私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.09.30.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ カナダで「日本人」として生きる?

日本からの移民

 移民の国カナダには、もちろん日本から移ってきた人たちがいます。私のようにカナダ人との結婚が理由の人もいれば、一家そろってカナダへ移住した人、留学後そのままカナダで就職して暮らす人など、理由はさまざま。

 このように何らかの事情でカナダへ移ってきた日本人に加えて、カナダで日本人の親のもとに生まれた日系カナダ人もいます。

 カナダで日本の文化を紹介したり、楽しんだりしたい在留邦人や日系カナダ人は多く、オンタリオ州ではトロントをはじめ、都市部で日系文化会館などの団体を見かけます。私が住む地域にもあったので、先日さっそく見学へ行ってきました。


日系グループの活動

 私たちが出かけたのは、オープンハウスといって、日系文化会館を一般に公開していた日。建物の中に入ってすぐの受付で、見かけは日本人のおばあさんにきれいな英語で話しかけられました。中へ進むと、陶芸教室、日本舞踊、日本語、空手、柔道、合気道などの案内が見られます。

 カフェテリアでは、手作りのおにぎり、やきそば、カレーライス、串カツ、まんじゅうなどが販売されていました。どれもとっても懐かしい味ばかりなのに、交わされる会話はすべて英語。割烹着を身につけたおばさんたちが忙しそうに働くのを見ながら、不思議な感じがしました。

 ほかの地域の日系文化会館には、日本語を母語とする人たちもたくさん参加しています。私の行ったところが、たまたま英語しか話さないカナダ生まれの2世、3世の参加が多かったようです。


入り口には日本からの置き物が並べられて、日本人には懐かしい雰囲気です。
入り口には日本からの置き物が並べられて、日本人には懐かしい雰囲気です。
ポスターはもちろん英語で。
ポスターはもちろん英語で。

カナダにおける日本人の歴史

 記録によると、カナダに移住した最初の日本人は、1877年に西側のブリティッシュ・コロンビア州にやってきた永野 万蔵という人です。長崎からやってきました。

 当時の日本人移住者はバンクーバーの日本人街などを中心に住んでいましたが、第2次世界大戦が始まると、敵国日本と関係のある日系カナダ人は日本生まれの1世、カナダで生まれた2世を問わず、カナダ政府に財産を没収され、抑留されます。


カナダで日舞という日本文化を守り、伝え続けるみなさん。
カナダで日舞という日本文化を守り、伝え続けるみなさん。
合気道や空手はカナダでもおなじみの武道。
合気道や空手はカナダでもおなじみの武道。
 そのときのつらい体験から、カナダの日本人は、中華街に住む中国人たちのように集まって住まなくなったと聞いたことがあります。

 真偽のほどはわかりませんが、移民権やカナダ国籍を持ちながら政府から不当に扱われたことは、それだけ大きな心の傷を当時の在留日本人と日系人に残したのでしょう。

 私は、個人的に何人か抑留された世代の方々を知っています。みなさんカナダで成功して、人間的にも立派な方ばかりです。

 きっと今の私たちには想像もつかないような試練を乗り越えて、ここカナダに大きな根を広げられたのだろうと思います。


第二次世界大戦中の日系カナダ人迫害の真相を描いた、ジョイ・コガワの小説「失われた祖国」。
第二次世界大戦中の日系カナダ人迫害の真相を描いた、ジョイ・コガワの小説「失われた祖国」。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2018年10月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031