私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.10.13.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 南仏プロヴァンス・後編

エクスから行くリュベロン地方

鷲の巣村の代表、ボニューの全景
鷲の巣村の代表、ボニューの全景
後編は、リュベロン地方です。リュベロン地方とは、プロヴァンス地方の内陸に存在し、小さな村が点在する地方です。行政区的な地方ではなく、リュベロン地方には「鷲の巣村」と呼ばれる段状の丘にできた村が数多くあり、美しい村として選出されている所も多い人気の観光地となっています。

北はゴルド、ルシヨン、南はボニュー、メネルブなどの村があり、20年前にイギリスの作家ピーター・メイルがこの地を舞台にした小説を出版し世界中でベストセラーになりました。当時はその影響で多くの観光客が詰めかけたとか。

リュベロン巡りはエクスカーションが便利

古い石壁がそのまま残るオペード・ド・ヴュー
古い石壁がそのまま残るオペード・ド・ヴュー
そんな人気のリュベロン地方ですが、公共交通機関が発達していないので、車がなければバス移動かエクスカーションに参加することになります。バスが1番安い手段ですが、オンシーズンにも関わらず、どの路線も1日に2〜3本という不便さ。必然的にエクスカーションで村めぐり、となります。

エクスからのリュベロン地方へのエクスカーションは、火曜日にボニュー、メネルブ、ラコスト、オペード・ル・ヴューを廻る半日ツアー、金曜日にはルールマラン、ルシヨン、セナンク修道院、ゴルドを巡る半日ツアーがあります。今回は日程の関係で火曜日のコースに参加です。本当はゴルドとルシヨンに行きたかったのですが。。。仕方ありません。

このツアーは、4つの村をガイド付きで13:30〜19:00の間に巡るコース。その間は、フランス語と英語でガイドさんが親切丁寧に説明してくれます。それぞれの村では30分〜1時間くらいの自由時間があるので、好きな場所でじっくり見る事も可能です。

4つの中でいちばん都会(?)な村、ボニュー

ところどころにある家や店が可愛らしい
ところどころにある家や店が可愛らしい
最初の村は小さなお店が集まるボニュー。村に着く手前で車から降ろしてもらい、まずは村の全景をバックに記念写真。この段状の丘にできた集落が有名な「鷲の巣村」。フランスには数多く存在しますが、中でもここ南仏プロヴァンスに集中しています。

ボニューは観光案内所もあり、今回訪れた中で一番規模が大きい村でした。丘の上にあるテラスからは絶景が広がっていて、ここでランチをしたり一杯飲むのがおすすめ。頂上の古い教会から、長い階段や坂道を下りながら19世紀の新しい教会までのんびりと歩くのが気持ちよいです。

それぞれに特徴のあるラコスト、メネルブ、オペード

ワインとトリュフが楽しめる村、メネルブ
ワインとトリュフが楽しめる村、メネルブ
次は、頂上にあるお城からの景色が絶景のラコスト。このお城はサド侯爵が住んでいたことで有名ですが、今は美術館となっています。ワイン&トリュフ博物館とニコラ・デステイルの家があるメネルブは、景色のよい町並が続く可愛らしい村。

そして教会が頂上にあり、行く道にはローマ時代の石壁がそのまま残されている最後の村、オペード・ル・ヴュー。緑多い道を歩いているだけで、いにしえの時代にタイムトリップしたような気分になります。
メネルブからの絶景
メネルブからの絶景
オペードの頂上にある教会
オペードの頂上にある教会

個性豊かなリュベロンの村たち

オペードに着いた途端タイムトリップしたような感覚に
オペードに着いた途端タイムトリップしたような感覚に
それぞれに個性があり、田舎特有ののどかさだけでなく、鷲の巣村とよばれる、外から見ると段になった丘の集落、古い石畳や石壁、四角くてパステルカラーをした建物など……魅力に溢れているリュベロン地方。南仏プロヴァンスの代名詞ともいえるこの地方、夏にフランスに訪れる機会があったら、是非行ってみて下さいね。

Luberon  リュベロン地方
www.luberon-en-provence.com
エクサンプロヴァンス発のエクスカーション
http://www.aixenprovencetourism.com/aix-excursions.htm

    

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
WRITERS NOTE
【NAME】野口 裕子
美味しいものが大好きな自称パリ・パトローラー。パリのステキな雰囲気や楽しさをお伝えできればと思っています。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031