私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.07.20.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 大麦糖飴のルーツを探しに……シスレーの愛した小さな町モレへ・後編

紆余曲折を経て受け継がれたフランス最古の製菓

美しいデザインの小さい丸缶はお土産用として人気
美しいデザインの小さい丸缶はお土産用として人気
 さて、前回に引き続き、大麦糖飴とシスレーの町、モレ編後半です。いよいよ、今回の旅のメインでもある、sucre d'orge de moret(モレの大麦糖飴)のスポットへ。

 モレの大麦糖飴は、1638年に修道女により作られて以来の歴史があり、フランスで最も古い製菓と言われています。王族達をも虜にしたといわれており、ルイ14世もこの製菓業を積極的に保護しました。1758年にピークを迎えますが、時代の流れやフランス革命により衰退し1792年に製造が終了してしまいます。が、ある一人の修道女が生前に残したレシピが発見され、1853年にはより整ったシステムで製造が復活し、大躍進を遂げます。現在の製造主に引き継がれたのは1970年前後とのこと。


所狭しと並べられた大麦糖飴とフランスの地方菓子

古い建物は、まるでお菓子のお家のよう!
古い建物は、まるでお菓子のお家のよう!
 12世紀からの歴史がある町の中心である教会のすぐ目の前に、これまた15世紀の古い木造コロンバージュの建物。ここが町で唯一のモレの大麦糖飴専門店です。
 ちなみに、パリのお菓子屋さんでは「モレ」のつかない大麦糖飴「sucre d'orge」がたくさん売られていますが、外見はピンクやグリーンなどカラフルなものが多く、味もまったく違うのでご注意。

 お店では、現在モレの大麦糖飴を製造販売しているルソー夫妻が笑顔で出迎えてくれます。入った途端に飴を薦めてくれるので、ここでこの飴の虜になること間違いなし。シロップやリキュールなど、パリでは手に入らない大麦糖飴製品や、お徳用サイズ等飴の缶の種類も豊富。パリで買うのに比べて割安なので、気に入ったらまとめ買いをしていくことをおすすめします。

お菓子好きにはたまらない空間
お菓子好きにはたまらない空間
とにかく種類が豊富!ここでしか手に入らない商品も
とにかく種類が豊富!ここでしか手に入らない商品も

より深く飴のことを知るなら、近くの博物館へ

 そしてこの専門店からすぐのところにある大麦糖飴博物館にも是非立ち寄って下さい。博物館と呼ぶにはかなり小規模ですが、6月にはバラが咲き乱れる美しい中庭に、飴と宗教、地域との結びつきがわかるさまざまな展示物があり、ビデオシアターでは大麦糖が作られるまでの行程を上映しています。この製造行程を見ていると、また一粒食べたくなってしまうから困りものです。

 シンプルな飴色に、味わい深い自然な甘みがたまらないモレの大麦糖飴。品質の高さは、その歴史に見ることができるのです。
飴のルーツや歴史、製造工程が見られる
飴のルーツや歴史、製造工程が見られる
二人三脚で飴の製造販売をしているルソー夫妻
二人三脚で飴の製造販売をしているルソー夫妻

Maison des relegeuses  メゾン・デ・ルリジューズ
4月〜10月
月〜土 9:30〜12:30 15:00〜19:30
日 10:00〜12:30 15:00〜19:30
無休

11月〜3月
火〜土 9:30〜12:30 15:00〜19:30
日 10:00〜12:30
月休

【住所】place Royale 77250 Moret sur loing   TEL01 60 70 35 63  

Musee du Sucre d'orge de Moret  ミュゼ・デュ・シュクル・ドルジュ・ドゥ・モレ
4月〜10月
日祝、6〜9月の土 15:00〜19:00
7、8月 15:00〜17:00

【住所】5, rue du Puits du Four 77250 Moret sur loing   TEL01 60 70 35 63  
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
WRITERS NOTE
【NAME】野口 裕子
美味しいものが大好きな自称パリ・パトローラー。パリのステキな雰囲気や楽しさをお伝えできればと思っています。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031