私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2012.02.06.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 2月野菜果物料理『ピリッとからし菜のペースト』『アピオスと豆のサラダ』『きんかんのほっと*ドリンク』

2月野菜果物

からし菜

アブラナ科アブラナ属
原産地:中央アジア
主産地:北海道・東北・関東
おいしい時期:2月―4月

金沢伝統野菜に認定されている『からし菜』は、日本へは弥生時代に伝わり、別名『葉がらし』『菜がらし』といわれています。葉と茎を野菜として食用としますが、和からしの原料に種が使われるためからしのようなツーンとする香りとピリッとした独特な辛味を味わえる野菜です。この辛味を利用して、漬物やお浸しにして食べることが多いです。免疫力を高めるといわれるβーカロテンやビタミン類、高血圧予防に効果がるといわれるカリウム、骨を丈夫にするといわれるカルシウム、貧血予防に有効といわれる葉酸などが含まれる栄養価の高い野菜です。高い温度でゆでたりゆですぎたりすると辛味や風味を失いますので気をつけてゆでましょう。濃い緑色で葉肉が厚く色つやはりのものを選びます。湿らした新聞紙に包みポリ袋に入れ冷蔵庫で立てて保存します。さっと茹でて冷凍保存にしておくのもおすすめです。

アピオス

アピオス マメ科
原産地:北アメリカ
主産地:青森県八戸市
おいしい時期:1―3月

マメ科の植物であるアピオスは、北アメリカが原産地で栄養価が高く重要なエネルギー源としてインディアンが食していたといわれます。日本へは明治時代に伝わり「アメリカほどいも」といわれています。平成10年に青森県八戸市で本格的に栽培が始まり店頭などでみかけるようになりました。根に蓄えられた養分を食しますが、イモ類であるジャガイモと比較するとタンパク質3倍・鉄分4倍・食物繊維5倍・カルシウム20倍といわれこの他、ビタミンCやビタミンEが含まれています。根に秘めた栄養価がいっぱいつまったアピオスは、ここ数年注目を浴びています。皮をむかないで、塩ゆで、蒸す、炒める、揚げる、スープの具材など調理方法もバラエティに富んでいます。ほっくりと甘みのある味わいでどの料理でも美味しく味わうことができます。皮につやとはりがあるものを選び、乾燥しないように湿らした新聞紙に包みポリ袋に入れ涼しいところで保存します。すぐに調理しない場合は塩ゆでして冷凍保存もできます。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2020年2月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829