私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.08.23.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 夏休み特集Ⅲ!悲劇の歴史を背負ったロンドン塔

ロンドン塔の歴史

 エリザベス1世(1533-1603)やその母であるアン・ブーリン(1507-1536)を描いた映画などで、ロンドン塔について耳にしたことがある方もいると思います。家族や側近に対して暴君であったエリザベス1世の父、ヘンリー八世(1491-1547)が次々と妻や側近を処刑したことでも知られるロンドン塔。血なまぐさい歴史とともに近年ではロンドンの心霊スポットとしても話題になったりしています。

 もともとロンドン塔は城塞として建設されたそうです。ウィリアム1世がロンドンを外敵から守るために堅固な要塞の建設を命じ、その後3世代目に完成しています。ロンドン塔はジェームス1世の時代(1625年)まで国王が住居する宮殿として使用されていましたが、1282年ごろより身分の高い政治犯を幽閉、また処刑したりするようになっていたと言われています。14世紀ごろからは処刑場としての役割が色濃くなって行きます。
ではロンドン塔に入ってみましょう!
ではロンドン塔に入ってみましょう!
遠くからも見えるホワイト・タワー
遠くからも見えるホワイト・タワー

アン・ブ―リンの亡霊も…

 ロンドン塔で多くの粛清を行った人物として知られているのが、英国王のヘンリー八世ではないでしょうか。彼に処刑された人物として最も有名なのが、彼の2番目の妻アン・ブーリンでしょう。近年、彼女を描いた映画が公開されたのでご存知の方も多いと思います。

 ヘンリー八世は最初の妻キャサリンとの離婚を反対した側近トマス・モアをロンドン塔のタワー・ヒルで処刑。キャサリンの侍女であったアン・ブーリンと再婚し(のちにエリザベス1世となる女の子をもうけ)ますが男の子が授からないことに苛立ち始め、遂には反逆罪でアン・ブーリンをタワー・グリーンで処刑してしまいます。

 4番目の妻となるアン・オブ・クレーブスを王は気に入らず、彼女を強く推薦した側近のトマス・クロムウェルはタワー・ヒルにて、5番目の妻でアン・ブーリンの従姉妹でもあるキャサリン・ハワードはタワー・グリーンにて処刑されています。このように血塗られた歴史を持つロンドン塔では、今でもアン・ブーリンの亡霊が出ると噂になっています。
処刑される人は皆この入り口から船で入る
処刑される人は皆この入り口から船で入る
礼拝堂もあります
礼拝堂もあります

イギリス王室の宝箱!

 現在のロンドン塔は、イギリス王室が所有する宮殿の一つとして世界各国から多くの観光客が訪れる人気観光スポットとなっています。

 ロンドン塔の目玉となっているのが、塔に保管されている「カナリン(別名:偉大なアフリカの星)」と言われる世界最大のダイアモンド。なんと530.20カラットもあるそうです!カナリンは1907年に南アフリカのトランスヴァール共和国から英国王のエドワード7世へ66歳の誕生日ブレゼントとして贈られたものだそうです。それ以来イギリス王室が保管し、ロンドン塔で公開展示されています。
イギリスの歴史を語る上でも重要な戦争関連展示も
イギリスの歴史を語る上でも重要な戦争関連展示も
お土産屋さんの中に今も残る古い井戸
お土産屋さんの中に今も残る古い井戸
王室が保管する歴史的展示物にも注目
王室が保管する歴史的展示物にも注目
女王陛下の所有物は衛兵がしっかりお守りします
女王陛下の所有物は衛兵がしっかりお守りします
 その他、ロンドン塔ではイギリス王室が所有する歴史的な武器や鎧、王室の宝石類などが見学できるようになっています。中世から続く、イギリス王室の光と影をご覧になりたい方は是非ロンドン塔に足を運んでみてください。




  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.17.
ロンドンを席巻する草間弥生アート!
ルイ・ヴィトンとのコラボで突如ロンドンに出現した草間ワールド!
09.02.
優雅で贅沢なロンドンを満喫!
5つ星ホテルでアフタヌーンティーをしよう!
08.20.
サマーホリデイでイギリスからヴェネチアへ
イギリスの人気観光地の一つヴェネチアを訪れました
08.06.
快進撃の五輪日本代表サッカー突撃レポート!
五輪に湧く英国でサッカー日本代表を応援してきました!
07.23.
ロンドン・オリンピックの聖火がやってきた!
わが街オックスフォードに聖火リレーがたってきました。
WRITERS NOTE
【NAME】山中彰子
イギリスのユニークなライフスタイル、ショッピングやグルメ情報など最新トレンドをレポートします
<< 2019年10月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031