店頭にて手に入りやすいものです。果皮や果肉の色や大きさには違いがありますが、プルーンは緻密にぎゅっとつまった果肉と糖度が高く食べやすいのが特徴です。プルーンには、ビタミンC・A・B1・B2、カルシウム・カリウム・鉄分などのビタミンミネラルが多く食物繊維も含まれています。これらの栄養素により貧血予防や疲労回復や便秘改善に良いといわれています。果皮にはりがあり香りが良いもの、傷や色にむらがないもの、重みのあるものを選びます。また白い粉は体に悪いものではなく『ブルーム』とよばれる果物が自分を守るためにだすろう物質です。水分が蒸発するのを防ぎ新鮮さを保つ働きがあります。この『ブルーム』は美味しい印でもあるので選ぶ時に気にかけてみましょう。プルーンは軸の周りの果皮にしわがでてきて柔らかくなったら食べ頃です。完熟していないものを購入した場合は常温で保存すると追塾が進み食べ頃になります。冷蔵庫で密封して保存すれば、完熟していないものは2週間ほどは日持ちします。熟したものは美味しい時に早めに食べきりましょう。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
04.09.
4月野菜果物料理『春キャベツのりんご酢漬け』『うどとサラダほうれん草のサラダ』『ウド皮のカレー風味フライ』『いちごの甘酒シャーベット』
キッチンや食卓テーブルにも春の香りをいっぱいにしましょう。4月野菜果物料理『春キャベツのりんご酢漬け』『うどとサラダほうれん草のサラダ』『ウド皮のカレー風味フライ』『いちごの甘酒シャーベット』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2017年11月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930