私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.09.01.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 9月の野菜果物料理『ゴーヤのそば飯』『かぼちゃとしょうがの緑茶蒸し』『ピーマンの白和え』『梨味噌だんご』

ゴーヤ〜沖縄野菜でおなじみ。クセになる苦みとビタミンCが特徴的〜

旬:6月〜9月/産地:沖縄県、宮崎県、鹿児島県

 夏にすっかりおなじみの沖縄野菜ゴーヤは、ツルレイシとも呼ばれる『にがうり』です。ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムを含みます。ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴的です。

 くせになるゴーヤの苦みはモモルデシンという成分。食欲増進、血糖値降下の効果があるといわれています。

 夏の暑さによる疲労が残るこの時期にもラストスパートで食べたい野菜です。濃い緑色でイボがつぶれておらずしっかりしているものを選びましょう。ビニール袋に入れて保存し、使いかけものものは綺麗に種とワタをくりぬきラップで包んで冷蔵庫で保存します。

日本梨〜品種ごとに味覚も色々、産地ブランドも楽しめる果物〜

旬:9月〜10月下旬/産地:千葉県 茨城県 鳥取県 福島県

 梨は、日本では弥生時代には食され日本書記にも記述のある歴史の古い果物です。日本の主流である『日本梨』は、果皮が黄色い赤梨と果皮が黄緑色の青梨があります。赤梨の代表品種は『幸水』『豊水』、青梨の代表品種は『二十世紀』です。また、交配により色々な品種が登場し種々な味覚を楽しめる果物です。

 赤梨の代表品種『幸水』と青梨の代表品種『二十世紀』を交配した『秋栄』という新品種もあります。千葉県産『白井の幸水梨』 栃木県産『にっこり梨』 鳥取県産『二十世紀梨』など産地ブランドの梨もあり、是非食べ比べて楽しみたい果物です。

 梨は水分でできていますが、食物繊維やソルビトールを含むことにより便秘改善、カリウムにより利尿作用や血圧予防に、果糖は疲労回復に効果があるといわれています。シャリッとした果肉の食感は、リグニンとペントザンという成分からできた石細胞によるものです。どっしりと重く形が良いものを選びビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.04.
9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
秋の訪れを感じながら夏の疲れた体を野菜と果物でメンテナンスしましょう。9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』
07.30.
8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
07.02.
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
06.01.
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
04.30.
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
WRITERS NOTE
【NAME】日々野志麻
野菜ソムリエ:湿疹のできやすい体質により野菜果物を中心とした玄米菜食の食生活を心がけるようになりました。こちらに掲載のレシピは動物性の食品をほぼ使用していないベジフルレシピをご紹介しています。ダイエットを気にされている方、野菜果物をたくさん食べたいという方にもおすすめです。 【今までのお仕事歴】 月刊 地球環境(日本工業新聞社)/実践エコアイディアブック(生涯学習ユーキャン)エコ活動ナビ(中央経済社)unicooking(富山版・和歌山版)/東京都下水道局ダイエットレシピ GRANSTA TOKYO 百果百菜ジュース商品開発(ビーツのバナナミルク/りんご3兄弟ヨーグルト/まろやかマミルク/スチューベンヨーグルト)/子供向け食育講師など。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930