私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.11.25.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 毎年見られる国民的症状? カナダのクリスマス熱

11月だ! さあ、クリスマス!

 ハロウィンが終わった途端、店で扱う商品がいっせいにクリスマス関連に入れ替わるカナダ。その様子は、クリスマスから一夜明けるとお正月ムードに切り替わる日本にも似ています。

 クリスマスに向けて消費者の財布の紐が緩むこの時期は、カナダビジネスのかきいれどき。売り上げは年間売上の3分の1から2分の1を占めるといいますから、どの小売店もクリスマス商戦には並々ならぬ気合が入っています。

巨大な胡桃割り人形が人目を引く、とある店内。
巨大な胡桃割り人形が人目を引く、とある店内。
手元に届くカタログも、すっかりクリスマスムード。
手元に届くカタログも、すっかりクリスマスムード。

クリスマスを思う存分楽しむカナダの人々

リース付きの鐘がかわいかったので、思わず購入。
リース付きの鐘がかわいかったので、思わず購入。
 気合が入るのは商売ばかりではありません。この時期は、多くのカナダ人たちがまるで熱にでも浮かされているかのように、ウキウキとクリスマス準備を始めます。

 わが家の近所でも、あの家この家と次々にクリスマスデコレーションを飾り始めました。屋根の端にライトをつけるのは基本中の基本。点滅する巨大なプレゼントや紅白の杖、トナカイ、サンタクロース、雪だるまなど、こんなものいったいどこで仕入れてきたのかと思わせる、派手なネオンのような飾りを敷地内に置く家もあります。

クリスマスでも仕事はしっかり! ・・・なんて無理な話?

 この時期、職場などでよく耳にするのが「クリスマス前だから仕事のペースが落ちる」という、冗談とも本気ともつかない話。カナダ人の夫も、例えばお役所関係の手続きについてなど「この時期はみんな浮かれて仕事が手に付かないから、処理されるのはたぶん年が明けてからだ」と当たり前のように言います。最初それを聞いたときにはまさかと驚きましたが、カナダ暮らしが長くなるにつれて私も納得するようになりました(笑)。

クリスマスチョコレートはパッケージがかわいくて、見ていて飽きません。
クリスマスチョコレートはパッケージがかわいくて、見ていて飽きません。
ココアだって、クリスマスならこんなデザインに変身!
ココアだって、クリスマスならこんなデザインに変身!

カナダのクリスマスを楽しみたいならこの時期がおすすめ

 もし、みなさんの中にクリスマスを楽しみたくてカナダに来る方があれば、11月半ばからクリスマスまでをおすすめします。特に今はまだ雪が降っていませんし、街はすでにクリスマス一色です。ショッピングもきっと楽しいと思いますよ。雪が降っていたほうがロマンチックですが、その頃になるとかなり寒いので覚悟して来てください。日本と違って、カナダではクリスマスを家族と過ごすので、当日は店が閉まり街は閑散とします。

クリスマスといえばシュトレン。シュトレンといえばドイツ。ということで、今年はドイツ食品店で、一足早くシュトレンを買ってきました。
クリスマスといえばシュトレン。シュトレンといえばドイツ。ということで、今年はドイツ食品店で、一足早くシュトレンを買ってきました。
中はレーズンがぎっしりつまって、素朴な味わいです。
中はレーズンがぎっしりつまって、素朴な味わいです。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031