私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.01.28.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 『エンジェル ウォーズ』 邦題決定!!

『300』のザック・スナイダーが描く ―そこは全ての想像を超越した世界!


『エンジェル ウォーズ』

邦題決定!!

 
 映画『エンジェル ウォーズ(原題:サッカーパンチ)』はある若い女性が暗い現実から逃避するために作り出した鮮烈な想像の世界で繰り広げられる壮大なアクションファンタジー映画である。

 彼女は時間や場所の境界線に捉われず思うままに動き回ることができる。そして、鮮烈な想像の世界で繰り広げられる壮大なアドベンチャーの中で現実と想像の境目を見失う。

 ベイビードール(エミリー・ブラウニング)は自身の意思とは裏腹にその世界に閉じ込められてしまうのだが、生きて帰るという意思は捨てていなかった。彼女は自由を求めて戦う事を決心する。 そしてその悲惨な運命と、彼女たちを捕らえているブルー(オスカー・アイザック)、マダム・ゴースキー(カーラ・グジーノ)、そしてハイローラー(ジョン・ハム)の手から逃れるために4人の女性、辛口な性格のロケット(ジェナ・マローン)、スマートなブロンディー(ヴァネッサ・ハジェンズ)、恐ろしいほどに気高いアンバー(ジェイミー・チャン)と素っ気無い性格のスイートピー(アビー・コーニッシュ) を集結させる。
 
 ベイビードールを筆頭に4人の女性たちはバーチャル兵器を駆使してサムライや悪魔が襲いかかる幻想的な戦いに挑む。この驚くべき想像の世界の中でワイズマン(スコット・グレン)の援助を受け、もし成功するのであれば彼女たちは自由を手に入れる事ができる。そして、彼女たちは生き残るために何を犠牲にするかという決断にも迫られる。

 ザック・スナイダー(『ウォッチメン』、『300』)のクリエイティブなビジョンから生まれた映画『エンジェル ウォーズ』にはエミリー・ブラウニング(『The Uninvited』)、アビー・コーニッシュ(『Bright Star』)、ジェナ・マローン(『イントゥザワイルド』)、ヴァネッサ・ハジェンズ(『ハイスクールミュージカル』映画)、そしてジェイミー・チャン(『Sorority Row』)を含む若手俳優のアンサンブルキャスト が出演。

 メインキャストにはオスカー・アイザック(『ロビンフッド』)、カーラ・グギーノ(『ウォッチメン』、ジョン・ハム(『ザ・タウン』、テレビ番組『マッドメン』)、そしてスコット・グレン(『ボーン・アルティメイタム』)も参加している。

 脚本はザック・スナイダーの原案を元にスティーブ・シブヤが担当。ザック・スナイダーとデボラ・スナイダーはトーマス・タル、ウェスリー・カラー、ジョン・ジャシュニ、クリス・デファリア、ジム・ロウと共に制作を担当、製作総指揮はウイリアム・フェイ。

 クリエイティブチームにはアカデミー賞受賞を誇る美術担当のリック・カーター(『アバター』)、撮影監督として『ウォッチメン』、『300』のベテラン撮影監督、ラリー・フォン、編集にウィリアム・ホイ、そして衣装にマイケル・ウィルキンソンが担当。音楽はタイラー・ベイツ、そしてマリアス・デヴリーズが担当。

 『サッカーパンチ』はレジェンダリー・ピクチャーズ、ザック・スナイダーのクルーエル・アンド・アンユージュアルが共同制作しワーナー・ブラザース・ピクチャーズにより提供される。
ワーナー・ブラザース・ピクチャーズにより配給される。日本の公開は2011年4月15日を予定。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930