私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.10.27.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆寒村の選択

 プエルト・バジャルタから北上すること約40km。
 ハリスコ州からお隣ナヤリ州に入り、Sayulitaサユリータという街に今回は滞在します。

 ちょうど昨年の メ的☆熱海?から、今年初海の 冬だって海!ビーチに魚を食べにいく週末旅  間に点在する小さなビーチタウンの一番南側にあたります。
 そう、今回はこの一体をチェックしよう、というのが目的。

丘の上のしずかな貸家でした
丘の上のしずかな貸家でした
海辺なのに冷凍白身のケチャップあえ〜
海辺なのに冷凍白身のケチャップあえ〜
早口にビジネスについてゴンゴン語ってました
早口にビジネスについてゴンゴン語ってました
 サユリータの街に午前中に着いたのですが、お目当てのお宿にたどり着けない!
 宿の管理人に電話をして街の中心プラサに迎えにきてもらうことになりました。先ほどからぐ〜るぐると小さな街を回っていて気がついたのですが、ここ、スペイン語よりも英語表記のほうが多いのでは??

 入り江、浜辺を見下ろせる高台にあるお宿は、カリフォルニアに住む女性がオーナー。
 一年のほぼ半分(秋、冬の間)をここで過ごしているお宅のゲストルームを開放している。
 荷物を置いて再びプラサに歩いて行くことにする。
 ん〜、裏道はいつも通りの「メキシコ」なのに、表通りは「アメリカ」的。だってレストランの看板が英語表記、Tacos de Mariscos(海鮮タコス)だって「FISH TACO」なんだもん!

 どうしたんだ、この街は!静かなメキシコの漁村に泊まり、海鮮三昧のはずなのに!

 気を取り直してビーチのレストランに。

 席についてメニューを見た途端、驚いた。

 メニューが読めない!

 超意表をついた「英語メニュー」に驚き、頭を英語チャンネルに合わせるのに数秒かかる。
 で、出て来たビールにまた驚き。
 瓶の口にリモンが刺さってますよ!アメリカや日本のバーではおなじみですが、メキシコではこれはしません。
 それが!ここはアメリカですか!

 覚悟して頼んだ「エビと白身魚の悪魔風」は、本来、薫製唐辛子とニンニクを効かせたコクと辛みソースの一品。

 出て来たものは‥ケチャップ和え!
 しかもフレンチフライが付いてる!ありえへん!
 そしてお値段は驚愕リゾート価格の100ペソ(600円ほど)ありえへん!!

 もう判りました。ここはアメリカ、カナダなどの「北国」の人用なんだ、と。

 店の人に「こんなんいやや、換えて!」と言う元気もなくし、ちんまり出されたチレをどばどばかけて食べるも、悲しみは一向に収まらず。

 となりのテーブルに陣取った人達ははじめからスペイン語など一言も発さずに、ビジネスについて喧々囂々。

観光客で成り立つとはこういうこと

看板も英語表記が目立ち
看板も英語表記が目立ち
夜のバーはまさに「北」仕様。
夜のバーはまさに「北」仕様。
「ここに来なくちゃね!」と書いてあるレストランですが。。。
「ここに来なくちゃね!」と書いてあるレストランですが。。。
 店の隣で「僕むかしハリウッドで音楽関係やってたよ」風なオヤジの時代遅れ選曲に乗せて歌う地元かわい子ちゃんの歌がよけい悲しみに拍車をかけます。
 
 彼女がチップのカゴを持って席に来た時に聞きました。

 「私はこの村で生まれ育った。子供の頃はこんなに賑やかではなかったけど、ここ10年程で変わって来たみたい。今はここで歌を歌っているけど、将来は都会に出て歌いたい。」


 店の外で客待ちをしていたタクシーの運ちゃんも「アメリカなんかで昔ヒッピーやっていた世代が、年金もらえるようになってやっぱり今でもヒッピーやりたくてここに来たんだろう。土地と家を買って、一年の半分はここで、同じようなリタイア組を対象に貸家や小さなホテル、レストランやってるんだ。いいよべつに。人がくれば俺たちの仕事だって増える。」と、手でお金のサインをだしながら「お客が来て生活が良くなったんだから」と言う。

 たしかに、この小さな村の英語率は異様なほど。それだけ、英語ができないと死活問題になるからだ。(もう少し北に行った他のビーチタウンには、ケベックなどカナダのフランス語圏からの人が多く来るので、こんどは英語・フランス語・スペイン語の3語標記になるのだそうだ。)

 そして、食メニューもかなり「北」寄りなことは否めない。
 そうする事でお客さんが来るのなら、チレなしメニューだってオシャレなバゲット&カフェオレ朝食だって出します。ビールにリモンも刺します。

 メキシコのメキシコ的な部分は各々が家でやればよし。
 ここに来る「北」の皆さんはこってこてメキシコを求めて来ているのではなく、この気候と雰囲気だけを求めているのであって、「本物」が欲しい訳ではない。
 (その後、私は路地裏のメキシコ人用定食屋で食事してました。)

メキシコらしさか迎合か

素敵な場所、ではあります。
素敵な場所、ではあります。
 近隣ビーチを回る。
 どれほど「北国さん迎合経済発展作戦」が浸透しているのか。

 各地、その「熱」に差はあるものの、それをしていない村は明らかに観光客がいない。
 メキシコがありのままのメキシコでいる場所には、「北」の観光客は来ないのだ。それだけは明白に判る。

 今回、のんびりビーチ♪なんて思っていた所にガツンと一撃を食らったようなこの旅。
 メキシコに住んで3年ですが、まだまだ発見は続くのです。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031