私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.09.16.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 近所に発見! 動植物保護地域

すぐそこに自然がある暮らし

 我が家から車で5分ほどの所にある、動植物保護地域へ散歩に出かけました。

 カナダ暮らしの贅沢なところは、ちょっと足を伸ばせばすぐに自然の中で楽しむことができる点。

 この日は、あいにくの雨模様で肌寒かったのですが、近郊から遊びに来ていた義姉夫婦とともに、ランチ後の腹ごなしに出かけました。

自然の中には発見がいっぱい

 こんなところに保護地域があったのかと思うほど、森を抜けたところに突然、案内の看板が見えてきました。

 車でゲートを過ぎると、カナダサイズのピクニックエリアが広々と整備されているのが見えます。

 一度に何組ものグループが楽しめるようになっているのは、さすが土地のたっぷりあるカナダならでは。

 夏も終わりのこの日は閑散としていて人影はまばらでしたが、逆に静かでのんびりできました。

ビーチやあずまやなど、自然を楽しむための施設がたくさん。
ビーチやあずまやなど、自然を楽しむための施設がたくさん。
ピクニック用の一区画。ちなみに区画Aから始まって、ここはF。
ピクニック用の一区画。ちなみに区画Aから始まって、ここはF。

 遊園地のような大きな仕掛けやゲームセンターのようなゲームがなくても、子どもたちは大喜び。

 花をつんだり、小石や葉っぱを拾ったり、道端に野生の鹿のフンを発見したり、とても楽しそうでした。

 私もパソコンやテレビ、掃除機など、テクノロジーから完全に切り離されて、すっかりリラックス。

 自然の持つ癒しの力に、あらためて感心しました。

森の中に突然現れた湖。
森の中に突然現れた湖。
湖畔ではBBQもできます。
湖畔ではBBQもできます。

「自然」だけにこだわり過ぎない柔軟さ

 湖があったので、まずは水辺まで行って水の中をチェック。

 残念ながら魚は見えませんでしたが、ここでは釣りもできます。

 ただし、保護地域なので捕まえた魚は逃がさなくてはなりません。

 湖沿いにはハイキングコースがあったので、私たちはそこを散歩しました。

ハイキングコースはこちら。
ハイキングコースはこちら。
森の中を歩くと、心が洗われるようです。
森の中を歩くと、心が洗われるようです。

 この保護地域は、子供連れで来る人たちのために遊具のある公園や小さなウォーターパークなど、子どもを飽きさせない仕掛けもいろいろあります。

 私たちが行った日は上着が必要なほど寒かったので、さすがにウォーターパークは閉鎖されていましたが、子どもたちは公園で思い切り遊びました。

野生のラズベリー、発見!
野生のラズベリー、発見!
こんなウォーターパークがあれば、子どもたちは喜びそうです。
こんなウォーターパークがあれば、子どもたちは喜びそうです。

 今年の夏は忙しくて、この保護地域の存在にすら気づきませんでした。

 でも、来年は子どもたちを連れて、家族で遊びに来ようと思います。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2019年9月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930