私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.10.03.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 10月の野菜果物料『とろりきのこの赤みそおじや』『きのこともちきびの香菜炒め』『りんごと人参の甘煮』

りんご

写真は今年のお気に入りのりんご『シナノレッド』早生種。長野県果樹試験場で、『つがる』×『ビスタベラ』をかけあわせた品種。果汁がたっぷり香りが豊か。最初の食感は硬めの果肉と思いきやとろけるように柔らかくお口の中に広がります。
写真は今年のお気に入りのりんご『シナノレッド』早生種。長野県果樹試験場で、『つがる』×『ビスタベラ』をかけあわせた品種。果汁がたっぷり香りが豊か。最初の食感は硬めの果肉と思いきやとろけるように柔らかくお口の中に広がります。
主産地:青森県・長野県・岩手県 旬9月~11月
栄養成分:カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維・ビタミンC・リンゴ酸・クエン酸

アダムとイブが食した最古の果物といわれるりんご。栄養価が高く『1日1個のりんごは医者を遠ざける』ということわざがあるほどです。現在食べているりんごは明治時代に輸入されたものです。表面のべたべたや白い粉は、りんご自身が作り出すろう物質で、果皮の表面を守り鮮度を保つためのものです。農薬と誤認されている方もいるかもしれませんが、このベタベタはむしろ美味しい証です。腸を整えるペクチンを含み、甘酸っぱいリンゴ酸は、炎症を抑える働き、咳を止める働き、粘膜を保護する働きがあるといわれ、疲労回復にもおすすめです。持った時に重みがあり果皮につやがあるもの、軸が太くしっかりしているもの、色が全体に回っているものを選びます。おしりのくぼみが深いものは甘みがあるといわれています。長期保存したい時は、乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。リンゴが放出するエチレンガスは野菜果物の追熟させる効果もあります。リンゴとジャガイモを一緒にビニール袋に保存するとジャガイモの芽を抑えることができジャガイモも長く保存できます。

品種改良も進み、さまざまな品種が8月頃から出回ります。果皮の色合い、香り、食感、果汁、甘みと酸味のバランスなど品種によって異なります。とくに旬の10月~11月はりんごの出回りも最盛期ですので、お気にいりのりんごを見つけてみてはいかかでしょうか?
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2020年7月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031