私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.07.22.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 農民たちの秘められた歴史

1815年から始まった、英国とアイルランドからの大規模移民

歴史の舞台となった通り、ローマ通り(Roman Line)。
歴史の舞台となった通り、ローマ通り(Roman Line)。
 舞台は、19世紀半ばのオンタリオ州にあるルーカンという小さな町。

 当時はまだカナダが国家としてイギリスから独立しておらず、英国やスコットランド、アイルランドなどから多くの移民が、新天地を求めて続々とカナダへやって来ました。英国議会に公認された土地開発会社、カナダ・カンパニーを通して、多くの人々が比較的安価でカナダまでの航海チケットやカナダの土地を手に入れることができたのです。つまり、英国議会が国民にカナダへの移住を奨励していたということでしょう。

アイルランドからの移住者、ドネリー一家

ローマ通り沿いに建てられた、セント・パトリック教会。
ローマ通り沿いに建てられた、セント・パトリック教会。
 19世紀半ばのカナダでは、移民は同郷者同士で集まって、お互いに助け合いながら新しい土地にコミュニティーを築くことが多かったようです。

 アイルランド系ローマカトリック教徒が多く移り住んだ、ルーカン町のある通りは、通称ローマ通り(Roman Line)と呼ばれていました。そこにアイルランドからある家族(夫婦と男の子1人)が移民してきます。この家族が後に「The Black Donnellys」と呼ばれる悪名高いドネリー家でした。

理屈や道理の通じない男、ジェームス・ドネリー

 お金のなかったジェームス・ドネリーは、土地の所有者が祖国にいたのをいいことに、ローマ通り沿いの他人の土地に無許可で小屋を建てて開墾し、10年ほど住み続けます。貧しい移民の多かった当時は、このような実力行使もよくあったようです。

 最終的にジェームスは、売買によって新たにこの土地を所有したパトリック・ファーエルと裁判で争いましたが、ジェームスが10年間住み続けて開墾した事実が認められて、一部の土地所有権を得ました。取り分が少ないと不満なジェームスと、購入したにも関わらず土地をジェームスに譲らなければならなかったパトリック。二人の間にトラブルが起こるのは、時間の問題でした。

 ある日ジェームスは、酔った勢いの口論の末にパトリックを殺害します。すぐに逃亡するものの、2年後に自首。極刑を減刑されて、7年間の懲役となりました。
教会の歴史について書かれています。カトリック教徒がこの地域に住みだしたのは、1840年代とのこと。
教会の歴史について書かれています。カトリック教徒がこの地域に住みだしたのは、1840年代とのこと。
墓地側から望む、セント・パトリック教会
墓地側から望む、セント・パトリック教会

乱暴で野蛮な7人の息子たち

 ジェームスには7人の息子(と娘1人)がいましたが、この息子たちが親に負けないほど乱暴で野蛮でした。

 駅馬車ビジネスを家族で始めたときには、夜間にライバル社の馬車に火をつけたり、馬を滅多打ちにしたりなどはざら。そればかりか、兄弟で郵便局へ強盗に入ったり、他人の納屋に火をつけたり、誰かを殺したりと、それはそれは今日の私たちには想像できないような悪行を繰り返します。結果、町中の嫌われ者になりました。

 そしてある日、我慢の限界に達した町の人たちは、計画的にドネリー家を襲います。そしてジェームスと妻、息子たちなど、計5人を殺害しました。巡査や牧師も関わっていたと言いますから、いわば町公認の殺人です。
ドネリー家のお墓。もとの墓石が壊された後、新たに建てられたもの。
ドネリー家のお墓。もとの墓石が壊された後、新たに建てられたもの。
ファーエル家の墓。もしかしてジェームスに殺害されたパトリックと関係があるかもしれません。
ファーエル家の墓。もしかしてジェームスに殺害されたパトリックと関係があるかもしれません。

今もさまようドネリー家の男たち?

 ドネリー家5人の死後、塔のように立派な墓石が立てられましたが、それは誰かの手によって倒されました(それほど嫌われていたようです)。今も夜になると、ドネリー家の男たちがどこかの納屋に火をつけに行くのか、ローマ通りには馬の鳴き声や蹄の音が響くそうです。
ドネリー家の男たちの馬の蹄が聞こえる(?)、ローマ通り。
ドネリー家の男たちの馬の蹄が聞こえる(?)、ローマ通り。
ローマ通り沿いには、ドネリー家が住んでいました。その跡地には、今も人が住んでいます。
ローマ通り沿いには、ドネリー家が住んでいました。その跡地には、今も人が住んでいます。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
03.31.
計画停電で思い出した、カナダでの長い夜
2003年8月、アメリカのニューヨーク一帯からオンタリオ州にかけて、大停電が起こりました。
03.17.
世界は広い! カナダでは通用しない、日本の常識
夫と結婚したとき、市役所で入籍手続きをするものだとばかり思っていました。ところが・・・。
03.03.
春は、待ちに待った活動再開の季節!
寒い冬の間は窓も開けられないカナダ。みんな、春になるのを今か今かと心待ちにしています。
02.17.
「寄付」が身近な暮らし
カナダではよく耳にする、donation(寄付)という言葉。寄付は、この国の人々の生活に根付いているような気がします。
02.03.
これが他民族・多文化国家、カナダ
カナダが「人種のモザイク」と呼ばれるのは、移民がそれぞれ自国の文化を保持しつつ、共存しているからです。
WRITERS NOTE
【NAME】アタードよしの
国際結婚を含むカナダでの日常的な生活、子育て、英語での生活など、カナダの暮らし全般について、日本人女性の視点で興味深いと思ったことをレポートします。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031