私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2011.01.06.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 新年@メキシコ

あけましておめでとうございます。

メキシコで迎える新年も3回目になりました。初めての事ばかりで「へぇ〜〜、ほぉ〜〜〜」状態だった私も少し慣れて来て、今年はいろいろなことが見えて来ました。メキシコの「年越し」をお伝えしましょう。

2日連続のクリスマスを終えた次は、すぐに年越しの準備。
教会の年越しミサですこし厳かになったあとは、家族で集まって新年を祝います。

そこで大切なのが「下着」。
 
大晦日の日付が変る時に、下着の色で願掛けをするのです。
大切なのは、その下着(上でも下でも)が「1. 贈られたものであること。 2.新品であること。」だ、そうで。。。(ああ、これを知らずに自前のを履いていた私は今年はご利益なし、か?涙)

赤は恋愛運アップ、黄色は金運アップ。
なので12月に入るころから町中で赤や黄色の下着が売り出されはじめ、なんだかハデハデしくなっていきます。


12粒のブドウ

12秒に12粒たべるだけで精一杯!
12秒に12粒たべるだけで精一杯!

日本では除夜の鐘ですが、こちらでは日付が変る前の12秒間(ん〜、ちょっと間延びしている、と考えてください)に教会の鐘が12回鳴り響きます。

そして、スペイン統治時代から伝わっているしきたりがこちら。
その12回の鐘の音に併せて12粒のブドウを12の願い事をしながら食べて行きます。

へ〜、そんなのかんた〜ん♪と高をくくっていたらこれがけっこう大変。ブドウで口が一杯で、願い事をするなんてすっかり忘れていました。あ〜あ。

新年のお祈り

かんぱ〜い♪
かんぱ〜い♪

家族みんなでグラスを掲げて新年を祝ったら、今年の願い事、抱負をみんなで言って行きます。

ふんふん、と聞いていたら「じゃあ次!」と指名されてあたあた。

へへへ、でも日本語で言っておきました「みんなの健康と安全、学業やお仕事の成功を」と。初めて聞く日本語に、みんな驚いていました。(役得?)

新年のプレゼント

これがレンズ豆。日本でも手に入りますよ。
これがレンズ豆。日本でも手に入りますよ。
お財布にころころと入れておきます。お金がもっと入ってくるように、って。
お財布にころころと入れておきます。お金がもっと入ってくるように、って。

ここで小さなプレゼントが家長から配られます。
お仕事をしている人達に一人ずつ、一握りの「マメ」。

このマメはレンズ豆といって、その形がお金に似ている事からプレゼントされたレンズ豆をお財布に入れておくといいんですって。
 
もう一つ。
なにか羊に関連したもの(マスコットや小さなぬいぐるみなど)を、玄関の内側の取手にくっつけておくと、幸運を呼び込むんですって。

新年(真夜中ですが)の食事は、家族がめいめいに持ち寄った料理でわいわいと過ごして行きます。

が!ちょ〜〜〜っとまった〜〜!!

新しい年になって初めての食事はまずは「レンズ豆のスープ」から!(と、タコスにかぶりつく前に止められました)

先ほど、お財布にいれたレンズ豆ですが、これをトマトとタマネギのスープでゆっくり煮て、たっぷりのシラントロ(コリアンダー)を加えたほくほく体に優しいスープをいただきます。縁起物なので少量で十分。

今年一年の天気を占う?

そのほか、言い伝えとして「新年の最初の12日間の天気はその年の12ヶ月の天気を示す」とされています。

先日1月2日に3ヶ月振りに雨が(ほんの一瞬ですが)降ったので、2月は雨が多くなるんだとか。へ〜〜〜

さあ2011年、どんな年になることやら。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2021年3月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031