私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.08.24.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的「茶」の心

茶、をメキシコに

 華やかなモールの一角にしっとりとした空間
 華やかなモールの一角にしっとりとした空間
 メキシコ人の大好きな飲み物は、豊富に取れるフルーツをミキサーで水と混ぜる「フルーツ水」と、消費量ナンバー1を世界に誇るコカ・コーラ、そしてそれに続くその他炭酸清涼飲料。

 2年前、「メキシコにはカフェが少ない!」という記事を書きましたが、その後、オシャレ地区にはカフェが増え、ショッピングモールには必ずあのスターバックス(およびソレ系のカフェ)が入るようになりました。

 そしてついに!アメリカ東海岸に拠点を置く「お茶」のカフェが、ここグアダラハラにもオープン。

 このTEAVANA、世界中の「茶葉」を使った様々な飲料が楽しめる、体の休憩とメンタル的な休憩を売りにしたカフェ、一体どうなのよ?ということで行ってきました。

100種以上のブレンドを常時ご用意

ずらりと並べられているブレンド
ずらりと並べられているブレンド
キッチンもミニマムに見せ、シックにまとまっています
キッチンもミニマムに見せ、シックにまとまっています
 全体的にベージュとブラウンを使用し、照明を落とした静かな空間を作り出し、ゆったりと一杯のお茶を楽しんで頂こうという、いかにもメキシコのハイソな人々が気に入りそうな作り。
 原色ばりばりの「ザ・メキシカン」とは異なる面持ち。

 メニューの多さにまずびっくり。
 100種類近いブレンド茶は「白茶系、緑茶系、ウーロン系、紅茶系、ハーブティー系、ルイボス系、マテ茶系」に分けられ、丸い茶筒に入り並べられています。

 緑茶系のシンプルな物には「玉露、煎茶、玄米茶、抹茶」のラインアップ、その他、日本では考えつかないようなドライフルーツと併せたブレンドや、中国の高山茶的なものもあり、おもわず「へ〜〜〜」とカウンターで唸ってしまいました。

 こちらのお店では量り売りや茶器の販売もあるので、カウンターで注文する際は「ここで」を一言。その際に「くるだろうな」と思っていた通りの質問が。 
 「ミルクやお砂糖はお使いになられますか?」
 おいおいおいおい、と苦笑いも「日本人ですから」と。
 茶の国日本から来たんです、茶には砂糖もミルクもいれません。

 メキシコでは、飲料には必ず砂糖を入れるので、上の質問は当然でしょうね。

茶器も取り揃えております

さまざまな産地、種類の急須がギャラリーのように展示されています
さまざまな産地、種類の急須がギャラリーのように展示されています
げ!高い!でもこちらの人の目にはアートに映るんでしょうね
げ!高い!でもこちらの人の目にはアートに映るんでしょうね
 他の系統の茶葉も、様々なドライフルーツと組み合わせて風味を換えており、それはそれで楽しめるでしょう。

 メニューカードにはその効能も書かれているので、すべてをじっくり読むにはかなり時間がかかりそう。この日はあまり時間がなかったので目の前にあったウーロン系をチョイス。内臓の脂落としたいし。。。

 待つ事15分。けっこう待ちます。
 そして高価な45ペソ(=320円)。
 これ、ちょっとした街角の定食屋さんの「今日のおすすめランチ」の値段くらいしますよ。

 その間、店内に販売目的で陳列されている茶器などをチェック。

 南部鉄瓶から瀬戸物の急須、台湾式の「底の穴からお湯を入れる」タイプの急須も並べられており、アジア茶器を初めて目にするようなメキシコ人にとってはちょっとした「博物館」。ただ、お値段が。。。

 中国の蓋・こし器つきマグカップがペアで780ペソ(=約5500円)って、高価すぎるでしょ!

 ちょっと笑いそうになった「湯沸かし保温ポット」は、メキシコではまず見かけないものですが、こちらも日本製でしかも2000ペソ(=約15000円)ありえへん!

 でも、お店に来られる松クラスの皆さんにはうけるんでしょうな。

 その他にも、「使い方、わかるのかい?」と疑問な抹茶用茶筅と耐熱ガラスの茶碗セット(茶筅だけで150ペソ、約1000円)もあり、このお店が「茶バージン」の人から「茶玄人」の人にまで門戸を開いている事が判ります。

 そうか、日本の家に普通にある「茶筒」も、ここに置かれると数段階クラスアップされて見えるから不思議。オリエンタルなものって「未知の領域」なので新鮮で珍しいのよね。

茶筒もここではアートっぽい商品に格上げ
茶筒もここではアートっぽい商品に格上げ
ポット発見!懐かしい!
ポット発見!懐かしい!

お茶が来ました。が。。

やはり器で飲みたかった、お茶。。。今後に期待!
やはり器で飲みたかった、お茶。。。今後に期待!
 さて、私のお茶が出来ました。
 が、ショック。 
 店内でいただくのに、紙コップ。。。。
 あまりのショックに、写真を取り忘れました。
 せめて店内のお客さんには陶器で出してほしかった。批評するつもりはないけれど、茶と茶の心を謳うのならそこら編まできっちりやってほしかった。。。

 でも、味と温度は良かったので、今度は茶葉を買いに行きたいと思います。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
関連コンテンツ
07.30.
メ的☆カフェ事情
ちょっとお茶でも?がけっこう難しいかも?メキシコのカフェ事情!
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2020年4月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930