私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2008.12.19.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 女を磨くマナー講座Vol.4:女子力アップの食事のマナー「洋食編」

フォーマルシーンでも多々登場、「洋食マナー」はマスト!

前回の「食事のマナー:和食編」に続き、今回は「洋食編」をお届けいたします。


近年は和食以上に日本人の生活の中に浸透している洋食。
結婚式やパーティなど、フォーマルなシーンでも多々登場しますね。

しっかりと正しい洋食のマナーを身に付けて、一目置かれるスマートな女性を目指しましょう。

 

ナイフやフォーク、間違ってもあわてずに

洋食では、置かれてあるナイフやフォークは外側から順番に使うというのはみなさんご存知ですよね。

■一般的なフルコースの場合は
右手の外側から順に:スープスプーン・オードブル用ナイフ・魚用ナイフ・肉用ナイフ
左手の外側から順に:オードブル用フォーク・魚用フォーク・肉用フォーク 
というのが定番です。

しかし、万が一間違ってしまっても大丈夫。
ウェイターがさりげなく取り替えてくれるのを待ちましょう。
あわてたり騒いだりせず、常に余裕のある振る舞いを見せるのも、大人のマナーのひとつです。

■ナイフとフォークをお皿の上に「ハ」の字に置くのは、「もう食べられませんのでさげてください」の合図です。
料理を残してしまったときに、残った料理をお皿の向こう側に寄せるのも、それと同じ合図になります。


■シルバー類のとなりに置かれたナプキンですが、これは口元や手の汚れをぬぐうものです。
襟にかけたり、ひざにかけるものではありませんのでご注意を。

使った後のナプキンは汚れた部分が見えないように、使った面を内側にしてたたんでおきましょう。

飲み物の受け取り方&断り方は?

ウェイターに飲み物を注いでもらうときには、グラスはテーブルの上に置いたままにします。
手でグラスを持ってボトルのほうに差し出す必要はありません。
これ以上欲しくない場合は、グラスのふちにそっと指を添えるのが合図です。

スープは「飲み物」ではなく「食べる物」

簡単なようで意外と難しいのがスープの飲み方です。
基本的に欧米では、スープは「飲み物」ではなく「食べる物」という考え方なのです。
音を立てて吸い込んだりせず、口の中でしっかりと味わいながらいただきましょう。

スープをすくうときには、手前から向こう側へすくいます。
残りが少なくなったらお皿の手前を少し持ち上げて、お皿をかたむけて全部いただきましょう!

お肉、魚、パン、それぞれのスマートな食べ方

魚料理や肉料理をいただくときには、そのつど、一口大に切り分けながらいただきましょう。最初に全部まとめて切ってはいけません。
切りにくいお肉は、ナイフをお肉に対して45度くらいに傾けて、上から下に引くようにすると切りやすくなります。
骨付き肉と一緒に、フィンガーボールが添えられている場合がありますが、そのときは手を使って食べてもOKという合図です。


魚料理は表面を食べ終えたら、骨を取って裏面をいただきましょう。食べにくいからといって、魚の身をひっくり返してはいけません。また、頭から尻尾の方に向かって食べるのもマナーのひとつです。

料理に添えられているパンは、一口大にちぎりながらいただきましょう。かごなどにまとめて盛られているパンは、パン皿がない場合はそのままテーブルクロスの上に置いて大丈夫。その際、ちぎった面は他の人に見えないように自分の方に向て置くようにしましょう。

食事が楽しかったという気持ちを伝えて、満点!

洋食のフルコースの最後は、コーヒーか紅茶をいただいて終了です。

カップについた口紅をきちんとぬぐって、スプーンをカップの向こう側に置いて「ごちそうさま」。

今日の食事がとても楽しいひと時であったことを同席した方々に笑顔で伝え、気持ちよく食事を終了させましょう!
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
04.14.
女を磨くマナー講座vol,10:たまには手紙を書いてみませんか?
すっかりメール文化が普筆跡や便箋の選び方など、メールと違って手紙からは書き手の人柄や真心が伝わります。ご無沙汰している友人への季節の挨拶や、何かをいただいたときのお礼状など、手紙を活用してみましょう。
03.06.
女を磨くマナー講座vol,9:始めてみましょう!四季の挨拶
四季の挨拶、最近はメールで済ませる人も多くなっているのだとか。しかし、日頃から本当にお世話になっている人達には、相手が心から喜んでいただけるような贈り物をしたいですよね。
02.27.
女を磨くマナー講座vol,8:今更聞けない?冠婚葬祭マナー
年齢を重ねるごとに増えていく、冠婚葬祭への参加。服装やご祝儀や香典の渡し方など、冠婚葬祭にはそれぞれ独特のしきたりが存在します。
02.13.
女を磨くマナー講座vol,7:パーティでのマナー
最近は結婚式がカジュアル化した立食形式のレストランウエディングなども増えてきています。このようなシーンでよりスマートな振る舞いができるよう、パーティでのマナーもきちんと身に付けておきましょう!
01.30.
女を磨くマナー講座Vol,6:彼の実家に招かれたときのマナー
付き合っている恋人との期間が長くなれば、ある日彼のご実家に招待されることがあるかもしれません。そんなときに避けられないのが彼の両親とのご対面。
WRITERS NOTE
【NAME】中野 有子
頑張る女性たちの「しあわせ」をお手伝いしたい! マナー講師の資格を生かして、主に「ワーク」と「ビューティ」のカテゴリーを担当します。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930