私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
極上のリラックスで美を磨け!アロマセラピーを体験
日々気づかない心身の疲労をリセット。心身ともに綺麗になりたい女性は必見。BONITA WRITERー志麻が、アロマとトリートメントのプロ『アロマセラピスト』によるアロマセラピー体験をご紹介いたします。
2009.01.28.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
リフレッシュしてますか?
『ス トレス』と『癒し』という言葉。テレビ、雑誌、インターネットなどのマスコミ媒体では、特集が組まれ、日常会話でも話題となります。みなさんは、リフレッ シュしていますか?私は『ストレス』をためる前に、色々リフレッシュしています。主にカフェでぼんやりしたり、よく寝たり、運動して体を動かしたりなど疲れた症状によってリフレッシュしています。新たなリフレッシュ法を探していたある日のことです。雑誌でみかけた『アロマセラピスト』の特集に興味を持ちました。『アロマセラピスト』とは、どんな人たちなのでしょうか?


今回はアロマセラピー&リラクゼーションサロン『maroon』にお伺いし、アロマセラピスト志村正恵さんによる『アロマセラピー』を体験し、インタビューさせていただきました。
アロマセラピー?アロマセラピスト?とは

志麻
――――『今回、maroonというお店に興味を持ったのは、セラピストが全員IFA認定アロマセラピストということでした。普通のセラピストと何が違うのですか?』

志村正恵(以下、志村)――――『私たちmaroonのセラピストは、IFA基準のもとでアロマセラピー理論、トリートメント技術、生理解剖学、自然療法などを学び、認定試験をパスしました。
IFAとは、1985年英国で設立された最古のアロマセラピスト団体で、資格保持者は、全世界に通用するアロマセラピストとして海外でも仕事ができるんですよ。』

志麻――――『難関な試験をパスされた方々なんですね。それでは、アロマセラピストが何をされている方か教えていただけますか?』

志村――――『まず、アロマセラピーからご説明します。植物から抽出したオイル、精油ともいいますが、これを使用してリラクゼーションやストレスケアに役立てる自然療法をいいます。私たちアロマセラピストは、その時のお客様の状態に応じて、一番のブレンドを施し、実際に手を肌に触れ(タッチング)、体の緊張を緩めることで、最高のリラックスへの導きをお手伝いしています。また、トリートメント後は、お客様がより良く日々過ごせるように、アロマセラピーを用いたホームケアや簡単なストレッチ、食生活のアドバイスをさせていただきます。』

志麻――――『ありがとうございます。改めてIFA認定アロマセラピストのいるサロンの貴重さを知りました。では、早速私もアロマセラピーを体験したいと思います。よろしくお願いします。』

次のページでは、BONITA messageライター志麻が実際にアロマセラピーを体験です。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
04.28.
おうちでちょっぴりアトリエ気分♪イラストレーター芳野さんと世界にひとつの雑貨作りを体験。
イラストレーター芳野さんと雑貨を作りを体験。おうちにある紙や糸、布の切れ端などで作る簡単な雑貨です。芳野さんの制作されるリトグラフのお話もお楽しみに♪♪♪
04.01.
女性に人気急上昇!ブラジルの民族楽器『バンデイロ』を体験。
女性に人気急上昇!ブラジルの民族楽器『バンデイロ』を体験!バンデイロ講師石田健二さんのハンドメイドのオリジナル楽器もご紹介します。温かいぬくもりのある楽器と演奏の魅力♪をお楽しみください。
02.18.
サイクリング講師佐々木恵美さんと横浜の街を走り抜ける。『食・健康・エコ』なサイクリングを体験。
サイクリング講師佐々木恵美さんと横浜の街をサイクリングを。おしゃれにリーズナブルに楽しめるコースでBONITA womanにおすすめ!食と健康とエコロジーにつながるサイクリングの魅力をお伝えします。
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2017年5月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031