私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.10.03.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 10月の野菜果物料『とろりきのこの赤みそおじや』『きのこともちきびの香菜炒め』『りんごと人参の甘煮』

10月の野菜果物

きのこ類

 秋の味覚代表のきのこ類は、生しいたけ、まいたけ、えのきたけ、なめこ、しめじ、えりんぎなど食用のきのこは栽培きのこです。低カロリーで食物繊維が豊富。炭水化物・脂肪・タンパク質の代謝に働くビタミンB群が豊富です。ビタミンD効果のあるエルゴステロールを含むのでカルシウムの吸収を助ける働きもあります。きのこ類は、洗わず軽く湿らした布巾などで軽くふきます。水で洗ってしまうと香りとうまみが損なわれてしまうからです。カサが開く前の新鮮な状態で調理ます。湿気に弱いので包装のままもしくはラップで密封して冷蔵庫で保存しましょう 。
 
*写真:時計まわりに。足付なめこ・生しいたけ・エリンギ・えのきたけ・まいたけ・ぶなしめじ

生しいたけ『干すことで栄養価もアップ。』

おいしい時期:春と秋
栄養成分:ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・エルゴステロール・レンチナン

生しいたけに含まれるエルゴステロールは、紫外線にあたるとカルシウムの吸収や骨の形成に必要なビタミンDに変化するため干したしいたけは、さらに栄養価がアップします。免疫細胞を活性化させるといわれるβ―グルカンの一種レンチナンが含まれています。しいたけに含まれるうまみ成分のグルタミン酸は加熱するとアップするのでだし汁にもおすすめです。全体的によくかわき軸が太くカサが開いていないもの、ひだが変色しておらず傷のないものを選びましょう。

まいたけ 『コリッととした歯ごたえと香りを楽しむきのこ』

おいしい時期:10~11月
栄養成分:ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・エルゴステロール

ビタミンB群・エルゴステロールの他にもカリウム・鉄・亜鉛などのミネラルも含みβ―グルカンも豊富です。肉厚でバリっとしているものを選びましょう。

なめこ 『ネバネバパワーのきのこ』

おいしい時期:9~11月
栄養成分:ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・カリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・レンチナン

他のきのこにはないぬめりが特徴的。このぬめり成分は水溶性食物繊維のムチンで山いも・オクラに含まれるネバネバと同じです。消化を助け、胃の粘膜を保護する働きがあるといわれています。他にもカルシウム・鉄・銅・マグネシウムのミネラルが豊富です。調理する前にごみや汚れをザルに入れてさっと洗い流します。汁物や加熱調理に使用する際は、そのまま使い、和え物などに使う時はゆでてから使います。カサがひらいておらずビニール袋の水が濁っていないものを選びます。傷みやすいので早めに使いきりましょう。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2020年7月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031