私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.12.09.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メキシコ的☆読書の秋

 以前、「メキシコには本屋がないのか!」と嘆きの記事を書きました。
 メキシコでは、「本は高い→高いから読まない→読まないから売れない→売れないから高くなる」の本デフレスパイラルがあり、お隣アメリカの読書癖だけは影響していないのが実情です。

今年の招待国はスペイン
今年の招待国はスペイン
 そんなメキシコですが、グアダラハラでは毎年11月の末に一週間かけて巨大ブックフェアが行われるので、いそいそと出かけて来ました。

 Feria Internacional del Libro de Guadalajara (グアダラハラ国際ブックフェア、通称FILフィル)は、スペインとラテンアメリカのスペイン語圏内最大級のブックフェアで、毎年国内外から多くの出版社を招いて行われます。その数軽く400社以上!!!

 会場も、グアダラハラ市内にあるEXPO Guadalajara(東京ビッグサイトのようなものです)を全館みっちりと使っているので、今回初参戦となる私はみんなから「広いから疲れない靴で」と言われました。

いつもの本屋さんもこれくらい盛況だといいのにね
いつもの本屋さんもこれくらい盛況だといいのにね
 確かに!

 そして、訪れた日は開催中盤の木曜日。運が悪いのか毎日この時間帯はそうなのか、この日は市内の小〜高校の生徒達が学校ごとバスで乗り付けて「本を買いましょう校外学習」をしており、会場は子供達でぎしぎし!

 真面目に本を見て買い集めている子供もいれば、自由時間の延長でデート気分のカップルもいたり、おやつばかり食べていたり。まあ、いいですけど。

各部門みっちり取り揃えております

すでに「本屋」の域を越えた不思議グッズコーナー
すでに「本屋」の域を越えた不思議グッズコーナー
こどもが本に見入っている姿っていいですね〜
こどもが本に見入っている姿っていいですね〜
 会場は、国内出版社部門と海外出版社部門に別れています。
 
 といっても、メキシコ国内純メキシコ産の出版書籍はさほど多くないので、大部分を世界的な大手出版社のメキシコ支店が占拠。

 それでも、目に入るものがすべて書籍!というのは元活字中毒者にとってはもうどうして良いか判らない程の情報量で、嬉しい限り。

 医学、数学、物理の専門書(古巣出版社のNY支店が来てた♪)コーナーは、多くの人が本を物色しているのにシンと静まりかえり、まるで大学の図書館のよう。売っているブースの人達(大抵このイベント専用のアルバイトさん)よりもお客さんのほうが詳しいだろうし。 

 水晶やソレ系のグッズも揃えた「不思議系」ブースでは、熱心に見ているお客さんも不思議系。

 幼児書コーナーは、知育グッズもあるので子供が遊んだり絵本をここで読めるようにプレイグラウンド的に作り込んでいたり(これ、海外書店では良くあるのです)。

やはり人気の日本産マンガ

 「ここはアキバか!!??」と驚いたのは、日本のアニメ、マンガ関連本を置いている書店。

 「まんが描き方入門」的な本がなんと平積みですよ!シリーズをずらりとならべて平積み!

 きちんとコピーライトも取ってスペイン語に訳され、ページも逆になったマンガもずらり!
 
 この分量には驚いた。都内のちょっとした本屋さんと同じ規模のマンガコーナー。いかにマンガ、アニメ人気が高いか、が判りますね。
萌え系もメキシコで人気、というのがちょっと意外
萌え系もメキシコで人気、というのがちょっと意外
アレとかコレとか。AKIRAは反射的に手に取ろうとしちゃった
アレとかコレとか。AKIRAは反射的に手に取ろうとしちゃった

安ければ買う!

 なぜこれだけの来場者なのか。

 それは当然価格が安いから。

 市場価格の2〜3割引きで、国内で手に入る(そしていつもは入らない)すべての本がそこにある、と思って良いでしょう、それだけの品揃え。行かない読書の虫はいませんよね。

 私はなんとか700ペソ(といっても5000円未満。こちらの物価にして12000円くらい)の消費で済みましたが、友人はなんと3000ペソも使った、とか。まあ、普段の書店で買うより安いしね。

 読書の秋、という日本っぽい風情はありませんが、この「戦利品」、嬉しいもんです。

積み方も芸術的だわ〜
積み方も芸術的だわ〜
地元TV局も期間通して本と作家の紹介を生で発信
地元TV局も期間通して本と作家の紹介を生で発信
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031