私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.12.15.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 穴場の博物館?不思議なコレクションがいっぱい

忙しいときこそ休日はのんびり

今年もあとわずか。師も走る忙しさ「師走」真っ只中も私はマイペースです。なんとちょっとへんてこな博物館に行ってきました。さすがにこんな時期だからか、マニアックすぎるからか、この博物館では私たち以外2組くらいしか見かけませんでした。でも、見ようによってはキッチュで面白いバルセロナのマイナーな名所ということで紹介します。

喧騒の中のオアシス。庭が印象的!

その名は、フレデリック・マレス博物館。フレデリック・マレスという地元カタルーニャ州出身の彫刻家のコレクションが地下1階から4階までにずらーっと並んでいます。場所はちょうどカテドラルの後ろ側辺り。

オレンジの木に囲まれた小さな噴水が目印で、夏にはオープンカフェもある雰囲気のいい庭があるので、バルセロナに来られたことがある人なら、通りがかったかもしれません。

カテドラルの周辺は小道なのに人が多くてとてもせわしないのですが、この庭にはまるでオアシスのように静かな時間が流れています。私も大好きな場所なのですが、今回初めてその奥にある建物、フレデリック・マレス博物館に入ってみました。

続々並ぶキリスト像にびっくり

キリスト像といっても一点一点何もかも異なります
キリスト像といっても一点一点何もかも異なります
まずは1階から。お菓子のおまけくらいの大きさのミニチュアの彫刻が棚に並んでいます。紀元前5世紀ごろのものだとか。ちょっと埴輪に似て愛嬌があります。その1つめの棚だけでも50個はあるのですが、館内は余るところなしに棚が並んでいます。

11世紀~12世紀のローマ時代の石の彫刻などがあったかと思うと、いきなり歩いても歩いても十字架に吊るされたキリスト像ばかりでてきました。13世紀~14世紀のゴシック時代のもののようですが、比較的広い部屋も、小さく仕切られた部屋も、あるのは壁に掲げられたキリスト像ばかり。そんな調子で1階は終了。

さすが彫刻家!なアートなコレクション

こんな大きな作品を集めるのは置き場所にも困ったはず
こんな大きな作品を集めるのは置き場所にも困ったはず
2階も同じように宗教関連の彫刻が続きます。ゴシック調、16世紀のルネッサンス、17~18世紀のバロック、19世紀のカタルーニャのものと、いろんな時代のものが。吊るされたキリスト像だけで100体くらいはあったでしょうか。ここまで見ただけでもフレデリックさんの収集家としての執念がうかがえました。が、驚いたのはここからです。

超マニアックな収集の世界へ

鍵にもいろんな形のものがあるものです。
鍵にもいろんな形のものがあるものです。
3階からはアーティストの枠を超えて、完全な個人の収集の世界が広がっています。怖いくらいマニアック!なんと、扇、葉巻のパイプ、時計、髪飾り、写真や何かのパッケージのイラストなど細々したものから、鉄の仮面や銃、剣に弓、なぜかドライフラワー。はさみやピンセット、工具、鍵、カメラなどがそれぞれ何十、もののよっては何百も飾られてあるのです。図書館まであります。

ほとんど全て個人のコレクションだなんて。ちなみにこの博物館に入りきらなかったそうで、いくつもの他の博物館にも寄贈されています。アンティーク好きな方には楽しいかも!

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
08.30.
意外な穴場。陶器博物館へ!
スペインにも様々な陶器があります。今回はそんな陶器の歴史が分かる博物館を訪れました
08.16.
感動をありがとう、ロンドンオリンピック
日本では寝不足の人続出だったロンドンオリンピック。さてスペインでの盛り上りは?
07.30.
バルセロナでシーフード!
バルセロナではどこでどんなシーフードが食べられるの?そんな疑問にお答えします!
07.11.
フルーツが真っ盛り!夏のバルセロナ
夏のバルセロナのお愉しみはビーチだけではありません。他のシーズンに比べるとフルーツの種類がとっても豊富!
06.28.
バルセロナ、徒歩以外で観光するなら!
バス、地下鉄にタクシー定番の乗り物以外の今よく見かける乗り物?をご紹介!
WRITERS NOTE
【NAME】秦 真紀子
いろんな事を習うのが好き。バルセロナではスペイン語だけじゃなく、地方の公用語のカタルーニャ語や料理、製菓、ワイン、貿易やフラメンコに首を突っ込みました。いろんな角度からバルセロナの情報をお届けしたいと思います。
<< 2020年2月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829